人気ブログランキング |

2015年 02月 20日 ( 1 )

上達するということ

趣味でやっている阿波踊りがもうすぐまる9年になります。

見たことない人には想像しにくいと思いますが、踊り、ダンスですから、リズムにのり身体を動かすわけです。

となると、当然上手い下手があります。
腰を低く落として踵を浮かせリズムにのって手を出して踊る。

はじめはこの動きをするのがぎこちない。
上手くなるということは、一連の動作が無意識にできる、そういう無意識動作が増えることだと思います。

相手がいるスポーツでも同じですよね。
サッカーにしても、意識してこのフェイントを使おうと思っているところから、無意識に身体が動く。

じゃあそこから先はというと、相手をコントロールすることになると思います。

では踊りだと、無意識の先は何か。
リズムをより細かくとれ、細分化ができるということもありますが、

空間を広げる、ということではないかと考えています。

自分が使える空間を広げる。

踊りが大きく見える人というのは、そういうことができているのではないか。
まあ無意識といえば、これもその範疇ですが。

自分の身体の範囲だけではなくて、舞台で踊っているのであれば、その空間も使う。
その範囲を状況によって変える。
そんなことができたらおもしろいなと思います。

僕はもちろんそんなレベルではありませんが(^^;;

ただこれは鍼の世界にも通じることです。
鍼を刺すところだけでなく、より広いところが見える。

ただ刺せば効くというものではありません。



深く追求すると繋がっている世界がある。

阿波踊りと鍼も繋がっています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
上達するということ_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-02-20 20:30 | 備忘録 | Comments(0)