人気ブログランキング |

2015年 06月 25日 ( 1 )

脾は湿をにくむ

梅雨どき湿度が高くなってますね。
ここ浅草も例外ではありません。

この時季に調子が悪いという人も結構多いです。

食べ物に気をつけてないと、すぐに下痢になっなり
お腹の調子が悪くなるなんていう人も。

身体が重たい、なんとなくだるい、便がすっきりでない。

それは「脾の臓」がうまく働いていないからかもしれません。

東洋医学では消化器系に関係が深い「脾の臓」

この臓腑は実は湿気が苦手です。
「脾の臓」がもともとよくないと、この時季により状態が悪くなりますし、いつもこの時季に調子が悪い、精神的にいい状態でも、この時季は、という人は「脾の臓」の状態がよくないと言える場合が多いです。

根本の問題がストレスで「肝の臓」の働きが過剰になっていることがメインだとしても、それによってダメージを受けている「脾の臓」がメインになるなんてこともあります。

だから通り一遍な治療ではなく、状況によって変える必要があるわけです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
脾は湿をにくむ_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-06-25 22:22 | 東洋医学 | Comments(0)