人気ブログランキング |

2015年 07月 10日 ( 1 )

実証か虚証か、、、

治療をするうえで大事ことに「虚実」があります。

正気(せいき)が虚ろなのか、邪気がありあまっているのか。

これを間違えて治療するというのは、真逆のことをすることになるので、正確に判断する必要があります。

今日いらした方は痩せ型で体重減少を気にしていて、言わばこれと、最近腰から下が冷たいというのが主訴。エネルギーが落ちていること、やる気の減少などもあります。

漢方薬局で漢方を処方されるときは、虚証のための方剤を出されるということです。方剤名は本人記憶にないということですが。

しかしですね、症状や姿は虚証を思わせますが、どうも話を聞いていると実証っぽい。

身体を診ると脈に少し弱さも感じますが、総合的にやはり実証です。

手にある後渓というツボに瀉法。
実証のための鍼です。

鍼を抜いて脈を診ると、先ほどに比べて明らかに力が出ている感じです。


邪気によって抑えられてのびやかでない状態だったので、弱くみえる脈だったといえます。

見かけや他の人の判断に頼っていたら「虚実」を間違えることになりますり。

問診によって正確に情報を得て身体を観察する。

そして一本の鍼。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします


ありがとうございます!
実証か虚証か、、、_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-07-10 23:45 | 初診 | Comments(0)