人気ブログランキング |

2015年 11月 24日 ( 1 )

昨日のブログと前後しますが、22日の日曜日は大森の衛生学園で鍼の勉強会が行われました。

今回は僕が最も直にお世話になっている、会の副代表である藤本新風先生が大阪からきて講演、刺鍼の披露をしていただきました。

「如何に刺すか」

前にも書いたことがあると思いますが、鍼を刺すというのは単純なものではありません。異なる人が同じ相手に同じ場所に鍼をしたからといっても、同様に効くとは限りません。

痛くなく刺すだけなら、器用な子どもでも可能です。

何が違うか。

いろいろ違います(笑)

診ているもの、診えているもの、診ようとしているもの。
とらえているもの、動かしているもの、意図しているもの。

素晴らしい刺鍼をみるのは非常に勉強になります。

それはただそこに驚嘆するのではなく、自分がどこまで「みえる」ようになったか確認する場でもあります。

終わった後の懇親会でもありがたく「おみやげ」をいただき、学ぶべきものが多い貴重な日を過ごすことができました。

まだまだレベルアップしますよ〜!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-11-24 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)