人気ブログランキング |

2016年 10月 25日 ( 1 )

「診る」ではなく、、、

鍼を刺す前に、いろいろなところを目で診触れて診ます。

脈診、腹診、背候診、原穴診などは触れて診る診法です。

「診る」わけですが、診に行こうとするよりは、相手から診られにきてもらうように「診る」ことが理想です。

こちらが手を当てると、向こうから反応を教えてくれる。
そんな診方ができると手に取るように状態がわかります。

まだ診に行っていたなぁ、と脈診をしていて思いました。

それができるようになるとまた新たな課題が見つかると思います。

終わりなき旅。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-10-25 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)