人気ブログランキング |

2017年 03月 07日 ( 1 )

啓蟄

3月5日から二十四節気では「啓蟄」

地中で冬ごもりをしていた虫などの生き物たちが、春になって温もった土を啓き這い出してくる時季。

「蟄」は冬ごもりを意味し、それを「啓く」わけですが、「啓」という漢字が絶妙ですね。

「開」はがらりとあける。
「放」は両方にあけはなつ。
「撥」はぱっとひらく。
「離」はくっついたものをはなす。
「披」は垂れたものを片寄せてひらく。
「闢」はとびらを横に押しひらく。
「排」は左右に押しひらく。
「拓」切りひらく。

「啓」はというと、閉じた戸を手でひらく。

戸を啓くように虫たちが外に出て行く。
虫を自然に生きる仲間として見ている感じで温かい表現ですよね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2017-03-07 20:30 | 徒然に | Comments(0)