2017年 11月 07日 ( 1 )

酒を飲んで気づくこと

以前からちょくちょくここで取り上げていますが、僕は普段家でお酒を飲むことは少ないです。晩酌というものは基本しません。

それほどお酒が好きではないからです。

なくてもやっていける存在です。

でも飲めないわけではなく、飲み会ではふつうに飲みます。

先日も飲み会があり、わりと飲みました。
まぁそのぶん尿として出してもいたので、あとに響くことはないと思っていたのですが、よくよく考えると食べるものが少なかった、、、

家に帰って風呂に入って問題なく寝たのですが、明け方胸に違和感が、、、

そのままやり過ごせるかと思ったら、無理でした(^^;;

「吐」はしてないけど、「嘔」しました。

ものは出てないってことです(^^;;

そのとき感じたのが、以前より胸の滞り感が解消されていること。

普段から胸骨裏の動きが悪いことを実感しているのですが、これがさらに解消されると、酒を飲んだ次の日に困らないだけでなく、篠笛も上達するだろうし、呼吸の質も上がり、身体のレベルが何段階か上がる気がします。

鍼でのアプローチもいいのですが、日頃気をつけるべきことが新たにわかったのです。
ようはよくなったけど、また元に戻るということが防げるわけです。

細かいことなんですけどね。
大事なことです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-11-07 21:30 | 徒然に | Comments(0)