2018年 03月 01日 ( 1 )

石の上にも、、、

東洋医学、鍼の道を追求するするというのは終わりのないことです。

だからといって長く漫然と過ごしても何にもなりません。

「石の上にも三年」

頑張り続ければいつかは報われる、という意味では好きなことわざですが、ただ座ってりゃいいっていうものではありません。
座り続けるのも大変だと思うかもしれませんが、そこから得られたものは忍耐強さ以外に温めたことでしょうか。

頑張り続けるにも、ある程度の目的意識が必要だと思います。
ある程度というのは、やり続けることで出てくる目的意識もあるからです。

「衛気」がわからない

どうしたらわかるようになるか教えてください、と僕に言ってきた人がいました。

「衛気」とは体表を含めて体表近くを流れている気です。

先達が、こういうことをしたらいい、と言われていることがあるのですが、それをとことんやっていないからそういうことが言えるのだと思います。

とことんやってみる。
衛気を感じることを念頭に、あるものだと思って。
思い過ぎてもよくないですがね。

毎日続けていけばわかってきます。

それでもわからなければ、もっと続けてみる。

「石の上にも三年いながら衛気を意識する」

わかりますよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-03-01 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)