2018年 04月 03日 ( 1 )

O脚を改善する鍼

「O脚」

この問題を抱えている方は多いですよね。

当人はこれを解決するために、膝を内に閉めようと頑張ったりします。

すごいナンセンスなんですけどね。

O脚は外に膝が開いているから閉じないとダメ、と考えている人は多いですね。

実は思っていることと全く真逆のことをする必要があります。


それは、股関節の外旋可動域を上げるのです。

真逆というと実は違うのですが、まぁ思っているイメージとしては真逆だと思います。

なぜ外旋域を増加させると改善されるか。

それは内旋している状態を考えてみればわかります。
股関節が内旋すると、足関節も回内、つまりは内側に倒れ、膝が過伸展する状態になり、身体の後方において膝が離れることになります。

わかりづらいですね(^^;;
つまりは内旋した方が股関節の位置が身体のより外側に位置してしまうわけです。
逆三角形の上の辺が長くなる。
そうなると、例えば中間地点に膝を持ってきたとしたら、辺が長い方が離れますよね。

外旋できた方が辺が短くなり、膝の位置も近くなります。

内旋するのは筋肉の緊張を起こしているわけで、かなりの割合で「肝の臓」が影響しています。

O脚だって鍼で改善できるんです。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-04-03 20:30 | いわゆる… | Comments(0)