人気ブログランキング |

2018年 08月 06日 ( 1 )

感覚を研ぎ澄ます

僕ら東洋医学的診断で鍼灸をする者は、最終的には手で判断をするわけです。

体表から何を汲み取って、それに対してどうアプローチするか。

「気」を動かすわけですが、意識的にこうしてやろうと無理矢理するわけではありません。鍼をしたら勝手に「気」が動く状態にまで持っていくわけですね。

そこにおいて名人とそうでない人との差が出ます。

相手に直に接するのは「手」ですから、その感覚というのはもちろん大事なのですが、それが遺憾なく発揮されるためには、いろいろなところが通っていないとダメです。

スムーズに流れている状態。
塞がっていない状態。

肩の通りが悪い。
そのことに最近気がつきました。

上背部や胸だと思っていましたが、僕の問題は肩にありました。
肩の通りが良くてくなると、上背部や胸もいい変化をします。

感度が上がるとどうなるか。

今まで見えなかったものが見えてきます。
霊とかじゃないですよ(^^;;

治せなかったものも治せるようになってくる。

知識として勉強すべきことは多いですが、自分のからだを高めていくことも大事です。

体表観察能力が上がれば自分自身がよりいいからだになる。

僕の場合はそう思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-08-06 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)