2018年 10月 07日 ( 1 )

死から学ぶ

祖母の葬儀が終わりました。

四年前の祖父のとき以来の身内の葬儀。

死というものはいろいろなことを考え教えてくれますね。

人との関わり方。
日々の過ごし方。
限りある生への向かい方。
死に対する受け入れ。

容態が悪化して亡くなるまでが早く、身内で死に立ち会えたものはいませんでした。

葬儀で皆で囲んでみおくりますが、浄土真宗では亡くなったときに仏様になります。
仏様になる前、囲んで見送りたかったなぁと思いました。

日々自分のこと、一緒に住んでいる家族を考えていると、祖母のことは思ってはいても、先送りになってしまう部分があります。
思っているだけでは相手に伝わりませんからね。

労を惜しまず、会って顔を見る。見せる。

そういうことも大事にしたいなぁと思いました。

言葉は悪いけど、放っておいて、「これからも見守ってください」ってかなり都合のいい考えですからね。

そういうことも含め、仏の教えがあるわけですけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-07 22:30 | 徒然に | Comments(0)