2018年 10月 16日 ( 1 )

三つ子の魂百まで?

今日は台東区の小学校の6年生が集まって、連合運動会が催されました。

僕が小学生のときにもあったこの連合運動会。

次男がハードル走で出場するので、お昼前に行ってきました。

サッカーのときのチームメイトも多くいるので、それを見るのも楽しみ。

長男より運動能力では劣る次男ですが、柔軟性はトップクラス。
それを考えて自分が勝てそうなハードル走を選んだんでしょうね。
負けず嫌いなところがあります。

次男のことで印象に残っているのは、幼稚園の年少か、年中のとき、運動会のかけっこでフライング気味で飛び出し、後ろの子に押されながら1位でゴールしたことがありました。

自分の方が劣っているなら、どこかで先に行くにはスタートしかないですからね。

今回も本番前の試走からその匂いが感じられます。

本番、あれがデジタルで管理されていたらフライングでしょう(笑)

反応したというより、読みで飛び出していきました。
ハードルワークもスムーズに行っていましたが、同じ学校の仲のいい友達に負けて8人中2位。

結構悔しそうでした。

事前に走ったりという努力は特別しませんが、本番そのときできる最善を尽くすということはしているのだと思います。

輪ゴムを足首から指に引っ掛けて走ると前傾しやすいとか、今朝は何を食べたらいいとか、昨夜は本番に備えて治療してくれとか、練習というよりも他の要素を抜かりなくやっていました。

どんな幼稚園児だったか。
そのときと変わらないものというのは、大いにあると思います。

三つ子の魂百まで

よく言ったものです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)