人気ブログランキング |

2019年 02月 13日 ( 1 )

前回の続きです。

研修会の初日、実技指導の擦り合わせの後、刺鍼実技を受講しました。

講師だけが参加でき、別室で行われます。

数ミリ深さが違うだけで効果が全く違う。
刺す前の捉え方、刺す瞬間の捉え方、刺しているときの捉え方でも違ったものになります。

もちろんそんな段階的なものではなく、ひとつの流れの中で起こっているもの。

少数鍼、一本鍼で治すには、ひとつの鍼へのこだわり、ひとつのツボへのこだわりは半端ないです。

ペアを組んだ古田先生は、ある時期大阪でともに研鑽していた間柄です。
懐かしい感じとともに、成長、また年数を重ねた身体の疲れを感じました(笑)

実技といってももちろん無意味に刺すわけではないので、終わった後は身体がリニューアルした感じ。

やはりするのもいいけど、鍼を受けるのもいいです。

学生のときはめちゃめちゃ嫌でしたけどね。
上手い人のはいい!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-02-13 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)