人気ブログランキング |

2019年 06月 10日 ( 1 )

普段漠然と感じていたり、思ったりしていることでも、ことばとしてまとなると、「なるほど〜」と思えたり、心に残るものです。

今日はそんなふうに感じたことば。

『「何を」するか、ではなく、「誰と」するか。』

あれがしたい、とか、これをやろう。と思っていてもひとりで完結するものというのはまずありません。

子どもの頃であれば、同じクラスメイト、同じ部活の仲間、先生、指導者。

「何を」というのは入り口において大事ですが、「誰と」するかによって、全く違ったものになっていくと思います。

運、めぐりあわせ、いろいろとありますが、その選択をしているのは多くは自分です。

僕が鍼の道を志したのは、スポーツトレーナーになるため。
でも本物の鍼に出会い、その方向性は変わりました。

鍼の魅力に気づかされたわけですが、それは師匠がいたから。

本物を体現している人のもとで学べたから、鍼の魅力がわかったわけで、自分だけで、鍼の魅力に気づけたとは思いません。

自分がやりたいものというのも、環境によって変わってきます。

それでいいと思います。

人にめぐりあう。

それはこうしろと言われてするものではなく、自分から進んで飛び込んで行くものだと思います。

何かに飛び込んで行く。

そうすると何かがはじまります。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-06-10 20:30 | 徒然に | Comments(0)