人気ブログランキング |

2019年 07月 09日 ( 1 )

お尻を締める

何か動作をしてもらうのに、言葉の伝え方でできたりできなかったりすることってあります。

だからどうしたら伝わるか、どういう言葉を選ぶべきかというのは、結構頭を悩ませていることです。

まぁ悩ませると言っても、そこまで深刻に考えてはいないんですけどね(^^;;

でもとても大事なことです。

例えば身体を固めて立っているは、股関節を内旋して、足関節が回内していることが多いので、これを改善するために、足の意識するところ、股関節の可動域、重心の位置ということを伝えてきました。

でもそれによって改善していく人もいれば、上手く改善できない人もいます。痛みはとれていても、ここが改善できていないと、また痛みを引き起こすことになりますからね。

今日とある患者さんが、講習会にて骨盤底筋が弱っている人が多いから、そこを鍛えるために、お尻を締めるということをやっていて、それを行うことで、足の指も広がってきたということを話されていたんです。

僕はあまりある限定した筋肉を鍛えるということは好ましくないと思っているのですが、お尻を締めるということを試みにしてみました。

やれば当たり前なのですが、結果的に股関節が外旋するんですよ。

股関節を外旋させるということは意識してできなくても、お尻を締めるということはやりやすい。

すると足もアウトエッジ、小趾側が使われるようになります。

なるほど、と納得しました。

「お尻を締める」ということを過剰に意識しなければ、これは動作の改善に大いに役立ちます。

そしてそうすることで身体が起こしやすくなり、肩も外旋しやすくなりますね。

もちろん、これによって意識できない人もいると思うのですが、引き出しが広がるのは間違いないですね。

やはり言葉って大事です。

そして結果的に同じ動作をやるにしても意識させるところも大事。

できていない人は足への感覚というのは稀薄ですからね。普段使えているところを意識した方がわかりやすいですよね。

いい発見ができました。

これから使わせていただきます。

いいものは取り入れますよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-09 22:00 | 身体感覚 | Comments(0)