人気ブログランキング |

2019年 09月 27日 ( 1 )

舌本

少し前に「舌」に着目していることを書きました。

舌診のことではなく、運動形態としての舌に。

もちろん舌診は常に意識していることですが。

東洋医学としても、経絡の流れにおいて舌が関わるところは多いとも書きました。

その中に「舌本」という言葉が出てきます。

「漢方用語大辞典」で調べると、舌根部のことであることがわかります。

ここでいう舌根部はどこを意味するのか。

舌診でいう舌根は目で見える舌の奥側。
先が舌尖、中が舌中、奥が舌根。
先は心や肺の上焦、中は脾胃で中焦、奥は腎で下焦。

でも、舌の奥はさらに奥に繋がっているわけです。

そこを「舌本」と呼んでいるのだと思います。

ここを意識するのとしないのとでは、捉え方が違ってきます。

咽喉にも関わってくるでしょうね。

咽喉も多くの経絡が関わってます。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-09-27 20:45 | 東洋医学 | Comments(0)