人気ブログランキング |

ここだと寝れる

「痛くて寝られないんです。」

こう訴えてくる方。

でも当院のベッドに寝ると、痛くなく寝ることができる。

そして深い睡眠がとれる。

「何でだろう?」

こう不思議がる方いらっしゃいます。

ベッドが寝やすいベッドだということもあり得ますが、当院の方が落ち着く、安心してくれている、ということが言えるでしょう。

痛みは気血の不通や不栄(通じていないか、栄養が足りない)によるのですが、最終的にそれを知覚するのは「心神」です。

即ち「心の臓」の精神的部分。

ですからそこが安定していると痛みは感じにくいし、気血は巡りやすいです。

痛みが「気のせい」というわけではなく、(ある意味「気」のせいなのですが、、、)精神的に落ち着いていると不通や不栄は起こりにくく、痛みは落ち着きやすい面があるということです。

そういうことがメインで起こっている痛みならなおさら。

おそらくベッドのおかげだけではないはずです。。。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
ここだと寝れる_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2020-01-22 20:30 | 徒然に | Comments(0)

健康のため??

「健康のために気をつけていることは何ですか?」

これは今日の手話講習会で出された質問です。

みなさんは何かありますか?

歩いたり、走ったりしている方。

身体にいいと言われているものを摂取している方。

睡眠を大事にしている方。

回答の中には様々な答えがありましたが、僕は少しこの質問に違和感を感じるんですよね。

わかりやすいところで「食べ過ぎないこと」と答えましたが、本当はそうすると苦しいからであって、「健康のために」あえてしていることではないからです。

よく歩くようにしてますけど、それは気持ちいいからだし、走ったりするのは身体が悦びを感じるから。

運動するのは好きで楽しいからだし、酒をあまり飲まないのはそこまで好きではないからで、タバコを吸わないのは嫌いだから。

ようは自分がやりたいことが結果的に健康にいいということになっているので、自分が敢えてしていることではないんですよね。

だからといってそうなることをススメているんけではなく、僕の場合はそうだということだけです。

無為自然。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
健康のため??_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2020-01-21 22:30 | いわゆる… | Comments(0)

治療回数

「あと何回で治りますか?」

こういう質問をされることあります。

これ非常に困ります。

そしてこういう質問をされると、今の自分の状態に対して理解してくれていないんだなぁ、と僕がした説明のわかりづらさを痛感します。

ストレスによって起こっている病だったとします。

治療することで、それに対する耐性、そして考え方などが変化したりもして、同じストレスを受けても、身体にとって負担とならない状態にしていくわけです。

ストレスを受けると身体が強張ります。
身体の弛緩と緊張に関わる「肝の臓」が影響を受けるわけです。

日々のストレスがかなり強い状態だと、よくなっては少し悪くなって、またよくなっては、少しぶり返すなんていうことはよくあります。

感情を持った人を相手にしているわけで、何回やったらオッケーなんて言えないわけです。

例えば英語の現在完了形を理解するには、1時間あれば大丈夫な人もいるでしょう。

これならば何回ということは言える可能性は高いです。

でも英語を日常会話が大丈夫になるということだとどうでしょうか?

これは本人が日々どう過ごすかがとても重要になってくるのです。

治療にもそういう状況はよくあります。

理解してほしいとともに、僕が理解してもらうようにしなければいけないなぁと思うのです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
治療回数_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2020-01-18 22:00 | 徒然に | Comments(0)

先手先手

もうそろそろ大寒。

一年で最も寒い時期になるわけですけど、その後には立春。

そうなってくると花粉症の症状が出だす人もいます。

「花粉症の治療はいつからはじめた方がいいですか?」

こういう質問をしてくる方、いらっしゃいます。

日頃から診ている人であれば、それが花粉症の治療にもなっているんですけどね。

まぁ主訴が全く関係ない病理で起こっている場合は、それに向けた治療も必要ですが。

鍼治療をしてたために、昨年全く花粉症の症状が出なかった方が今回は娘を前もって通わせております。

2〜3週に1回くらいで数回診ておりますが、いい感じの状態です。

これまでと全く違うようにピークシーズンを快適に過ごせるでしょう!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
先手先手_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2020-01-17 22:30 | 東洋医学 | Comments(0)

脚があがってないから?

今日通勤途中に、行進しているように歩いている女性を見ました。

通勤って徒歩5分くらいの間ですけどね。

運動するような出で立ちでもなく、そうであっても不自然ですけど、コートを纏ってヒールは履いてないけど、運動靴でもない格好。

でも膝を上にあげるように歩いています。

違和感しか感じないのですが、ひょっとしたら脚をあげて歩くように指導されたりしているのかなぁ、と思うのです。

よく脚があがらないから、転んだり躓いたりするという説明をする人がいます。

確かにそういうように感じるかもしれません。

実際躓いているということは、何かに引っかかっているわけですからね。

でも足を地面を少し引きずるように歩いていても、躓くことはまずありません。

そもそも歩くとき脚は意識的にあげるものではなく、勝手にあがるものです。

だからあげようとすると変な歩き方になります。

違う言い方をすれば、上にひっぱりあげるものではなく、地面を押すもの。

そのために重要になるのは、足首の動きと足趾の動きです。

これがしっかり使われれば脚は勝手にあがります。

脚があがっていない原因は脚をあげていないことではないわけです。

というように僕は考えています。

行進というのは足並みを揃えるためのものです。普段やるものではありませんよ。

軍隊統率のものですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
脚があがってないから?_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2020-01-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)