出番なし、、、

新たな船出をしたサッカー日本代表の初戦が昨日行われましたね。

結果は3ー0で勝利。
賞賛する記事が多いですが、相手が完全にテストとして位置づけていたこと、簡単にボールを失っているところなどを見ると、そんな論調でいいのかなぁと思いました。

テレビで観ていましたが、気持ち悪いくらいに賛辞を送っていましたからね。
解説になっていない。
どういうことを意図した戦術で、達成されているところ、不十分なところなどをもっと的確に伝えてほしいものです。

一番楽しみにしていた「伊藤達哉」は出番なし。
まぁ誰かしら出られない選手は出てくるわけで、それは仕方ないと思うのですが、相手が交代枠の半分を使っても日本が1人も交代させていな状況は、中止で1試合なくなっている中で、選手をしっかりと見るには不十分じゃないかと感じました。

もちろん監督はいろいろと考えてのことなのでしょうがね。
ある程度結果を残したり、いいパフォーマンスを見せている選手は替えてしまっていいんじゃないかと思いました。
親善試合ですからね。

残り5分でボランチが交代して何をさせたかったのか。

何を一番大事にするか。
物事をなすにはその位置付けが重要だと思います。

W杯のときは次のステージに進むことを一番に据えたときがありました。

今回一番大事にしてたことは何だったのか。

疑問が残る采配だったと個人的には思います。

せめて「伊藤達哉」が出ていれば、、、


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-12 20:30 | サッカー | Comments(0)

いよいよ明日、、、

知っている子が日本代表になる。

こういう日が本当に来るとは。

サッカー日本代表に選ばれたハンブルガーSVの「伊藤達哉」選手。

長男の元サッカーチームメイトのお兄ちゃんであり、サッカーコーチ仲間であり、同じフットサルチーム仲間の息子です。

以前ブログでも紹介しました。
ブンデスリーガデビューを果たし、これから要注目ですと。
小さいけど、ドリブルで勝負できる個性溢れる選手。

札幌での試合は地震により中止となりましたが、明日は大阪吹田でコスタリカ代表との試合。

さて出番はあるでしょうか?

予想だとスタメン出場はなさそうなのですが、流れを変えられる選手。
途中出場のチャンスは大いにあるでしょう。

楽しみです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-10 22:45 | サッカー | Comments(0)

日本対ベルギー

この時間に目覚ましをセットしたのは久しぶり、というか前にいつそうしたのか覚えていません。

3時!

もちろんサッカーワールドカップの日本対ベルギー戦をテレビで観るためです。

23時からやっていたブラジル対メキシコも0時まで観ていたのですが、ここは眠さに勝てず、日本戦に備えました。

たぶんはじめてですが、長男も3時起きでしっかり最後まで観ました。

でも結構多くの人が観ていたんですね。
平均視聴率30.8%!

こんなに気持ちのこもった試合は久し振りに観ましたね。
こうすれば、ああすれば勝てたのではないかという思いはありますが、そういう状況にまで持っていったことが素晴らしいと思います。

守りに入って守りきれる相手でもないこともわかっていたでしょう。
引いて守っていたら、高さで勝る相手に安易にゴール前にボールを入れられることになりますからね。

チームとしてまとまる。
このことが及ぼすものを具現化して見せてくれたと思います。

集団で動く。みんなと同じことをする。日本の短所として指摘されることもありますが、その長所として「一致団結」して同じベクトルに向かって突き進む日本の良さが現れていましたし、これからの日本のサッカーの方向性を提示していたのではないかと感じました。

まだワールドカップ自体は終わっていませんが、次回のワールドカップには全く別の顔ぶれになるでしょう。

でもこのメンタリティーが受け継がれていくような世代交代がなされてほしいと思います。

この姿勢をJリーグでも観たいですね。
これからの日本でのサッカーの盛り上がりに期待します。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-07-03 20:30 | サッカー | Comments(0)

いろいろな意見が出ていますが、何はともあれサッカーワールドカップ日本代表、決勝トーナメント進出が決定しました!

素直によろこばしいことだと思っています。

これが決まるポーランド戦、僕もテレビの前で応援していました。
問題のシーンになったとき
「え〜〜!?」
と思いました。

セネガルが追いついたら、点を取りに行かなきゃ決勝トーナメントに進めないし、しかもお金払って観に来ている人たちを無視していると思いました。

1点取って同点にすれば、他の試合を考えずに決勝トーナメントに進める。

でも、少し冷静になってこうも思いました。
「攻めて点を取る確率より、実はカウンターを食らって点を失う確率の方が高いのではないか。また、点を取る確率が低いのと同じかそれ以上、コロンビア点をが失う確率の方が低いのではないか。」と。

西野監督は様々な思いをめぐらしたと思います。
それまで結構カウンターで危ないシーンを作られていましたからね。

ポーランドは実力的に上のチーム。
それが攻めに出ずに守っている。
アジアのチーム相手にも守備に重点を置いているチームには苦戦する日本です。

「決勝トーナメント進出」ということを一番の優先事項と考えたときに、あのような手段になった。意地を見せるときは今じゃない、という判断ですね。

あの結果セネガルが点を入れても、西野監督としては後悔はない決断だったのでしょう。攻めにいって取られる方が悔いたと。

他国もいろいろと言っているようですが、似たような事例は他にもあります。
イギリスのマスコミも日本を叩いていますが、ほぼ自国であるイングランドは、負けた方が次のラウンド以降有利になるため、積極的に勝ちにいこうとせず、逆に負けた方がいいという戦い方でした。

これはサッカーというゲームの性質上起こりやすいのだと思います。

野球ではないですよね。
攻守がしっかりわかれていますから。
松井の甲子園での連続敬遠が持ち出されてもいますが、次元の違う話です。

バスケットボールでは、そういうことがないよう、何秒以内にシュートしなければならない、というルールがあります。

最も点数の入る頻度が少ない攻守の切り替わりが頻繁にあるスポーツだからこそ、起こる問題だと思います。

子どもの試合で同じことをするか?
それはやりません。
次のステージに進むことを最優先としないからです。

何を大事にするか。

それが問われる問題ですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-06-30 19:30 | サッカー | Comments(0)

責任は自分にある

連日サッカーワールドカップが報道されています。

観ない方もいると思いますが、僕は観る人です。

その中で気になった発言があったのであげておきます。

世界的なスーパースターである「メッシ」を擁するアルゼンチン。
その2試合目が行われ、0ー3というスコアで敗れました。

1試合目からアルゼンチンはうまく連動していなく、メッシに対して遠慮もあるのか、チームとしてまとまっていなくチグハグしているなぁと思っていました。

そこで1失点目のゴールキーパーのクリアミス。
全てが嫌な方向にいっている感じです。

敗戦後の監督の発言
「〜負けた理由だが、その責任は自分にある。(ミスしたGKの)カバジェロを責めるわけにはいかない。アルゼンチンに力を与えていた組織を見つけられなかった。残念な形で取られた1点目が大きく自分たちにのしかかった。自分たちにとって試合が壊れてしまった場面だ。〜」

ちょっとおかしな訳もあるので、正確に監督の意図が伝わっているかわかりませんが、この発言は「責任は自分にある」と思っているようには思えません。

後半8分という時間帯でのミス。
確かに代表選手としてあるまじきプレーですが、ミスは誰にでもあります。
そして立て直す時間もしっかりあるし、そこを立て直すことを考えるのが監督でしょう。

策を講じることができなかった自分の非を言うべきであって、選手を暗に批判するようなことはするべきではないと思いました。

一番辛いのは本人ですよね。
悔やんでも悔やみきれないし、ポジティブにとらえることは難しい。
それでも次に向かって行かなければならないのに、監督にそのような発言をされてはたまったものじゃない。

気持ちは持ち直せるかもしれませんが、監督に対する不信感は出てくるものと思います。監督は評論家じゃないですからね。

考え方はそれぞれですが、「責任は自分にある」と言って本当にそう思っているのならばそういう対応をしてほしい。

そう思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-06-22 20:30 | サッカー | Comments(0)

さていよいよサッカーワールドカップが今日から開幕です。

今回の日本代表は、直前でゴタゴタしたり、結果が出ず世間の関心が薄いと言われておりますが、僕は関係なしに観ますし、いい意味で世間を裏切ってほしいと思います。

外から見ていろいろ感じることはみなさんあるでしょうが、中にいる人間にしかわからないことがあります。

チームとしてまとまるために、ひとりの人間が必要だったり、またひとりの人間のためにうまくいかなかったりと、結構デリケートですよね、チームって。

上手い人だけを上から順に揃えたからってうまくいくわけではないし、長丁場のコンディションを保つためには、期間中の過ごし方も大事になってきます。

ストレスを溜めやすい人、そうでない人。

緊張感を持って何週間も慣れない土地で過ごすわけですからね。
国外リーグで常に戦っている選手の有用性というのも理解できます。


それにしても日韓ワールドカップから16年が経ってるんですね。
16年前実は札幌に行ったんですよ!
日本戦じゃないです。

アルゼンチン対イングランド!

前の職場で働きはじめて2ヶ月しか経ってませんでしたけど、関係なく休みとって行きましたね(^ ^)

バッシングする先輩は多かったですけどね。
なめてましたね(笑)

でもサッカー好きな人は理解を示してくれました。

そりゃあ行くでしょ!

まぁ関心ない人にはどうでもいいことだっていうのは、今も昔も変わらないです。

僕は関心あります。

これから1ヶ月楽しみたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-06-14 20:30 | サッカー | Comments(0)

西野監督

お昼の発表はLIVEで見てました。

サッカー日本代表の候補メンバー。

選ぶのは監督ですし、他の誰よりも選手を見ているでしょうし、様々なことを考えているでしょうから、それをとやかく言うことはないのですが、発表のときの歯切れの悪さが気になりました。

選出理由を問われたときの受け応えが、スッキリしたものではない。

パフォーマンスに関わらず「代えの効かない選手」という位置付けに本田選手、岡崎選手、香川選手をしており、それをそこにいた記者に同意を求めていたことは、前監督の選手選考から不満があったことを如実に思わせました。

やはり言われているようなスポンサーからの圧力もあったのでしょうか。

本田選手はメキシコで結果も残していてパフォーマンスもいいから、そういう理由でもおかしくないと思うんですけどね。

岡崎選手のような気持ちの入った精力的なプレーをする選手は今の代表にいないので、怪我明けだけど選んだ。パフォーマンスを見て判断したい、で特に問題はないと思いますし。

香川選手が一番不可解ですかね。
確かに本調子でクラブでやっているパフォーマンスをすれば、代えの効かない選手だとも思いますが、そういう試合を最近の代表では見たことがないですからね。

西野監督が自分で自信を持って選んだのなら、自信のある受け応えをして欲しかったなぁと思いました。

ポジションを記載していない、というところは自信を持って言ってましたが。

なんだかんだでW杯は楽しみにしていますし、いいように行くことを願っています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-18 20:30 | サッカー | Comments(0)

百聞は一見にしかず

さて連休2日目の今日、久々に長男のサッカーの試合を観てきました。

今回はじめて試合の動画を撮りました。

小学生からサッカーをやっていて、試合を撮るのは初です。

小学生のときは、チームでもコーチとして携わっていたので、自分の子を撮るなんていうことはできないですよね。

まぁ今回も息子に焦点をあてているわけではないのですが、彼は自分のプレーを映像で観たことが今までなかったのです。

今日はどうだったとか、あのプレーはああだったとか言うより、映像を観た方が早いですからね。

何が課題かを自分で認識する方がいいですし。

早速観て、自分なりに反省点が上がってきたようです。

映像で観るって大事ですよね。

ホント「百聞は一見にしかず」

やってることのイメージと映像で観ていることが一致するのは結構難易度高いと思います。

少しでもイメージに近づけることができればいいかなと。

成長したところも見れました。
いい天気だったし、いい休日(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-04 21:00 | サッカー | Comments(0)

リフレッシュ研修会

今日は診療を少し早めに切り上げ、日本サッカー協会の【リフレッシュ研修会】に参加してきました。

サッカーのコーチの資格を維持するためには学び続ける必要があり、それを研修会に出てポイントを得ることで示すわけです。

協会が資金を得るためによくできたシステムとも言えますが、こういうことがないと学ばないで過ごす人もいると思うので、必要なことだと僕は思っています。

今回はフィジカルフィットネスについて。

デンマークのコペンハーゲン大学の教授でもある『ヤン・バングズボ』氏が講師です。

大学の先生らしく、研究をもとに実際の現場に落とし込むことをしていて、データとして違いを示していますが、それを踏まえてサッカーのフラクタルなところを考えたメニューを行なっていて、とても参考になりました。

サッカーはある部分を抜き出してやるようなものではなく、縮小してもサッカーのゲームの本質を崩さない。
だから、ボールを使わない、ただ走るだけのことはやるべきではないという考え。

僕はもともとアスレチックトレーナーが出発点なので、フィジカルフィットネスについての話は大歓迎です。
またこのようなリフレッシュ研修会が行われることを望みます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-02-08 23:45 | サッカー | Comments(0)

昨日サッカーの世界一のクラブを決定する大会の決勝戦が行われました。

各地域の優勝チームが合する大会で、決勝に進んだのは欧州チャンピオンの「レアルマドリー」と開催国である日本のJリーグチャンピオンである「鹿島アントラーズ」

結果は大善戦の末惜しくもアントラーズは敗れたのですが、こういう試合は複雑な気持ちが働きませんか?

野球でいうクライマックスシリーズで年間ぶっちぎりで優勝しても、勝率5割そこそこのチームとやって負けたら日本シリーズにいけないってどうなの?っていう。

そういうルールといえばそうなのですが、僕が5割のチームのファンだったら、いい試合しても勝ったら悪いように思ってしまいます。

じゃあ自分がやる方だったらどうか?

関係なく勝ちにいきます。

今回Jリーグチャンピオンになった鹿島アントラーズは、Jリーグでもリーグ戦年間3位からの逆転チャンピオンでした。

そして関係なく勝ちに行く姿勢が感じられるチームです。

たらればは言っても意味のないことですが、仮に年間1位の浦和レッズが開催国代表として出ていたら決勝まで行けたとは僕は思えません。

今回の戦いを通して、鹿島アントラーズにはそういうチームスピリットが浸透しているんだなとつくづく思いました。

ですが、主審を務めた人は、レアルマドリーが優勝すべきという思いを持った状態で笛を吹いていたように感じました。わからなくはないけど、そういう番狂わせが起こってもいいんじゃないの?と思わせる鹿島の戦いっぷりだったと思います。

いい試合でした。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2016-12-19 20:30 | サッカー | Comments(0)