背式呼吸?

腹式呼吸に胸式呼吸。

呼吸というとこの二つがすぐにあがると思います。

僕は常日頃呼吸が大事だと患者さんに言いますが、特に腹式呼吸、胸式呼吸と限定して言うことはしません。

どちらに限定せず、身体全部が拡がっていく呼吸。

身体の前側だけじゃなく、後側も拡がっていく。
頭も足も。

足とか言ってしまうと、飛躍し過ぎてしまうので、背中を呼吸によって膨らませるということは施術中にも試みてもらいます。

そのとき肩甲骨辺りを僕が触って、相手がどこを意識すればよいのかわかりやすいようにします。

「できません。」

こういう方は多いですが、当たり前です。
すぐにできるものならば、そこが動かない状態にはなっていません。

でもしばらく続けると動き出してきます。

すると全体が拡がりやすくなる。

気も動きやすくなります。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-11-21 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)

骨盤を立てる。

腰を立てる。

これまで大事なことの一つとしてこの場でも書いてきました。

でもですね。

立てることだけにとらわれてもよくありません。

立てすぎるということはもちろんよくないのですが、立てる方向への「意識」が強いと、逆への動きがない立てているだけの状態になってしまいます。

そうなると横隔膜の動きを制限することにもなります。鳩尾を反らせてる状態。

では反らせてるから開いているかというと、動きが制限されているため乏しい。

腰を立てるということは反らせるという意識ではなく、文字通り立っている状態です。

わかっていても勘違いしている方は多いです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-11-07 22:30 | 身体感覚 | Comments(0)

お尻を転がす

脚を開いて前屈する。
相撲の世界だと股割りと言ったりします。

身体を柔らかくするために取られる方法で、結構知られていることだと思います。
またこれがどれほどできるかが柔らかいことのステータスだったりしますね。

身体の硬い子が増えていると思いますが、僕が子どもの頃は柔らかい子が多かったか、というとそんなことはありません。

長座姿勢で身体を折りたためる人はクラスで数人しかいませんでした。
男子では体操をやっている子と僕だけだった気がします。

でも硬すぎる子が少なかったようには思います。

最近思うのは、曲げようとしているイメージ図が違うんじゃないかということ。
そもそも曲げるというニュアンスが正しくないのかもしれないと感じています。

「転がす」

こういうイメージの方がいいように思います。

些細なことですけどね。
意外に大事なことです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-31 23:45 | 身体感覚 | Comments(0)

蹲踞(そんきょ)

外国人というか、欧米人はしゃがむのが苦手。

そんなことをよく耳にします。

しゃがむだけでなく、椅子には座れるけど、胡座とか床に座るのが苦手。

だから彼らの国にはそういう飲み屋はないし、逆に立っている方が楽で、立ち飲みは普通に行われます。

日本の欧米化が進んで久しいわけで、日本もそのようになっていく感じもするとともに、もっと良くない方向に行っている気もします。

それは、しゃがめないし、立ってられない、という状態。

僕らが子どもの頃もしっかりとしゃがめない子はいたように思いますが、今ほど多くはなかった気がします。

当院に治療に来る子は体に問題があるわけで、そういう子を見ているから、そういう認識にいたるんだと思うかもしれませんが、サッカーチームの子たちを見てもそうです。

じゃあ立つことが得意になったかというと、立っている根気もなく足を投げ出して座ってしまう。

ゲームやスマホによるものが少なからずあること。
砂糖などの甘味により体がスッキリしないこと。
そして習い事によって疲弊していることがあると感じます。

自由気ままに外で遊ぶ。
これがやはり必要なのですが、改善するための一つとして、蹲踞(そんきょ)をオススメしたいです。

蹲踞を知らない子多いです。

親が知っていても子が知らない。

ぜひ教えてください。

そしてそのまま相撲でもしましょう。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-23 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)

段階が必要

「この動きをしてみて」

と言って真似させてもできない人は多いです。

経験したことのない動きだから、違う使い方をしてきたから、感覚がうまく行き届かないから。

できないには様々な理由があるでしょう。

でもその動きは今の身体においては必然だということがよくあります。
身体が変わらないと、言われた動きができない。
治療した後にその動きをさせるとスムーズになる。

もちろんその人がしている動きと理想の動きの違いを示して変えられる人もいるのです。

どういう段階か。

どういう状況か。

それを見極める必要があります。

パターンはないわけではないですけど、人それぞれ。

毎日学ぶことがありますね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-22 19:30 | 身体感覚 | Comments(0)

楽に過ごすために

力を抜くとはどういう状態か。

口で言われるだけでは理解できないことがほとんどです。

体感しなければわかりません。
体感したってそこに気づけない人もいるくらいですから。

歯を噛みしめている人。
少なくありません。

でも自分では常にそういう状態だから、それが普通なわけですよね。

「力を抜いて」と言っても、抜いてるつもりだし、この先どうしたらいいかわからない。

「口の中に空間を作る」
こういう表現で理解できる人もいれば、ピンとこない人もいます。

「歯を浮かせる」
この表現で緩む人もいます。

力が抜けた感じ。
その状態をなんとなく頼りないと感じる人も多いです。

力を入れることで自分を保っていますからね。

感覚が変わると思考も変わります。
逆もあります。

楽に過ごす秘訣です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-11 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)

リラックスするために

リラックスするため、力を抜くため、呼吸が大事であることはこれまで何度も言ってきました。

他のアプローチとして「なるほど!」と思うことを言っておられる方がいました。

それは『ゆるす』こと。

「ゆする」じゃないですよ。
それもリラックスする一つなのですが、僕がなるほどと思ったのは『ゆるす』こと。

誰かに対して憤ったり、自分のしたことをずっと悔いていたりして、他人や自分を許せていないなんてことありませんか?

全然関係ないニュースでの出来事にとても憤る方もいらっしゃいます。

ゆるすということは、余裕がないとできません。
まぁいいかという気持ちだったり、お互い様だなと思えたり。

それが心のゆとりに繋がるわけです。

よく「ゆるせる」人はリラックスできている人であえうことも多いと思います。

体裁を繕うのとは違いますよ。
ことばではそう言っていても、本当にゆるしていなければ一緒です。

なかなか身体が緩まない方、「ゆるす」ことを日頃気をつけてください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-04 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)

痩せた?

最近頻繁に言われます。

「先生やせたでしょ?」
「やせましたよね?」
「大丈夫?」

一日一食生活を続けてひと月以上が経過しました。

単純に考えたら体重は減るわけですが、減らさないようにできる身体を得たいと思っております。

なかなか難しい。

まぁ正直減ってるでしょうね。
うちに体重計ないから、何キロ減ったとかはわかりませんが。

でも「大丈夫?」と聞いてくる方たちよりいたって健康です(笑)

いい変化があるし、やっていることでわかることもあって、おもしろいです。

食べて気持ちが満たされる方は多いと思いますが、僕は食べないことで充実感を得ています。

身体が求めているのか、気持ちが求めているのか、食べるということは、気持ちを満たすためにしていることが実は多い。

そう感じます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-06-01 23:30 | 身体感覚 | Comments(0)

運動能力と身体の使い方

「運動神経がいい」

子どもの頃よく話題になりましたよね。

あの子は何でもできる。

いつの時代にもいると思います。そういう子。

ではそういう子は身体の使い方も上手いのか?

実はそうとは限らないのです。

これはプロの選手でも同じです。
身体の使い方も上手いとは限らないのです。

いろいろなスポーツが割と得意のなのに、身体の使い方が悪い人はどのようなことからわかるか。

わかりやすいのは怪我です。
急性外傷でなく身体に痛いところをつくります。

そして診ると身体は固くなっています。

身体の使い方が悪いのにいいパフォーマンスをするわけですから、いい使い方を覚えたらもっとよくなると思いますが、必ずしもそうなるわけではありませんね。

特に相手がいる競技は。

でも怪我をしにくくなるのは確かです。

ですからある程度の結果を残している人に、身体感覚を変えるような取り組みは、こちらから押し付けるようにはしません。

意見を交わしながら。
調整しながら。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-04-19 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)

あの手この手

ある人にとって何でもない簡単な動作が、別の人にとっては理解できない難しい動作であるということは珍しいことではありません。

僕は時間をとれるときは、その人が動作を理解できるまで一緒に追い求めます。

そうすることで、身体への理解がより深まり、その人をより理解できるようにもなるからです。

踵で地面を押して身体が前に倒れる、ということをたまにやってもらうのですが、この感覚がわからない人は多いです。

膝で押すというとわかる人もいます。

要はこの感覚を表す言葉としては不十分なんですよね。
だから、どのキーワードだと反応するか、どこに意識を持っていけば理解できるか、あの手この手でアプローチするわけです。

今回踵で地面を押すということを、軽くスキーのジャンプのような姿勢で、僕が手で肩を抑えてそれを身体で押すということで理解できた人がいました。

アプローチする場所と離れた場所に意識を持っていく。

そうすることで成し遂げられる場合は少なくありません。

ひとつ引き出しが増えました。

これからもあの手この手でやっていかますよ。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-04-10 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)