人気ブログランキング |

カテゴリ:徒然に( 940 )

歌こころカレンダー

当院に来られている方は気づいていると思うのですが、受付の横の壁に「歌こころカレンダー」というものが掛かっています。

短冊が束になっているカレンダーで、僕がFacebookであげている「七十二候」ごとにまとめられているものです。

これは毎年患者さんからいただいているもので、とてもありがたく使わせてもらっています。

これに胡座をかいてしまっていました。

このカレンダーのはじまりは立春。
つまり今回の候が最後。

次の準備は全くしていませんでした。
患者さんが持ってきてくれるという、思い上がった気持ちすらもなく、漫然とめくっていたのです。

今日その方がいらっしゃるまで全く気づかず、その上、売り切れてしまって渡せなく申し訳ない、と謝られてしまい、そんな思いをさせてしまったことを本当に申し訳なく思います。

ネットで調べてみても、品切れ。。。

とても残念です。

自分でしっかり買っておくべきですね。

「七十二候」の発信はこれからもしますが、短冊は立春以降ありません。

楽しみにしていた方申し訳ありません。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
歌こころカレンダー_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-02-01 19:30 | 徒然に | Comments(0)

先日アメリカのスーパースターが突然亡くなりました。

コービー・ブライアントさん。
41歳でした。

そう、僕とほぼ同じ歳。

中学、高校とバスケをやっていて、大学ではアメフトをするようになりましたが、NBAは変わらず観ていました。

その頃高校卒業して大学を経ずにNBAへと進んだのが「コービー・ブライアント」

マイケル・ジョーダン3度目の引退以降、テレビで観ることも少なくなりましたが、1試合81点という、ジョーダンでさえ成し遂げていないとてつもない記録や、引退の試合で60点を取ったという記録だけでなく、存在感が強烈で目を惹く存在でした。

ヘリコプターでの移動中で、一緒に乗っていた次女も亡くなっています。

家族はもちろんこんなことが起きるなんて想像しているわけがありません。

今過ごしている日々がこの先も続くと、当たり前のように過ごしていますが、そんな保証はどこにもありません。

だから常にいろいろなことにアンテナを張って気をつけよう、とは思いません。

もちろん最低限のことは気をつけますけどね。

僕は明日死ぬことになっても、自分の人生は幸せだったと思えます。
まだやりたいことはたくさんあるけど、いろいろな人に支えられてとても恵まれた人生です。

時代も環境も何もかも恵まれている。

「死と向き合っている」状況じゃないから言えることかもしれませんけどね。

でも東洋医学をやっている人間として、西洋医学のお世話になって長生きしようという思いはありません。

鍼とともに生きていきたいと思います。


コービーも幸せだったでしょう。安らかにお眠りください。

残された家族は辛いですけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
コービー・ブライアントの死に思う_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-01-31 20:30 | 徒然に | Comments(0)

こだわり

「こだわり」ってみんなありますよね。

多かれ少なかれ、また重大なことからどうでもいいことも。

道具にこだわりを持ったり、食にこだわりを持ったり、車にこだわりを持ったり。

そういうこだわりもあります。
こだわりは生きがいにも繋がると思います。

でもこだわりによって気持ちにゆとりがなくなったり、憤ることもあります。

こだわりが自分を縛る。

そんな感じになっている人、意外にいます。

こだわりは自分にとって生きがいであった方がいいと僕は思います。

「こだわり」

漢字にすると「拘り」

「せまいわくに縛られる」という意味があります。

自分を縛っている状態になっている人の方が、こだわりを具現化しているんですけどね(^^;;

でもそれじゃあ精神衛生上よくない。

いいように過ごしましょ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
こだわり_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-01-24 22:30 | 徒然に | Comments(0)

ねぎま鍋

先日「ねぎま鍋」をはじめて食べました。

ご存知ですか?「ねぎま鍋」

僕が人からはじめてこの言葉を聞いたと自覚しているのは、実は20代半ば過ぎ。

職場の先輩から
「浅草に有名な「ねぎま鍋」の店あるだろ?」

と聞かれ、焼き鳥のネギマしか思い浮かばなく、かなりバカ扱いされた記憶があります(^^;;

葱鮪。ネギとマグロの鍋。

江戸時代末期マグロを食べるようになったけど、日持ちのしないマグロを醤油漬け、いわゆる「ヅケ」にして日持ちするようにしていたけど、トロの部分の脂身は醤油をはじき返して腐るだけの余り物だったようです。

それを有効活用したのが「ねぎま鍋」というわけです。

「雷神コース」というコース名も食べる動機となりました。
ねぎま鍋_f0356588_22583301.gif
また行きたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
ねぎま鍋_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-01-23 22:30 | 徒然に | Comments(0)

ここだと寝れる

「痛くて寝られないんです。」

こう訴えてくる方。

でも当院のベッドに寝ると、痛くなく寝ることができる。

そして深い睡眠がとれる。

「何でだろう?」

こう不思議がる方いらっしゃいます。

ベッドが寝やすいベッドだということもあり得ますが、当院の方が落ち着く、安心してくれている、ということが言えるでしょう。

痛みは気血の不通や不栄(通じていないか、栄養が足りない)によるのですが、最終的にそれを知覚するのは「心神」です。

即ち「心の臓」の精神的部分。

ですからそこが安定していると痛みは感じにくいし、気血は巡りやすいです。

痛みが「気のせい」というわけではなく、(ある意味「気」のせいなのですが、、、)精神的に落ち着いていると不通や不栄は起こりにくく、痛みは落ち着きやすい面があるということです。

そういうことがメインで起こっている痛みならなおさら。

おそらくベッドのおかげだけではないはずです。。。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
ここだと寝れる_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-01-22 20:30 | 徒然に | Comments(0)

治療回数

「あと何回で治りますか?」

こういう質問をされることあります。

これ非常に困ります。

そしてこういう質問をされると、今の自分の状態に対して理解してくれていないんだなぁ、と僕がした説明のわかりづらさを痛感します。

ストレスによって起こっている病だったとします。

治療することで、それに対する耐性、そして考え方などが変化したりもして、同じストレスを受けても、身体にとって負担とならない状態にしていくわけです。

ストレスを受けると身体が強張ります。
身体の弛緩と緊張に関わる「肝の臓」が影響を受けるわけです。

日々のストレスがかなり強い状態だと、よくなっては少し悪くなって、またよくなっては、少しぶり返すなんていうことはよくあります。

感情を持った人を相手にしているわけで、何回やったらオッケーなんて言えないわけです。

例えば英語の現在完了形を理解するには、1時間あれば大丈夫な人もいるでしょう。

これならば何回ということは言える可能性は高いです。

でも英語を日常会話が大丈夫になるということだとどうでしょうか?

これは本人が日々どう過ごすかがとても重要になってくるのです。

治療にもそういう状況はよくあります。

理解してほしいとともに、僕が理解してもらうようにしなければいけないなぁと思うのです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
治療回数_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-01-18 22:00 | 徒然に | Comments(0)

脚があがってないから?

今日通勤途中に、行進しているように歩いている女性を見ました。

通勤って徒歩5分くらいの間ですけどね。

運動するような出で立ちでもなく、そうであっても不自然ですけど、コートを纏ってヒールは履いてないけど、運動靴でもない格好。

でも膝を上にあげるように歩いています。

違和感しか感じないのですが、ひょっとしたら脚をあげて歩くように指導されたりしているのかなぁ、と思うのです。

よく脚があがらないから、転んだり躓いたりするという説明をする人がいます。

確かにそういうように感じるかもしれません。

実際躓いているということは、何かに引っかかっているわけですからね。

でも足を地面を少し引きずるように歩いていても、躓くことはまずありません。

そもそも歩くとき脚は意識的にあげるものではなく、勝手にあがるものです。

だからあげようとすると変な歩き方になります。

違う言い方をすれば、上にひっぱりあげるものではなく、地面を押すもの。

そのために重要になるのは、足首の動きと足趾の動きです。

これがしっかり使われれば脚は勝手にあがります。

脚があがっていない原因は脚をあげていないことではないわけです。

というように僕は考えています。

行進というのは足並みを揃えるためのものです。普段やるものではありませんよ。

軍隊統率のものですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
脚があがってないから?_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-01-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)

まだぶらぶら歩き

昨日の続きです。

歩いて向かったは次男の学校のそばにある「薬研堀不動院」
まだぶらぶら歩き_f0356588_21061402.gif
なんと「川崎大師」の東京別院。

また年末に歳の市も行われていて、下町ではここが年の最後になるようです。

「江島杉山神社」からは歩いて15分くらいかな。ちょっと歩いて橋を渡ってすぐ。

ここでも御朱印をいただきました。

また今回参拝するにあたって「薬研堀不動院」を少し調べたら、なんと順天堂大学発祥の地。
まだぶらぶら歩き_f0356588_22015907.gif
醫の東西は違いますが、現在順天堂大学医学部の中でも、東洋医学を真剣に学ぼうという方たちがおり、そこに尽力しているものが私が所属する(一社)北辰会の中におります。

鍼灸学校時代の同級生ですけどね。

専門学校でも教鞭をふるい、学会でも責任あるポジションにいて、もちろん日々の臨床をメインにやっていて、縦横無尽に活躍しております。

この碑を前に「がんばらねば」という思いを強く持ちました。

まぁここまでそれなりに歩き、ほどよい時間になったので、昼メシを食べ次男のコンサートに向かいました。


by shinkyu--kaminari | 2020-01-15 21:30 | 徒然に | Comments(0)

休みにぶらぶらと

昨日、一昨日と連休でした。

日曜は午後2時から次男のコンサートを聴きに行く予定があったので、それまで妻とぶらぶら歩くことにしました。

行こうと思っていながら、なかなか行くことのなかった鍼灸界の偉人「杉山和一先生」のお墓と、祀られている神社です。

場所は浅草のある台東区の隣である墨田区。

1時間も歩けば行ける距離です。

はじめにお墓に行きました。
名前は「弥勒寺」
休みにぶらぶらと_f0356588_23331250.gif
都の史跡にもなっています。

そこから神社には歩いて10分くらい。
休みにぶらぶらと_f0356588_23344982.gif
「江島杉山神社」です。

杉山和一先生は盲人の鍼灸師であり、世界初の視覚障害者教育施設とされる「杉山流鍼治導引稽古所」を開設しました。

その敷地が今は「江島杉山神社」となっているわけです。

敷地内で目を引いたのは「岩屋」
休みにぶらぶらと_f0356588_23425208.gif
これは「管鍼法」をあみだしたきっかけとなった場所である岩屋を模したもの。

入った瞬間ちょっと独特な雰囲気がありました。

昨年の5月以来、寺社に行くときに忘れていた御朱印帳も持っていきいただくことができました。

この後次男のコンサートが行われるのは通っている中学校なので、近くにある「薬研堀不動院」をお詣りしようと、また歩きました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございま

by shinkyu--kaminari | 2020-01-14 23:30 | 徒然に | Comments(0)

腰式呼吸?

たびたび呼吸の重要性については触れていると思います。

まぁ触れなくても息しないことには生きていけないわけだから、重要なのは誰でもわかりますよね。

呼吸は肺でなされるものですが、呼吸によって動く部位は全身です。

全身が膨らんで、全身が萎む。

その動きがないところが固くなります。

1日2万回近くなされている呼吸の動きの中であまり変化がないわけですからね。

固くなるわけです。

だから自分の中で固まっているところがあると感じたら、そこに息が入っていくようにすればいいわけです。

腰にだって息は入りますよ。

呼吸で腰は膨らみます。

胸式とか腹式ということばに惑わされてはいけません。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
腰式呼吸?_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-01-09 23:30 | 徒然に | Comments(0)