人気ブログランキング |

カテゴリ:初診( 48 )

不安感に鍼

精神的な問題も鍼をすることでよくなる。

世間一般的にそういう認識を持っている方は少ないと思います。

鍼は肩こりや腰痛などに対して指では届かない奥に施せる。
そういう認識を持っている人が鍼師の中にもいたりします。

そんなものじゃないんですけどね。

奥が堅いからそこに刺すという物理刺激ではないのです。

気の運動をあるべき姿に変える。
運動とは昇降出入です。
それが行き過ぎていたり、足りなかったり、動いてなかったりするものを変えるわけです。

心身一如。

心と身体はわけて考えられるものじゃないですよね。

気持ちが不安感を抱いている、という状態であれば、その状態は身体にもしっかり反映されています。

その身体を整えれば不安感はなくなっていきます。

不安感を主訴として職場の人の紹介でいらした方。

この方もいいとススメられていらっしゃいましたが、精神的な問題が鍼でよくなるのか半信半疑。

東洋医学的身体感、疾病感をしっかり説明して、半信半疑から七信三疑くらいになったでしょうかね。

あとは鍼を受けて体感してもらえればいいわけです。

身体が変化すれば、気持ちも変化していきます。

この方はすこぶるいい反応。
かなり良性の変化がでました。
本人も驚いてましたけどね。

もちろん簡単にいかないこともあります。

そんな人の身体は単純なものではありません。

だけど、適応だということは知っておくべきですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
不安感に鍼_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-12-29 23:00 | 初診 | Comments(0)

初診と向き合う

初診の患者さんは何かの縁があって当院を訪れます。

誰かの紹介。
インターネット。
たまたま通りかかった。
など

当院のコンセプトをわかっている人もいれば、そうでない人もいるわけで、何のために主訴とは関係ないと思われることを細かく聞いたりするのか、なんで痛いところと関係ないところに鍼をするのか。
そういったことをしっかり説明するのは僕の義務であると思ってはいます。
そのことによってよりよい治療ができると。

でも、すでに自分の状態はこうだと決めつけていて、こちらからの意見に耳を貸そうとしないならば、そういう会話が成立しなくもなります。
気の交流が途絶えた状態。

その考え方が今ある病態を作っている。
そう指摘してあげた方がよかったと思うこともあります。

言わなきゃわからないですからね。
鍼して状態が変わることでそういう考えを変えようと思い、失敗したことも。。。

気の交流が途絶えないようにするためにはどう向き合っていくか。
「これじゃあ診ることができないから、お金はいらないのでお引き取りください」ということも考えますけどね。
それじゃあ逃げているなぁ、とか思ったり、紹介してもらった手前悪いなぁ、と思ったり。

僕が人間力を磨かないといけないのは確か。

精進しないと。

大事なのは治すこと。

でもそのためには、、、


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
初診と向き合う_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-12-16 21:00 | 初診 | Comments(0)

短絡的に考えず

膝が痛いと言って来院してきた初診の方。

山登りを本格的にやる方で、登山中に痛くなったとのこと。

ここ数年毎年。

本格的にするようになってから。

泊まりで行く荷物などが重い時期に痛くなる。

明らかにそれが原因と思われますが、それを鵜呑みにせず、裏付けをとり、七情の問題なども聞いていきます。

デスクワークをやっていて、もともと運動はしていない方。

緊張強いにより、股関節が広がりづらい。

肝経の緊張。

こういう方に負荷をかけると、膝に問題は生じやすい。

単なる使い過ぎで済ましてはよくないですね。

いっぱい使ったって痛まない人は痛まない。

その人はなぜ痛くなったのか。

そこをしっかり考えます。

短絡的に考えず。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
短絡的に考えず_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-24 19:30 | 初診 | Comments(0)

決断、、、

滅多にないのですが、飛び込みで「今できますか?」と来院されることがあります。

もちろんできる状況であれば診るのですが、初診は問診など含め時間がかかります。

それを簡素化して治療できないか?

できないことはありません。
目の前を通りがかり治療をしていこうと思う状態というのは、事前に調べてどこで治療してもらうか考えて来院するより、重篤でないことが多いです。

でもそれはあくまでも相対的にそうなのであって、そうでない人もいます。

以前は受け入れていたのですが、しっかり詰めていなかった結果、満足のいく治療効果をあげられなかった経験があります。

その方が割合は少ないのですが、お互いに嫌な思いになるので、遠慮してもらうことにしています。

他の来院する患者さんに迷惑をかけることにもなりますからね。

そのときは縁がなかったのです。

後日見えられる方もいます。

安易な考えで鍼の評判を悪くするわけにはいきません。

折角鍼をしようと選択したわけですからね。

臨床は戦さのようなものです。

中途半端な状態で臨んだら痛い目にあいます。

今日いらっしゃった方すみません。

またの機会に。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
決断、、、_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-21 20:30 | 初診 | Comments(0)

91歳で抗がん剤!?

昨日いらした初診の方は同じ鍼の会に所属する先生の治療院に通っている患者さんのおばあちゃん。

初診の方は栃木の方。
浅草は栃木から一本で来れますからね。
紹介に感謝です。

お歳は91歳。

それなのになんと抗がん剤治療をされています!

それでいて自分の足で歩ける。

すごい体力です。

でも抗がん剤治療を続けて食欲がなく、腰も痛くなってきたとのこと。

歩けるけど、ちょっとしんどくなってきています。

この患者さんには一緒に娘さんとお孫さんも付き添ってきたのですが、問診の最中に溢れんばかりの家族愛を感じました。

これがこの方の生きる力に確実になっていますね。

自覚症状はないけど、検査で腫瘍が見つかったからと手術を15回以上!

80歳から15回ですよ!

しかも1回以外は全てここ4年。

そして昨年から抗がん剤。

もちろんそれだけ腫瘍ができるにはそれ相応の理由があるのですがね。

足のツボに一本。

曲がってたからだがしっかり伸びて歩きやすくなり、帰りに大好物だけど最近食べたがらなかった鰻を所望していました。

伸びた姿を一緒になってハグして喜んでいる家族の姿に胸を打たれましたね。

喜びをからだで表現するって大事だなぁと感じました。

自然に出ていることですけどね。
日本人は人前で遠慮しがちになるので。

それにしてもそんなにすぐに直後効果が出たのも、その方の正気がしっかりしているから。

本当すごい!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
91歳で抗がん剤!?_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-04-26 21:00 | 初診 | Comments(0)

2018年3月時点で日本で一人口が多い名字は「佐藤」さんのようです。
2位の「鈴木」さんとは8万人以上離れていて、3位の「高橋」さんになると40万離れているので、この二強というのは変わらないでしょうね。

当院では様相はちょっと違いまして、1位の「佐藤」さんはいらっしゃいますが多くなく、最大勢力は「鈴木」さんの14人。ついで「高橋」さんの10人。前の職場では「中村」さんが僕が診ている方では多かったのですが、ここでは6人とそれほどではありません。

そして最近勢力を伸ばしているのが「田中」さんです!
先月と今月で4人増えて合計10人と、2位に上がってきました。

みなさん同じ職場で繋がっているのですが、この会社には「田中」さんがかなり多いようです。社内結婚で2人増えたり、別の会社の人と結婚して「田中」になったりと。。。

どの勢力が多いかなんてどうでもいいことですが、勢力が増えるということは家族でいらっしゃってくれている確率が高いということですからね。

ありがたいことです。

当院は身の丈にあった診療をしておりますので、広告宣伝はしておりません。

声高らかに訴えることはせず、やっていることを信頼してもらえたら、他に困っている人を紹介していただけると思い、真摯に取り組んでいます。

これからも地道にコツコツとやっていきます。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
「田中」さんラッシュ!?_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-03-20 20:30 | 初診 | Comments(0)

選ばれたからには

遠方からでも浅草まで治療に来てくれるというのは、申し訳なくも思いますが、うれしいものです。

今回いらっしゃったのは福島から。

とは言っても、うちに治療に来るためだけに出てきたわけじゃないですけどね。

それでも数ある中から選んでくれたというのは、何かの縁でもありますし、その期待に応えたいと強く思います。

そして鍼は苦手だということ(苦笑)

痛い鍼で、今まで受けた治療では何本も刺されたそうです。

前に受けたのは10年以上前。。。

状態がよかったわけじゃないけど、放置していた感じです。

あまり刺さないとうたっている当院のホームページに、可能性を感じてくれたようですね。

鍼一本と、打鍼一打(?)

2〜3年苦しんでいた痛みがなくなりました。

「なんでいっぱい刺す人と、そうでない人がいるのですか?」

こう聞かれました。

最もな疑問ですね。

僕は北辰会で学ぶ前から鍼数は少なかったので、なぜ多く刺すかは正直わかりません。

僕もその人に聞いてみたいです。

それに対して想像に任せて言うと、単なるバッシングになりそうなのでやめます。

でもしっかり理念を持ってやっている人もいると思います。

まぁ何はともあれ期待に応えることができてよかったです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
選ばれたからには_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-12-05 20:30 | 初診 | Comments(0)

その気にさせる

誰かに紹介されて、インターネットで見て、通るときにいつも見て気になっていて。

初診で来院される方の経緯は人それぞれです。

どんな経緯であれ、当人が連絡して望んで来ている場合、治したいという思いがあるから、比較的気の交流がしやすい。

「治せるものなら治してみろ!」みたいに斜に構えている方もいますがね。

中にはそこまで本人が望んでなくて、親に勧められてくる場合もあります。

その場合はやはりこっちがその気にさせないとダメですね。

子どもなんてなぜ自分に必要なのかわからないでしょうからね。

自分がどんな状態か、治療してどう変わったか。

そのとき自覚症状がない方には、その変化を感じてもらい、身体が良くなったことを自覚してもらうようにしているのですが、今日来院した子はあまり変化を自覚することができませんでした。

この責任は僕にあるでしょうね。
違う方向から興味を導いてあげるべきだったと反省してます。

来院時に主訴は治まっているけど、身体はいい状態ではない。

数週間、数ヶ月先でもまた症状は出るでしょうが、それが出ない身体になることはもちろん、将来起こりうるリスクに対しても策を講じておく必要があります。

はじめから訥々と説くか。

その方がいい場合もあれば、さらに閉ざす場合もあるでしょう。

人それぞれ。

機に臨み変に応じていかないと。

まだまだですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
その気にさせる_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-12-04 20:30 | 初診 | Comments(0)

なぜ効いたか

劇的に症状がよくなって、なぜ鍼を二本刺しただけで、しかも全然関係ないと思われるところに刺してそうなったのか?
先日来た初診の方は次来るまでの1週間考えたそうです(笑)

まぁ本当に1週間考えたかはわかりませんが、こういう疑問を持つ方は結構いらっしゃいます。

でもあまり深入りしない方がいいと思います。

これを説明するには、西洋医学的な考えでは説明がつきません。
東洋医学的な考えで治療をしているので、東洋医学的な考え方を理解しないと本当には理解できない。

誰かに知ってもらおうと他の人に説明するときも、中途半端な理解だと相手にも理解してもらえません。

自分も相手ももどかしい。

自分の興味のためだけに学ぶのは構いませんけどね。
人に説明するときは、理由はよくわからないけど、すこぶるよくなった。という感じでいいんじゃないかと思います。

我々は中途半端じゃダメですけどね。

「イライラもしなくなりますよ。」

家庭でイライラしていた患者さん、本当にあまりイライラしなくなり、旦那さんが喜んだようです。

細かいこと考えるから、イライラするようになるんです。

余計なことは考えずに生きていた方がいいです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
なぜ効いたか_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-10-19 20:30 | 初診 | Comments(0)

奈良から来た人

遠方からでも通って来られる人がいるのは、申し訳なくもありながら、うれしいものでもあります。

今日はなんと奈良から!

と言っても出張でこっちに来ている人です(^ ^)

でも驚くのが「学園前」に住んでいる方だということ。

知らない人はまるでピンとこないと思いますが、「学園前」は僕の師匠の治療院があるところです。

もちろんその方もそこに有名な先生がいることも知っています。

でも、なんとなく敷居が高いようです(^^;;

【伝統鍼灸かみなり】も同様の治療をしていることに興味を持ち、連絡してきました。

住んでる場所が「学園前」だからって、僕がいつもと何か変わるわけじゃないんですけどね。でも、より気を引き締めて臨んだ感じはあったかもしれません。
師匠の顔が浮かびながら問診をすることはあまりないですからね。

師匠の腕は僕の何倍もいいことは否めません。

でも僕の方が治せる人もいるとも思っていますし、鍼を持って臨床するときは常にそういう気持ちでいます。

もちろん今回来られた方も。

うちに来られてよかったと思いますよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
奈良から来た人_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-06-28 20:30 | 初診 | Comments(0)