人気ブログランキング |

カテゴリ:鍼の修行( 160 )

「伝統鍼灸学会」2日目

今日は「伝統鍼灸学会」2日目でした。

いろいろと興味深い話を聞けました。

こういう学会に参加するのは大事だと感じましたね。

所属する「(一社)北辰会」の立ち位置というものも把握することができました。

それを確立していったのは藤本蓮風先生です。

数十年前は学会でかなり吼えていたと聞きます。

そりゃあ吼えるよなぁ、と思いました。

これはこういう状態ですよ。
だからここに一本鍼をします。

これは理路整然としてますよね。
効かなければどっちかが違うということ。

でも、こういう状態ですよ、と言ったのに、そのことだけでなく他のこともしてたらよくわからない。

他の会ではそんなことが当たり前のように行われています。

まるで論理的でない。

確かに治ればいいんだけど、それでは共通性を出すことができません。

僕が「(一社)北辰会」を選んだことに間違いはなかった。

様々なところを見て改めてそう思いましたが、それは残念なことでもあります。

だって困るのはそれぞれで鍼を受けている患者さんですし、そのことによって鍼という治療の良し悪しを図られているわけですからね。

鍼はとてもいい治療です。

よりよい治療ができるよう精進あるのみです。

終わってちょっと飲み会に参加したあと長男のフットサルの試合に向かっています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-24 18:00 | 鍼の修行 | Comments(0)

今日は午前中診療した後、船堀で行われている「伝統鍼灸学会」に行ってきました。

これは今日と明日の二日間あるので、明日も参加します。

今日は主に小ホールで「一般口演」の方に。

所属する「(一社)北辰会」の先生が座長を務めており、発表者も2名いたっていうこともあったのですが、それより、1人10分ほどの様々な人の発表を聞けるのがおもしろそうだったからです。

他の会に足を運ぶことが全くないので、こういう場は貴重です。

症例の発表もあれば、研究の発表もあり、その会では当たり前なんだろうけど、僕にとっては違和感満載の発表もあります。

そんなこともおもしろい。

小児の瞬きと咳のチックの症例を発表している先生がおられましたが、原因となったものに、母親が1週間ほど一緒にいれなかったストレスをあげていました。

それはおそらくあると思うのですが、それより気になったのは、スマホなどによる動画の注視。

治療経過の途中で気づきやめさせていましたが、さびしくなった子どもにどう対処するかを考えると、このことは気にするべきですよね。

それを気をつけてから顕著に改善していることを考えると、肝気を昂らせるメインはこっちのような気もします。

まぁ両面あるでしょうがね。

家に帰る電車の中で、まだ1歳くらいの子に抱っこしてぶら下げてる状態で、スマホを持たせて動画を見させているのを目撃しました。

人に迷惑かけてないから、注意することではないですけど、患者さんで来たら僕は注意します。

本当小さい子には特によくないです。

集中度合いが違います。

そしてそれで大人しくするようにしていると、取り上げると癇癪を起こすようになります。

僕の子どもが小さい頃はまだスマホは世に出ていませんでした。

付き合い方は考えるべきです。

また明日学んできます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-23 19:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

「他を知る」というのはどの分野でも大事だと思います。

「井の中の蛙大海を知らず」ということにならないためにも。

鍼灸界においても「他」というのはいろいろあります。

それを知ることができるイベントが今週末にあります。

「伝統鍼灸学会」です。

この土日に行われます。

今年は東京の船堀。

土曜日は祝日ですが、午前中だけ診療して、昼過ぎから学会に行ってまいります。

僕が所属している(一社)北辰会もいろいろと関わっています。

非常に楽しみです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-19 23:00 | 鍼の修行 | Comments(0)

僕が専門学校で取得した資格は「はり師」「きゅう師」「あん摩マッサージ指圧師」という3つです。

これとは別にアスレチックトレーナー専攻科というのを修了し、試験を経て「アスレチックトレーナー」という資格を取得していますが、国家資格として持っているのは上記の3つ。

今となっては「あん摩マッサージ指圧師」というのは特に必要ないのですが、取得した理由は、学費がたいして変わらないのに資格を取れること。

また当時新設校ができ始めていたときに、このあん摩マッサージ指圧師、通称「あマ指師」が取れる「本科」というのは新設できず、「はり師」「きゅう師」が取れる「専科」が増えていたので、有象無象が取れるものでは意味ないと思って「本科」に進みました。

結果的には「本科」で良かったと思っています。

何が良かったかというと、同じクラスの仲間の志が高かったから。

「本科」は関係ないのですが、「本科」だから集まってきた仲間なので、あるっちゃあるんですよね。

開業するときは、あん摩マッサージ指圧師の免許は保健所で届けていません。
一緒に取れる資格だけど、全く違うものです。

鍼には自信がなくてオマケにマッサージをしている人もいます。

そうしている人がいる限り、鍼が医学として認知されるには遠いなぁ、と思いますが、鍼灸医学は医学です。

西洋医学は大学で6年間学んで国家試験を受けるという、ステータスとしては限りなく高いところにあるのに対し、鍼灸東洋医学は高校卒業して専門学校に3年間通って国家試験。

今は専門学校も溢れているため、名前を書けば入れてしまう学校もあるという現状。

学力が全てではないですが、やっぱり論理的に考えられなければ、東洋医学もできないし、必然的に学力が必須です。

技術職に見られるかもしれませんが、かなりの勉強は必要です。

これからやる人は覚悟を持って臨んでほしいと思います。

開業したけど、鍼に自信がなくてマッサージをやるという鍼灸院の話を聞いたのでこんなこと書いてみました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-16 19:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

天枢

天の枢軸という壮大な名前のツボである「天枢」

お臍の横指三本分真横に位置します。

胃経のツボですが、大腸経の募穴であり、枢として少陽にも関わり、肝脾腎にも関わる。とても重要なツボです。

照海でも申脈でも後渓でも動きがイマイチだったものが、天枢だと大きく動く。

そんなこともあります。

適当に使ったらイタイ目にあう。

本当にそう思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-15 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

鍼に思う

僕が使っている鍼は「いっしん」という会社が作っている鍼です。

この鍼の開発において、僕が所属する(一社)北辰会の理事の先生が携わり、細部にまで拘って作っています。

他の会社が扱っている鍼とは形状も長さも違います。

僕が使っているのは、主に4種類。

ツボによって、目的によって違ってきますが、そのときどきで注文する鍼の割合が微妙に違ってきます。

「あぁ、今回はこのツボ使うことが増えたからなぁ。」

と実感します。

自分の変化、それはただ変わるだけではなく、成長を含んでもいると思っています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-14 22:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

背後の「虚」

気鬱(実)により症状を発症したのですが、発症させる要因には背後に「虚」の存在があることは少なくありません。

縮こまって伸びない。

前屈みになって伸びないのは、身体の後ろ側が弱っているからということも考えられるわけです。

申脈が大きく「虚」

補ってあげると仰向けになれなかったのが、伸ばして寝られるように。

申脈は心神にも影響を及ぼすから、後ろの虚だけに影響を及ぼしたとは言い切れないですけどね。

大事なことはよくなること。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-13 22:00 | 鍼の修行 | Comments(0)

鍼の勉強会 2019.11.10

昨日は高田馬場で行われた(一社)北辰会関東支部の勉強会に参加してきました。

恒例の鍼の勉強会です。

午前は実技、午後は森岡健介先生による症例発表。
症例は「帯状疱疹後神経痛」において著効を示したもの。

西洋医学では難治の部類に入るものをシャープに治していました。

彼は年は下だけど、同じ鍼灸学校の同級生。
高校卒業してすぐに鍼灸学校に入学してきました。
高校のときはサッカーで都の選抜メンバーでもあります。

仲間の活躍はいい刺激になります。

それ以上に昼休みの食事中に他の先生との会話に刺激を受けました。

昨日のブログにも書いた本部からきた先生。

バンバン難病を治している先生ですが、障害者の治療を施設に行って行うことをもしているとのこと。

身体障害だけでなく、精神障害、知能障害も。

鍼灸治療はありとあらゆる疾患に効果があり、上記の障害に対しても例外ではありません。治療するに越したことはない。

でもなかなかそういう環境を整えることに障壁があったりします。

鍼灸師誰もがそういった方を診る能力があるわけではありませんが、診れる者がみんなそういう環境でも腕をふるえたらなぁと思いました。

活躍できる場所は無数にあります。

夜は妻の誕生日のため飲み会には行かず帰りましたが、濃い勉強会でした。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-11 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

久々の前日勉強会

昨日はマーチング関東大会の応援の後、ほぼ毎月ある鍼の勉強会の前日に行う勉強会に久々に参加してきました。

題して「前日勉強会」
そのまんまです。。。

翌日の勉強会のために、大阪から前日入りしてくる講師の先生も参加するということなので、夜の車での子どもの迎えは他の方にお願いして。

起こっている病態に対しての考え方、ツボの反応の意味づけ、捉えている奥行きの深さ。
そしてそれらを総合して一穴に落とし込める思考のシャープさ。

かなりいろいろなことを学びました。

とても貴重な時間。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-10 18:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

昨日は高田馬場で行われた鍼の勉強会に参加してきました。

午前中は佐藤達也先生と金子太先生による「経穴解説」の講義。

それぞれの先生の臨床の話が興味深かったです。
ベースとなっているのは会長藤本蓮風が著した「経穴解説」ですが、話される先生によって伝わり方が変わってきます。

いろんな先生のバージョンを聞いてみたい気もしますね。


午後は実技オンリー。
テーマは腹診と空間診。

僕は教える立場ですが、何も完璧にできるわけではありません。
だから常に進歩しようとしており、前回指導したときより自分のレベルは上がっているように取り組んでいます。

指導していると、僕の上達度合いの方が上だな。と思うことがよくあります。
自分の課題、そのために何をするか。
当たり前のことですが、それが曖昧な人が多いように思います。

あっという間に1年は過ぎてしまいます。

今年度から実技の時間を長く取るようになったけど、それによって上達した人が増えたか。。。

定かではありません。

何のためと言ったら、自分のため、患者さんのため。

貪欲に取り組みましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-10-28 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)