カテゴリ:鍼の修行( 109 )

伝えることの重要性

言わなきゃやっぱり伝わらないことは多い。

そう再認識しました。

4年くらい通っている患者さん。

胸のあたりに不快感がある。
いつもとは違う症状を訴えていました。

身体を診て背中に一本鍼。

20分ほど経ってから仰向けになってもらい
僕「胸楽になってきたね。」
というと、
患者「なくなったね。横になってたからかな?」
なんていう返し、、、

僕「いや、背中に鍼したでしょ。鍼してよくなったんだよ。」

患者「背中の鍼で?」

今までいろいろな症状をよくしてきたんだけどなぁ、、、

特にこっちから言わないこともあったから、もともとあった主訴以外鍼でよくなったっていう意識を持ってない可能性もありますね。。。

わざわざアピールするわけじゃないけど、何のためにその鍼をしたのか、今どういう感じか。

そういう感覚を持ってもらうことも必要だなぁと思いました。

べつに手柄を立てたいわけじゃなく、鍼でいろいろなことがよくなるという認識は持ってほしいですからね。

訴えていかないと。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-11-29 23:45 | 鍼の修行 | Comments(0)

年末代表講演

来月16日に大森にある東京衛生学園専門学校にて、「(一社)北辰会関東支部年末代表講演」が行われます。

僕が所属している鍼灸学術団体です。

テーマは「現代に蘇る腹部打鍼術〜受け継がれるこころと技〜」

一日全て打鍼です。

今年度から代表に就任された藤本新風先生が本部大阪からいらっしゃって、打鍼の実技を披露してくれます。

なんか技を披露するように聞こえるけど、公開臨床ですね。

ここから何を感じられるか。

これは自分がどれだけ成長したかのひとつのバロメーターだと思っています。

どこまでのものを捉えてどうアプローチしているか。
自分と同じことをやっているようで行われていることはまるで違います。

これは本当に貴重な時間です。

先週土日は大阪で「伝統鍼灸学会」が行われていて、そこでもテーマは打鍼だったのですが、僕は参加できず浅草で臨床をし、サッカーのコーチをし、阿波おどりをし、フットサルをしておりました。

ここでその分も学ばないといかんです。

締め切りは今週いっぱいです!

まだ申し込んでいない鍼灸師の方お早めに!

一般で興味のある方も参加できますが、話されている言語が意味不明だと思います。
歓迎はしますよ(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-11-27 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

今日は(一社)北辰会関東支部スタンダードコース。鍼の勉強会に参加してきました。

午前中は西船橋で開業している坂井先生による「症例解説」。

「北辰会方式」というものを臨床で行うにあたって問題となるのは、問診と体表観察において得られた情報をしっかり整理して治療に繋げられるかどうか。

その考え方というものを実際に自身がやられた症例をもとに、わかりやすく解説していました。

後輩ですけどね、とてもいい刺激を受けました。

主訴を治してもらいたいがために患者さんは来院するわけですが、何を望んでいるか。

どういう状態になりたいのか、目指すべきところはどこなのか。

治療する方としては、よりいい状態にしたいわけですが、それを望んでいるかは別物ですからね。

ここをしっかりした共通認識のもとで治療することができるか。
ここが抜けてることが僕にはあるなぁと再認識しました。

昼の後は実技。

今日の実技は「空間診」

部分だけじゃなく全体を診る。
言うのは簡単なのですが、実現するのはなかなか難しい。

広がり、奥行き、状態。
これだけを述べているとAIでもそのうちできそうですが、気の偏在を診るわけです。

AIにとって変わることのないものがそこにはあります。

最後は吉祥寺で開業している佐藤先生による「正邪弁証」

北辰会独自のものですが、観点として絶対必要になる弁証です。

たんたんとしながらも、要所を抑え大事なことを伝えていました。

毎回学ぶべきことは多いです。

来月は代表特別講演。

楽しみです!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-11-11 19:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

スネから下

足の先からスネ下まで。

最近ここがホットスポットですね。

根底にはいかにして立つか。
どう立つのが人にとって、その人にとってベストか。

独自の見解ですけどね。

最近足指のことがよくテレビで取り上げられているようです。

僕はかなり前から言っているんですけどね。
かなり前からそれを聞いてる人も、テレビを見て初めて知ったようなそぶりでそのことを語ってきます。

画面に登場しないとダメかな。。。

YouTubeにでも投稿してみてもらった方が理解してもらえるかもしれませんね。

足指や足関節、足裏のことを僕はよく言っていましたが、最近は脛骨と腓骨の関係により注目しています。

何度かこの場でも語った「懸鐘(けんしょう)」というツボ。
さらにアツいツボになってますね。

ここをテレビで言うことはないでしょうね。
テレビ受けはしないけど、大事なところです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-30 23:00 | 鍼の修行 | Comments(0)

「解谿」というツボ

足の陽明胃経という流れの中に「解谿(かいけい)」というツボがあります。

場所は足首を曲げてスネ側の方の凹むところ。

当流派においてはほとんど使うことはないかと思います。

でも使いたくなったので、最近使っています。
そこに一本刺すことでかなり身体が良好の変化を見せています。

胃の腑に問題があるかというとそうじゃないことの方が多いです。

僕的には経筋として考えていますが、空間的に考えることもできそうです。

足首の可動域と身体のバランスとして考えてもいいけど、それだと東洋医学からは脱線してしまうので、、、

ちなみに空間で考えると、足首の付け根は首を表します。

頑固な首の痛みがスッと引くことも多い。

理論が後からついてくることもあります。
ひとつのツボで効いたからには根拠がある。

歴代の「解谿」に対する使い方も調べないと。

それにしても「かいけい」と入力して変換して「解谿」が出てくるなんて賢い。

iOSも成長してますね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-27 19:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

鍼の勉強会 2018.10.21

休日の今日は鍼の勉強会の日。

でも地元で阿波おどりの出演もあり、勉強会の午前中は座学の講義。僕は担当ではなかったので、昼前の出演に出て、午後の実技に間に合うように勉強会に参加しました。

今日は3時間ふたコマ続けて実技。

原穴診と背候診という診察法を2人1組でお互いにやっているところを教えながらまわります。

教えると言っても教えながら自分の至らないところを再確認する感じですね。

もっとこういう感じにできたらよくなるのに、と思ってもそれを伝える適切なことばを僕が発することができていないようにも思います。

患者さんにも同様に伝えきれてなかったりしますからね。

もっと国語の勉強をしないとダメかな(苦笑)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-21 19:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

夏季研修会追記

ちょっと昨日の夏季研修会について書き足しておきます。

「参加してよかったです!」
と言いましたが、何がよかったのか。

しっかりと記しておこうと思いました。

よく180度変わったなんとて方がいますが、そんなことはあってはダメなので。

根底が変わったわけではなく、深淵の部分を垣間見ることができたように思います。

鍼を刺すという動作は普通にやっているようで、感じているもの、意識しているもの、見えている世界というものが、術者のレベルによって違うものです。

「そういうところを診てたんですか?!」

「そういうところを感じていたんですか?!」

そんな衝撃を受けました。

そこまでできたらどんなに楽しいことか!

「鍼は刺入するのではなく、置きにいく。」

「押手でモニターする」

今回教えをいただいた我が会の代表的なである新風先生が発した印象に残ったことばです。

いや、本当にいい環境で学ばせてもらっていることに感謝です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいし
ます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 


ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-08-27 21:00 | 鍼の修行 | Comments(0)

久々の夏季研修会2018

今日は所属している鍼灸学術団体の夏季研修会でした!

なんと僕は6年ぶりの参加です。

言わなければ誰も知らないかもしれませんが、、、

以前は宿泊型の研修会のときもありましたが、現在は一日の開催。

時間も短くなりましたが、とても濃い時間を過ごすことができました。

参加してよかったです!

高円寺の阿波おどりと毎年重なりますが、僕が出ないなら出ないで阿波おどりは成り立ちますからね。

学び続けて進化していかないと、と再認識しました。

明日は師匠の治療院で研修です。

でも夕方の診療枠なので、ちょいと奈良を散策しようと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-08-26 21:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

今度の日曜日は、、、

台風が日本列島に近づいていますが、今度の日曜日、僕は研修会のため大阪に行ってきます。まぁ今のところ大丈夫そうですね。

僕が大阪へ行けるかなんて小さいことより、二つの台風で被害が甚大にならないことをまず望みます。本当に台風が多く、水害も多い年ですからね。

そういえば何年か前に、東京駅まで行って引き返したことがあります。
行けるけど、帰れなくなるなぁと思い。

今回は行きは飛行機。
一泊して帰りは新幹線です。

まぁなるようになります。

イマイチそうなったときにどう処理するのか理解できていないんですけど、そうなりそうになったら考えることにします。

あれやこれや考えても仕方ない。

でも、考えなきゃいけないことは考えましょうね。

どうでもいいことに心を砕き、大事なところが疎かになる。

大概なことは大きな目で見ればどうでもいいことです。

そういう気持ちでいた方が楽ですよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-08-21 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

感覚を研ぎ澄ます

僕ら東洋医学的診断で鍼灸をする者は、最終的には手で判断をするわけです。

体表から何を汲み取って、それに対してどうアプローチするか。

「気」を動かすわけですが、意識的にこうしてやろうと無理矢理するわけではありません。鍼をしたら勝手に「気」が動く状態にまで持っていくわけですね。

そこにおいて名人とそうでない人との差が出ます。

相手に直に接するのは「手」ですから、その感覚というのはもちろん大事なのですが、それが遺憾なく発揮されるためには、いろいろなところが通っていないとダメです。

スムーズに流れている状態。
塞がっていない状態。

肩の通りが悪い。
そのことに最近気がつきました。

上背部や胸だと思っていましたが、僕の問題は肩にありました。
肩の通りが良くてくなると、上背部や胸もいい変化をします。

感度が上がるとどうなるか。

今まで見えなかったものが見えてきます。
霊とかじゃないですよ(^^;;

治せなかったものも治せるようになってくる。

知識として勉強すべきことは多いですが、自分のからだを高めていくことも大事です。

体表観察能力が上がれば自分自身がよりいいからだになる。

僕の場合はそう思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-08-06 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)