人気ブログランキング |

僕がまだスポーツトレーナーとしての活動をしていたころ、足関節捻挫などのリハビリにおいて、「タオルギャザー」というメニューがありました。

今でもあると思います。

現役で競技をしていた頃からありましたからね。

足の指を使って浴槽タオルくらいのものを、たぐり寄せる。
ギャザーの状態にしていくわけです。

これ、自分がやる方のときは、まるで有用性がわかりませんでした。

なぜかというと、簡単にできるから(笑)

何がよくなるの?って思っていました。

でもやらせる方になると、結構できない人が多いことに気づきます。

ここ数年はスーパーボール踏みや、竹踏みを課すことが多く、タオルギャザーを用いることはありませんでしたが、この度解禁しました。

なぜかというと、僕が常々言っている、小趾を使う動きができるからです。

そして、小趾が使えない人は母趾を使うことでごまかしている。

というより、ごまかしていることに気づいていないでしょうね。

タオルギャザーでどこを使うかということは、明確にされていないので。

現在様々な方にやってもらっていますが、なかなかみなさんできません。
足の指で物を取ったりすることもできないわけです。

タオルギャザーを小趾を意識して行う。

これ、足関節だけじゃなく、様々なリハビリになります。

老若男女どんな方にもすすめたい!

結構みなさん足が大変なことになっています!

お早めにタオルギャザーを。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-09-26 20:30 | トレーナー | Comments(0)

休日の今日、以前書いていましたが、「スポーツメディスンフォーラム」というものに参加するため大阪はまで行ってきました。
f0356588_18114075.jpg
参加者はドクターやトレーナー、それを志す学生が主ですが、一般の方も参加は可能です。

スポーツドクターやアスレチックトレーナーにとっては資格を更新するための義務研修にもなっています。

更新は4年に1回なのですが、普段どっぷり東洋医学に浸かっている僕にとっては、最近のスポーツ医学の考えを耳に入れる絶好の機会です。

印象に残っているのは何よりも「講義」ではないため、一つ一つの演題の発表がタイトなためみなさん早口(^^;;

それはさておき、大まかに挙げると、前十字靭帯損傷に関すること。テクノロジーを利用したデータの可視化。脳科学とイップス。そしてラグビーW杯に関するメディカルサポート、レガシープラン、将来像。

はじめの前十字靭帯の受傷に関する見解、リスクとなり得る条件、チェック。
ジャンプしての着地のチェックというのは、本人に自覚をさせるためにも有意義なものであると思いました。

また気になったのは、問題は抽出できたけど、その動きの癖を「トレーニングによって」改善するということにすんなりいってないことですね。

これを大学で研究している方は対象は大学の強豪校。中にはばらつきがあってもそれなりのトップアスリート。

発表者は染み付いてる癖を改善するのは大人になると難しいと言っていました。

これは正直子どもだったら簡単かと言ったらそんなことないですよ。

「トレーニングによって」は子どもであっても大人であっても難しいと思います。

僕的には治療が必要なことだと感じています。
また治療することで改善することも経験しております。

質問というより提言になってしまうので、何も述べてはいませんが、かなりこの分野での隠れた需要はあるし、ドクターとトレーナーだけで試行錯誤することではなく、治療家トレーナーを起用すべきだと思いました。

またラグビーのメディカルサポートについては、非常に学ぶべきところが多いと感じました。

グローバルスタンダードに届いていないという指摘の中から、この数年でラグビーのメディカルサポートは格段に上がったとのことです。

それを学ぶ場もできてきているので、機会を作って参加したいと思います。

やっぱりスポーツ現場にも関わりたいなぁ。

自分が今までやってきたことは間違いない。
それを確信できた場でもありました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-03-03 20:30 | トレーナー | Comments(0)

別件で大阪へ

今度の日曜日、久々に大阪に行きます。

久々と言っても昨年8月末に行って以来。

半年ぶりです。

ほぼ行くときは鍼の勉強会ですが、今回は違います。

アスレチックトレーナーの研修会。

僕の原点はここです。

スポーツトレーナー。

今は全く現場での活動はしていませんが、動きのことやら、身体の使い方というものに観点がいくのは、障害を起こしやすい選手がいたり、身体の硬い柔らかいの違いに対して、多くの疑問を持ち続けていたからです。

朝から夕方まで様々な人の様々な分野における発表、講演を聴きます。

僕が興味あるのはデータでは表せないところだから、そこは対象とは違うと思いますが、何かしら得るものはあると思うので、肥やしにしてきたいと思います。

鍼の勉強会ではありませんが、鍼は持っていきますよ!

旅先で何があるかわかりませんからね。

どこへでも必須です!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-02-26 20:30 | トレーナー | Comments(0)

暑くなりました。

テレビでは当たり前に決まりきった文句を言いますね。

「熱中症の危険性がありますので、こまめに水分を取って下さい」

そして僕は
「取りすぎちゃダメですよ。そんなに取らなくても大丈夫ですよ。」
と言います。

スポーツを本格的にやっていて、トレーナーがついているところは、運動する前と後の体重を計って、しっかり水分摂取がなされているかを見たりします。

食事管理をしっかりしているようなところは問題ないと思いますが、もともとが過剰に水分を取っている場合も少なくありません。

特にこの季節冷たい飲み物をガブガブ飲む方は多いです。

喉越しは冷たいものを求めていても、お腹はそうではありません。

そういうものは身体に停滞しやすくなります。

それが運動で捌けたら、多少体重が減っても、かえって体調としてはよくなります。

体重の減少は2%以内にと推奨していたりもしますが、日頃から水分を多く取り、水気の多い人は多く減っても問題ありません。

ガブ飲みしないような水分摂取を心がけてください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-06-27 20:30 | トレーナー | Comments(0)

僕がもともとこの鍼灸の世界に入ったのは、スポーツトレーナーになりたかったからです。

いつの間にかそれよりも、治療をするということがメインに、鍼はきっかけ作りだったのが、鍼がメインになっていますが、まぁ人生そんなものです。

「アスレチックトレーナー」という日本体育協会公認の資格は持っているんですけどね。あまり振りかざして使うこともありません。

ふだんもっぱら勉強していることも東洋医学に関することがほとんど。

でも先日長男の中学でのサッカーを考えて、行くかもしれないチームの監督とメールのやりとりをしました。

その中で出てきた言葉が題名の「インテグラルトレーニング」

まるで聞いたことがない言葉でした。

調べると、サッカーのコーチングで言われる言葉でした。
サッカーのコーチのライセンスも持っているんですけどね(^^;;

インテグラルトレーニングとは、トレーニングするにあたって、「ゲームで起こった状況」だけでなく、「その前の状況」「その後の状況」を重ね合わせてデザインされたトレーニングということです。

ただパスの練習だけをやるということはしないということです。
状況を想定して行う。

選手も頭を使うだろうけど、コーチはもっと使うでしょう。

そして自分、相手、味方、というものなしにゲームは成り立たないから、もちろんそれを考えなしにやることもありません。

よく言う練習のための練習をしないということ。

これに対して思うのは、やってる人は例えば2人でのパス交換の練習でも常にいろいろな状況を想定してやっているということ。

鍼でもそうです。
自分の足に刺すにも、表面を覆っている衛気を意識して、刺したことによる変化も想定して刺す。

ただ刺すだけじゃダメです。
練習からそういう意識でやる。

だから、自然と考えるように仕向ける練習でも、そうしないでなんとなくやる子もいると思います。そこをそうさせない指導者の力量、意識づけというのは大切になるでしょう。

できる人は自分でやる。
できない人のためにこそ指導者というのは大事になると思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-10-29 19:30 | トレーナー | Comments(0)

水分摂取について

今日は涼しかったですが、まぁこれから確実に暑い日が増えます。

水分摂取についてテレビでもうるさく言われるでしょう。

スポーツの世界でもそれに関してはいろいろ注意が払われています。

運動前の体重と運動後の体重を計って、極力差が少ないようにと厳密に選手に注意しているところもあります。

僕はこれにはいい面と悪い面があると思います。

いい面としては、脱水症状を防ぎ健康を損なうリスクを回避できること、水分が失われることによるパフォーマンスの低下を防ぐことがあります。

悪い面としては、そもそももとの体重、身体が、適切な水分摂取の状態になっているのかどうかというところを無視しているので、そういった個人差に対してアプローチできないことです。

身体に必要以上の水分がある。
これはよく見られることです。

そしてよく飲む人が暑さに弱かったりもします。

飲まないことが熱中症の原因とは限りません。

腐るのは汁気が多い食べ物です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-07-09 19:30 | トレーナー | Comments(0)

日赤救急法基礎講習

今日は夕方まで休診にして、日赤の救急法基礎講習を受けに行ってきました。

座学と心肺蘇生法に関する実技、AEDを含めたものです。

僕が持っているアスレチックトレーナーの資格更新のための義務ではあるのですが、やはり必要だと思います。

この平成28年以降はこの類の講習を受けていないと、4年に一度の更新できなくなるということで、久々に受けたのですが、忘れてしまっていることがあったりします。

思い出せることではあるのですが、人の命に関わる仕事をしているものとして、定期的に受けるということは意味のあることだし、するべきだとも思います。

実際にすることはこの先一度もないかもしれないし、ない方がいいのですが、万が一の事態に対して備えがしっかりできていないと、悔やんでも悔やみきれない事態に直面するかもしれません。

行った場所は青戸。
浅草から自転車で30分の距離。
よく晴れた青空の下、気持ちよく往復することができました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-03-02 23:30 | トレーナー | Comments(0)

インターバルラン

シルバーウィークも今日で終わりですね。

やろうとしてたことがしっかりでき、充実した日々を過ごすことができました。

昨日子どものサッカーの練習のときに、久しぶりにインターバルランを一緒走りました。

大学のアメフト部時代も社会人でやってたときも、トレーナーとして携わってたときも、持久的な体力をつけるときには必ず行なっていたトレーニングです。

もともとこの手の体力はあり、得意ではあるのですが、久々に走るとさすがに途中から脚が動きづらくなります。

阿波おどりで筋肉痛になることはまずないので、久しぶりの感じ。

なんか懐かしく心地よさも感じます。

ハムストリングス(腿裏)と臀部に強く感じるので、走り方としてはよかったのだと思います。

腿の後ろはアクセル、腿の前はブレーキと言われますからね。

最近自分の中でもハムストリングスと臀部は旬なところです。
いい刺激になりました(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-09-23 23:00 | トレーナー | Comments(0)