伝説の名医

古代中国の伝説的な名医に「扁鵲(へんじゃく)」という人がいます。
f0356588_16313360.jpg

この鳥のような人のような、人と表していいのか迷うような存在です。

教科書にも出てきましたね、
「司馬遷」が書いた『史記』にも登場します。

なんでも若いときに隠者と知り合い、
10年した後に医術の秘法書と秘薬を授かり、
秘薬を飲んだ後に塀の向こう側の人が透視できるようになり、
病人を診ると一目で内臓の病変がわかるようになったのだとか。

まあ、いわゆる伝説です。

『史記』によると、
紀元前五世紀の前後数百年を生き続けた人になっていますが、
何代にもわたり中国の大地を遍歴し、
医療活動を行った医師団のことではないかと考えられています。
それらの業績を
理想的医師像として現したものが「扁鵲」だと。

その中で
そんな伝説の名医、扁鵲でも治せないものとして六つあげています。

①驕り高ぶって道理をわきまえない人
②身体を粗末にして財産を重んじる人
③衣食の節度の保てない人
④陰陽ともに病み、内臓の気が乱れきった人
⑤痩せ衰えて薬が服用できない人
⑥巫を信じて医を信じない人

注目すべきは
やはり名医であっても、患者さんの病だけをひたすら診て、どんな病でも治してしまうわけではなく、
治せない患者さんの心構えに言及しているところですね。

当たり前のことですが、どんな人、どんな状態でも治せるわけではありません。

『史記』の中でも
扁鵲が斉の国に行ったとき、王様を一見して病気があることをさとり、治療の必要があることを訴えたところ、
診療費欲しさに嘘を言っていると思われてしまう場面があります。
王は治療を拒み、逆に腹を立てたりするわけですが、
のちに王の病気が表に露見したときは時、既に遅く、死んでしまうことになります。

扁鵲のプレゼンテーション能力不足の可能性も考えられないこともないですが、王様ですから大きな心で接するべきでしょうね。

僕はまだまだ名医ではないですから、
患者さんの心構えや④や⑤のように死に行く病だけでなく、
自分自身が原因のことにも気をつけなければならないと思っています。

いろいろと自分を高めていくしかありません。




当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2014-08-30 19:00 | 東洋医学 | Comments(0)

身体を栄養する「気」

四つの「気」の種類の最後
今日は「営気」について。

これも「水穀の精微」からできるわけですが、「血」とともに脈中を運行する「気」です。
血液とイコールではないのですが、ここではほぼ同じと考えてもらって構いません。
「血」についてはまた別に書いていきたいと思います。

「営気」と「血」は区別はできますが、切り離すことはできないので、「営血」と呼ばれることもあります。全身の臓腑経絡を栄養して生理活動を推進する働きをしております。栄養分が多い「気」です。

脈外を運行する「衛気」と相対させると、活動力が強く動きが速い「衛気」は陽に属し衛陽、「営気」はそれに対して動きが遅く、陰に属し営陰と呼ばれます。
この陰陽関係というのも東洋医学を理解する上ではとても重要です。

陽がよくて陰がよくないというイメージをもっている人もいるようですが、そういうことではありません。両方必要なものですし、ただふたつにわけるだけの単純なものではないのです。

根幹をなすものですね。治療においても、陰陽がわからないと治療は成り立ちません。
鍼灸医学のバイブルである【黄帝内経素問】の中の「陰陽応象大論篇」というところにこう書いてあります。
「陰陽者、天地之道也、万物之綱紀、変化之父母、生殺之本始、神明之府也。治病必求於本。」
(陰陽は宇宙の普遍的な法則であり、一切の事物の大綱であり、万物の変化の始源であり、生長、壊滅の基礎である。大いなる道理は陰陽の中に存在している。疾病を治療するには必ず病の変化の根本を追究すべきであり、そしてその道理は『陰陽』の二字から離れないのである。)

おいおい説明していきましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2014-08-29 20:30 | Comments(0)

身を衛る「気」

以前書いた「気」の種類から今日は「衛気」について。

汗をうまくかくの回でも触れましたが、生体には全身をおおっているバリヤーみたいなものがあります。外からの邪気の侵入を防衛しているわけです。

これが「衛気」です。

もととなるのは飲食から作られた「水穀の精微」です。
また、肌肉、皮毛を温めることと、
汗が出る孔を閉じたり開いたりして、汗を排泄し、
体温の恒常性を維持することもしています。

子どもへの治療では、
特にこの「衛気」にアプローチすることが多いです。

子どもは敏感です。
くすぐろうとすると、くすぐる前から笑ってたりしませんか?
あれは実際に感じているんですよね。
体表から数センチ離れたところで感じるわけです。
ですから、
刺さないで翳したりしているときはこの「衛気」にアプローチしています。

また、活動しているときは外を巡っていますが、
寝ているときは内を巡るので、バリヤーの機能は低下します。
そのため、寝るときは布団をかぶるようにするわけです。
暑いときでも薄いものを一枚掛けた方がいいです。

突然涼しくなりましたからね。
寝るときは窓の開閉や、着るものなど気をつけてください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2014-08-28 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

流行り

今日はつぶやき。

自分の身体の中で、
ここをこうしたい、もっとこういう動きができたらというのは常にあります。
そしてそのときどきで
自分にとっての流行りというものが存在します。

流行りと言っても、何も一過性というわけではありません。
そのとき自分がより気になっているものですね。

今の流行りのひとつは
足の小趾側の一帯から側面のあたり、いわゆるアウトエッジというあたりの扱い。

この部分の右足側がうまく使えていなく、それを改善することを楽しんでいます。
スポーツ選手にとっては特に大事ですね。
ここがうまく使えていると動ける範囲が格段に変わります。
オフバランスからの立て直しもしやすくなるので、横の揺さぶりに強くなります。

経絡でいうと
胆経という身体の側面を頭から足まで流れるところになりますが、
これをどこまで深く理解し、感じられるかで、
問題に対してアプローチできるレベルも変わってきます。

自分自身に対しては鍼ですぐに対処しません。
じっくり理解を深められるようにその部位との「対話」を楽しみます。
そうすることで患者さんに対して、養生としてはこうした方がいいという考えが出てくるのです。

サッカーブラジル代表のネイマール。

彼のアウトエッジの使い方はすごいですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2014-08-27 23:30 | 徒然に | Comments(0)

髪は女の命ともいふ

「髪」
東洋医学では「血」の余りと考えられ、臓腑では「腎」と関わりが深く、
また「血」ということから「肝」の状態が反映されるところであります。

「髪」に関してさらに書きたいことはあるのですが、今日は別の方面から。

髪の長さが第六感に影響を与えるということです。
なかなか興味深い話です。

髪の毛というとゲゲゲの鬼太郎でも妖気を感じると髪の毛がピンと立つ反応をしましたね。

赤ちゃんでも髪の毛が逆立っている子を見かけることがあります。
僕の妹が産まれたとき逆立っていたのを、3歳4ヶ月しか違いませんが記憶に残っています。
これは昂っている子によく見られます。

髪自体がセンサーの役割をしているというのはわかるのですが、
それには長さが影響するということです。
インディアンが長髪なのにも理由があるようです。

そう言われると女性の方が敏感で男性の方が鈍いというのも頷けます。
お坊さんも余計なものを取り払うために剃髪をするわけですね。

僕の師匠も昔から長髪です。

以前僕も長くしようと試みたことがあるのですが、鬱陶しいので断念しました。

感覚の違いが出るか試しに再度伸ばすことに挑戦してみましょうかね。
あるひとつの情報から断定するのはよくないと思うので。

身を守るためだけなら、ある一定以上は伸びなくてもいいわけですよね。
睫毛や眉毛や鼻毛のように。
でも、髪は伸びるわけです。
伸びることの意味があるというように考えてもおもしろいと思います。




当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2014-08-26 23:30 | 徒然に | Comments(0)

ある種の深呼吸

昨日小学生の長男にこう言われました。
「タバコって何かいいことあるの?」

吸わない僕からすると何もないよと言いたいところなのですが、知人友人に愛煙家もいるため、全てを否定したくなかったので、
「ストレス解消になる人もいるみたいだね。」
と返しました。

すると
「俺も将来絶対吸わないけど、格好よく感じるんだよね。だから、シガレット(お菓子)で真似だけするよ。」
とのこと。

気持ちはわかりますね。最近ではテレビで喫煙しているシーンを流すことは減ったと思うのですが、僕が子どものころは格好いい俳優がタバコを吸うシーンがよく映像で流れました。
ちょっと格好いいと思うんですよね。
大人への憧れもあるのでしょう。

ただ僕の場合は、それ以上に臭いが嫌でした。友達の家に行くとタバコの臭いがするのを不快に感じてました。大人になってから吸わなかったのも、健康のためという意識はこれっぽっちもなかったですね。ただただ自分にとっては不快な存在だっただからにつきます。

今はタバコも値上がりしたために、禁煙する人が増えましたよね。
以前勤めていた「荻窪接骨院・治療室」でも当初吸っていた人の半分以上がタバコをやめました。
値上がりしたためという人もいれば、健康のためという人もいます。

しかし、愛煙家の人の中には、吸ってたって吸わなくたって死ぬときは死ぬよ。という考えの人もいます。人に迷惑をかけなければ、これはこれでいいと思います。
実際タバコを吸っていても長生きする人もいるわけです。

はじめに書いた、ストレス解消になっているのですよね。ある種の深呼吸をしながら。
吸わないことでイライラしてストレスを溜め込むようなら、吸って解消するのもありです。
ストレスからくる病はかなり多いですから。

でも理想はもちろんタバコを吸わずにストレスを解消できた方がいいんですよ。
タバコじゃない方法で深呼吸をする方が断然いいです。
自然界の「清気」を吸って「宗気」を作り出すわけですからね。タバコを通したものは「清気」とはとても呼べないですよね。

ストレスに対する耐性をつけるとでもいいましょうか。
今まではタバコを吸わないと解消できなかったものが、吸わなくても気にならない状態にするのが理想でしょう。
鍼でストレスが原因のものにアプローチするというのはそういうことです。

身体が心身ともにゆとりをもてる状態にする。
その状態はとても気持ちのいいものですよ。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2014-08-25 23:30 | 徒然に | Comments(0)

石の上にも三年

踊ってきました!高円寺阿波おどり!

何人かの患者さんとも会うことができました。
忙しい中そのために時間を割いていただきありがとうございました!

以前は知らせることはしませんでした。
なぜかというと、見せられるレベルではなかったからです。
あの人混みの中わざわざ訪れて、見たものが残念なものだとお互いに不幸ですよね。
身内や友達ならいいですが、患者さんは。。。

まぁ今は個人的にも連としてもよいものが見せられると思えるので、知らせたりします。
目的はなにもファンになってもらいたいわけではなく、阿波おどりというものをしっかりと知ってもらい、好きになってもらいたいからです。

はじめて生で見ると
「イメージと違いますね」
と言ってくる人が多いです。

生演奏がまたいい。
その日からしばらく阿波おどりの音が頭から離れないかもしれません。

まだ見たことのない人はぜひ見てみて下さい。
僕が所属している「浅草雷連」ではなくてもよいですが、何でもいいわけではありません。
鍼灸院が何でもいいわけではないのと同じです。

徳島や高円寺ですと、それぞれの大きな催しが終わると、それ以降を次のシーズンということになるようですが、我々「浅草雷連」は違います。高円寺は大きなイベントですが、シーズンは続きます。
9月も出演があります。
ありがたいことです。はじめての場所ですし、楽しみです。

さあ明日からまた臨床です。
ブログもまた東洋医学のことを中心に書いていきたいと思います。




当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2014-08-24 23:30 | Comments(0)

浅草と高円寺

今日は大きなイベントが行われていました。
【伝統鍼灸かみなり】の目の前の通りでは「浅草サンバカーニバル」
高円寺では「高円寺阿波おどり」

ともに一日の観客は50万人ほどになるようですね。

高円寺は明日もあり、合計すると約100万人!
歩道が一方通行になりますからね。
本当にすごい人です。

しかし、今日久しぶりにサンバを見ましたが、これはこれで華やかで楽しそうです。
ディズニーランドのパレードとはいきませんが、それぞれのチームごとに大きな山車が出ていて、山車の装飾も見事ですし、衣装もそれぞれに個性があって、チームの中でも色々な衣装があります。
音響装置もありますから、診療中は普段かけている音楽はとてもかけられる状況ではありません。
パレードが行われる午後の診療時間中はサンバの音楽のもとで治療していました(笑)

治療に集中できない状況なら来年からは休診にしようと思っていましたが、なんとか大丈夫な感じですね。避けた方がよい患者さんもおりますが。

明日、僕はもちろん「浅草雷連」として高円寺で踊ります。
沿道に人がたくさんいるというのは、踊り手、鳴り物にとって本当にありがたいことです。
踊る阿呆がいないとはじまりませんが、見る阿呆もいないと成り立ちません。
それにより最高の場が出来上がります。

見ることが上手な人は自ら楽しもうとしますよね。
これは治療にも通じるものがあります。
自ら治ろうとする人は、とても治りやすい。

「先生にすべてお任せします」
という人はあまり養生をしなかったりもします。

また、人を試すような人も治りにくいですね。
どんな人にも治せないということを誇りに思う人もいます。

これは何も患者さんだけの責任ではありません。
術者もその思いに気付いて対処する必要があります。
ただ鍼を刺せばいいというものではありません。
一言一言、一挙手一投足が大事になります。

「気」の交流です。

患者と観客と。

明日も楽しみです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2014-08-23 23:30 | 徒然に | Comments(0)

フェイスブックにもあげていましたが、
21日、22日と一泊二日の日光鬼怒川旅行に行ってきました。

そして僕にとっては小学校六年生以来の日光東照宮。

まず東照宮に朝の9時過ぎには入場したのですが、五重塔の心棒特別拝観もふくめ、ゆっくりじっくりまわり、
そこから二荒山神社、輪王寺の大猷院と巡って遅い昼食をとり、
さらに輪王寺の三仏堂、護摩堂、そして少しく離れた瀧尾神社、と
全て堪能したときは16時半近くになっていました。


僕自身の小学六年生のときの記憶は曖昧ですが、ここまでしっかりまわっていないのは確かです。



もったいないですよね。


何も小学生が一日費やす必要はないとは思うのですが、
世界遺産認定までうけた、この日光東照宮一帯がどういうところかという認識はもって旅を終えるべきだと思います。


僕の小学六年生時代の自分の中にはそういう認識は全く残っておりませんでした。

一応、これでも僕は勉強はできる方で、しかも歴史好きの僕でさえも、
「見ざる、言わざる、聞かざる」の場所という程度の認識(苦笑)

たぶん、他の級友達の多くも、この場所についてきちんと理解していなかったんじゃないかと思います。



歴史認識はもちろん、細部に至るまでの彫刻、建具が漆塗りということや、金の使われ方、
よくよく見れば、たとえ対象が小学生であっても説明するところや興味もたせるところは満載です。

確かに、いろいろな知識を得て、人生経験も積んで大人になってから、しっかりと真の意味で興味を持つことは、こういう歴史的遺産に関しては多いですけどね。


でも、だからといって、こどもが知らなくていいわけではありません。
日本国民の子どもとして、日本の歴史にこうもしっかりと残る、何千何万もの人の手をかけ、数百年の木々と日本の自然の恵と金銀財宝でつくられた崇高な遺物、それが誕生した背景、それが存続する背景、存在し続けてきた歴史、存続させる未来への道、意味を、みな、心と身体で感じたほうがいい。


おそらく、それができている学校、事前に興味を持たせるように教えている先生もおられるのでしょうね。
未来の日本を背負ってたつ子ども達を育む多くの学校がそうであることを望みます。



個人的に今回、とくに印象に残っているのは東照宮の場の雰囲気と、大猷院の本殿の厳かな感じです。
東照宮は、歩いていて、また来たいなと、ふと、しかし強くそう思いました。『場』がいいです。

大猷院を訪れたのは、おそらくはじめてだと思うのですが、正直、訪れるまで、狩野探幽の画があることも知りませんでした。
家康よりひかえめに造るようにと家光は書いていたようですが、白と金、極彩色の東照宮に対して、孫の家光の霊廟は極彩色の飾り彫りもありますが、基盤は黒い漆塗り。それが深みを作り出していたと思います。

良い『気』を得ることができました!
明日からさらに充実した『気』、元気、出していこうと思います!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2014-08-22 23:00 | 徒然に | Comments(0)

幸せいっぱい胸いっぱい

昨日に引き続き「気」でいこうと思います。
今日は「宗気」について。

昨日の「元気」においてもそうですが、「気」が生成されるもとは3つしかありません。
「後天の精気(水穀の精微)」「先天の精気」「自然界の清気」です。
当たり前と言えば当たり前です。
身体を作っているのは、もとからもっているものと、後から得られるもの。
その後から得られるものは、飲食することによって得られるものと、呼吸によって得られるものだけですよね。

その中で「自然界の清気」が大きく関わるのは、この「宗気」だけです。
入った飲食物が「脾」と「胃」によって消化吸収され、水穀の精微となったものを「脾」の上に上げる力(昇清)によって「肺」に上げ、そこで「肺」が吸入した「自然界の清気」と合わさって生成された「気」のことを「宗気」と言います。

そこから全身に行き渡るので、先では様々な名称の「気」になるわけです。

胸中にある「気」ですから、「肺」や「心」と密接に関わります。
呼吸運動によって得られる「気」ですから、呼吸との関わりはもちろん、発声とも関わります。声が大きい人は元気ですよね。

また、「心」は血脈を主る。このことはそのうち詳しく述べますが、「心」は「血」を全身に送り出す役割をしているので、その力となる「心」の気の源は胸中にある「宗気」ですから、気血の運行は「宗気」と関連が深いわけです。

言うなれば呼吸が全身に影響を及ぼすということですね。
前にも言いましたが、とても大事です、呼吸。

僕はよく呼吸で遊びます。
楽しいですよ(^_^)v


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2014-08-20 21:30 | 東洋医学 | Comments(0)