<   2015年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

わんぱく相撲

昨日小学生による相撲の大会「わんぱく相撲」の台東区予選がありました。

僕も小学生の頃出場しました(^ ^)

相撲好きだったんです。
小学生の頃よくテレビで見ていました。
『若嶋津』が好きだったんですけど、知らないですよね(笑)

今子どもたちが遊びで相撲をやることはあまりないような気がします。

相撲によって学べることはいろいろあると思うんですけどね。作法もそうだけど、自分の身体の使い方とか。

相手がいて自分の身体を使うって、思い通りにいかないものです。
でも、やり方を工夫すると、思い通りにできたりします。しかし、強い相手にはうまくいかない。

よく言うコーディネーション能力もかなり培われると思います。

でも一番大事なことは一対一の真剣勝負だということ。

うれしさ、悔しさ、自分がそれを経験するから、相手への思いやりも生まれるのだと思います。

そして強そうな相手にも立ち向かう勇気
f0356588_20112072.jpg
子どもは相撲した方がいい^_^


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-04-30 20:30 | 徒然に | Comments(0)

今日のお昼、浅草の名店「尾張屋」という蕎麦屋さんに行ってきました。

いつか行こうと思っていて、行ってなかったお店です。

「天せいろ」は車海老。
食べ応えのある海老です。
f0356588_19445862.jpg
それと茶そばを分けて食べるために頼みましたが、少し満たされない感じだったので、「ざるそば」を追加でいただくことに(^^;;
f0356588_19474417.jpg
出てきたものを見て驚いたのは、うずらの卵がついていること!!

普通ですか?

僕ははじめての体験でしたが、妻には

「知らないの?」

と言われたけど、後から調べると関西ではよくあるのだとか。

食べてみると、はじめに蕎麦の味も味わっているので、この食べ方は違ったそばを楽しめますね(^ ^)
おいしいです!

蕎麦本来の香りを楽しめないとか、邪道だという意見もあるようですが、これもいいのではないかと。

まぁそこではそれを推奨しているわけですからね。

味わったことのない人は、機会があったらぜひ(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-04-28 20:30 | 徒然に | Comments(0)

昨日はお茶の水女子大にて鍼の勉強会がありました。

何度も言っていますが、阿波おどりをやっても、サッカーのコーチをやっても、フットサルをやっても、波乗りをしても(最近やれてないけど、、、)、僕のメインはもちろん鍼であります。

関東支部でやる講義が基礎を重視した講義であれ、学ぶものは無数にあります。

昨日の講義は川田浩之先生の「腹診の基礎知識」、後藤りゅう先生の「舌診」、竹下有先生の「気の思想・陰陽について」

人柄や、普段の臨床、何をどう考えているか、いろいろでますね。

これらの講義は本部である関西でも同様にあるのですが、やはり講師が違うと、まるで違うものとなって伝わります。

まあ今回僕は関西でのものを聞いたわけではありませんが、今までの経験から(^^;;

来月は僕もひとつ講義させていただきます。
「背候診、原穴診、井穴診の基礎知識」

僕なりの味付けをしたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-04-27 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

いろんなところで感じることではあります。

人のいいところは素直に取り入れる。
人の悪いところはただ批判をするではなく、自分に置き換えて考えてみる。

徳島で先日行われた阿波おどりの映像を見て、その人の素晴らしさ、
自分の至らなさに気づく。

自分が足を運んでもいない遠く離れた地の映像を、すぐに見ることができる今の情報化社会のよい面に感謝。

まだまだ学ぶことはいくらでもある。
何事においても。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-04-25 19:00 | 徒然に | Comments(0)

身体の上部が実していて、下部が虚している状態を、上実下虚といいます。

もちろんいい状態ではありません。

またデスクワークで動かないことが多い現代人は、こういった傾向になりやすい。



今日、最近いろいろがんばって、上実下虚の状態の方に、頭にある「百会(ひゃくえ)」というツボに鍼をしました。

10分ちょっと経ったくらいで、お尻の辺りに充実した感じが出てきたとのこと。

上部にある余計な緊張が抜けて、下部が充実してくる。

いい反応です(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-04-24 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

にわか医者

現代は様々な情報が溢れています。

自分が病気になり、それはどんな病名なんだろうとインターネットで調べると、
あらゆる情報が手に入ります。

また健康に関するテレビや雑誌も多いです。

そのため、体調を崩しでもすると、にわか医者とでも言うようなまわりの人からありとあらゆることを言われますよね。
でも的外れなことも多いです。
その人のためを思ってのことでしょうが、一つの考えが全部に通じるわけではありませんし、原因が全部同じということもありません。

同じ病気でも原因が違うこともありますし、違う病気でも原因が同じことがあります。
だから、「親が◯◯なんですけど、何が原因ですか?」
と聞かれても、正直正確なことは言えません。

本人であれば言えますけどね。
いない人について聞かれても、これもあれば、あれもあるので、一度診てみないと何とも言えない。

テレビみたいに、それはこれが原因だ!としてしまった方がウケはいいんでしょうね。

僕は正直者だからそれができない(^^;;

とりあえず地道に発信し続けていきます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png



[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-04-23 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

脈を診る

初診時に限らず診察のときには必ず脈を診ます。

「早いですか?」

と聞いてくる方もおりますが、早い遅いだけを診ているわけではありません。

脈が流れている状態から身体の状態を診ているわけです。

わかりやすい脈の場合、患者さん自身にも確認してもらいます。
ただこちらが脈が良くなったといっても、実感わかないですからね。

共有できるものはして、自分の身体に関心を持ってもらうことが重要だと思います。

先日の患者さんは右側が弦のように筋張った脈でした。
左はそうではない。

一本鍼を入れ、しばらくしてから抜いて診てもらうと、太さが出て緩やかな感じに。

本人も違いを実感。

身体が緊張状態になっているので、治療してそれが緩めば、身体もそういう反応を示すわけです。

活き活きとしているというのは、柔らかいということ。

大事なことです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-04-22 20:30 | 初診 | Comments(0)

裏井穴(うらせいけつ)

「井穴(せいけつ)」とよばれるツボがあります。

手足の経絡全てに存在し対になっているので、手足の十二経絡✖️2ということで24あるわけです。

ほぼ手足の末端にあり、熱を漏らすために使うことが多いツボです。
子どもが熱を出したりしたときにもよく使います。

その「裏」とよばれるツボ。
常用経穴にはないのですが、臨床上反応としてあることから、僕が所属する鍼灸学術団体では名前が付けられています。

しかし、足の「裏井穴」を使うことはあったのですが、手の「裏井穴」を使うことはありませんでした。
そして僕の記憶では、師匠はあまり足ほど手に関しては言ってなかったように思っていました。

最近手のそのあたりの反応を探していて、気になる反応を見つけたので、
自分の中では新発見になっていたのですが、よく本を見るとしっかり記載されておりました(^^;;

「裏少衝(うらしょうしょう)」

でもこれがそうだと言われるのと、自分で探し出したものは、意味合いが違いますからね。
「後渓(こうけい)」という重要なツボのひろがりの反応として表れている感じもするので、ちょっと注目していこうと思いました。

なんか備忘録的になってしまいましたね。

一応「裏井穴」の話でした。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-04-21 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

ED〜男性カルテから〜

初診時に女性の生理や出産について書いてもらう「女性カルテ」があるのと同じように、男性特有の生理現象について書いてもらう「男性カルテ」というものがあります。

もちろんこれは目的があって聞いているわけです。

メインは「腎の臓」の問題。

東洋医学における腎というものは、西洋医学における腎臓とは表しているものが異なります。

ここでは主に元気、身体のエネルギー、をみています。

腎には両親から受けた「先天の精」があり、それを飲食物による「後天の精」によって養っていきます。
それを「腎精」と言いますが、これにより、生殖能力をもつ「天癸(てんき)」が産生され射精が可能になるため、その状況により「腎の臓」を伺うことになるのです。

カルテを書いていただくと、この男性生理に関して問題を抱えている方が多いことに気がつきます。

主訴としてそれを言ってなくても、問題としては持っている方。
そしてそれを解決したいと思っている方もいれば、そうでない方も。

もともと違う主訴で来られた方にとって、このようなカルテが言い出すきっかけになっていることはいいことだと思います。
眉をひそめる方もいますけどね。

EDも鍼で対応可能です。
お困りの方は遠慮なくご相談下さい。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-04-20 20:30 | 初診 | Comments(0)

新古代鍼

f0356588_15373765.jpg
久しぶりに新しい鍼を購入しました。

3〜4年振りかも。

道具には愛着があるので、今使っているものをやめるわけではありません。

「古代鍼(こだいしん)」

師匠はそのように命名しています。
遺跡の中から見つかった昔の鍼をヒントに作った鍼。
これはステンレスと真鍮です。

身体の中には刺し入れません。
翳す。当てる。

ふだん金と銀を使っていますが、最近、師匠がステンレスの古代鍼を使い、それがすこぶるよいとのこと。

まずは試してみないとわからないですからね。
使ってみて気づくことがあり、早速課題ができました。

子どもにとってのおもちゃのような、ちょっとそんな感じもあります。わくわくする(^ ^)

大事な相棒にしたいと思います。

当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-04-18 19:00 | 鍼の修行 | Comments(0)