いよいよ師走!

いよいよ明日から師走ですね。

なにかしなければならないことが多い気がするこの時季。

あれもこれもまだ終わってないと思いながら、時は素早く過ぎていきますよね。

わざわざ寒くなる年末じゃなく、早いうちに大掃除を済ませようと思っていたけど、結局12月になるし、年賀状の準備も早めにできたはずだけど、何も手つかず。

まぁそんなもんですかね。

そんな追われる日々を楽しみながら師走を走り抜けたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-30 23:45 | 徒然に | Comments(0)

浅草酉の市

今日は酉の市の三の酉!

ということで例年通り参拝、熊手を買いに行ってきました。
f0356588_09265960.jpeg
仕事上、商売ではあっても商売っ気があるべきものではない。だからといって人がこないと成り立ちません。

【伝統鍼灸かみなり」に飾るというのはちょっと違う気がするので、自宅に飾ってあります。
f0356588_09300769.jpeg
威勢良く手締めをしてもらい、また一年やっていこうと、帯を締め直す一時でもあります。

そんな酉の市はなんとなく寒い方が雰囲気が出ます。
いい日でした。

当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-29 23:50 | 徒然に | Comments(0)

縁を大事に

最近初診の方がよくいらしてくれます。
ありがたいことです。

ネットでの予約は行ってないので、はじめは電話で話すことになるのですが、中にはその段階でうちの治療は向かないなと思う方もいます。

きていただけるなら選ばないというスタンスはありだと思いますし、否定はしませんが、お互いに不幸になると思うので、僕はそうしません。

拒むわけではありませんが、こちらのスタンスを話して相手に判断を任せます。
「ちょちょっと鍼して楽にして」
ということを望んでいる方はそのニーズに応えてくれるところがあるわけです。

縁はもちろん大事にしますが、縁を感じない場合もあるということです。

今日こられた初診の方は当院の近くの治療院に予約をしようとしたところ、3回連続で断られたので、そこではないと思い、うちに電話をしてきました。

希望の時間にはお応えできませんでしたが、うちに縁を感じていただきいらっしゃることになったわけです。

僕は自分自身のことを良縁に恵まれていると思います。
友達に恵まれたこと、前の職場で働いたこと、鍼の師匠に出会えたこと、よき家族をつくれていること、阿波おどりの仲間に出会えたこと。

合う、合わないは必ずあります。
無理に繋ぐ必要はない。
自然体で縁を大事にしていきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-27 23:45 | 徒然に | Comments(0)

歴史の真実性

中学生の頃か小6の頃か、ふと思ったことがあります。

「歴史の教科書に書かれてあることはどうして本当だと言えるのか?」

誰も見たわけではないし、映像が残っているわけでもない。

本当らしく辻褄を合わせたら、当時を生きている人だって信じてしまうことでしょう。
今みたいにマスメディアが発達しているわけではないですからね。

大河ドラマや小説でで取り上げられると、それが真実に思われてしまうことも多々あります。

日常生活でだって兄弟喧嘩の話を聞いたら、それぞれの立場で言うことは食い違います。反論する人がこの世にいない状況になると正否を証明することは不可能です。

「本能寺の変 431年目の真実」(明智憲三郎)

いつか読もうと思っていてようやく購入しました。

明智光秀が織田信長に謀反を企てたと教えられる史実。
実はそれはでっち上げられたものだということ。
歴史の教科書の解釈が変わるときがくるのでしょうか。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-26 20:30 | 徒然に | Comments(0)

丁寧な講義

昨日鍼の勉強会の副代表講演の事について書きました。

もちろんこの日は副代表講演だけではないわけで、他の先生による講義もあったわけです。

午前中は佐藤達也先生による臓腑経絡学の講義。

鍼灸師にとっての生理&解剖学のようなもの。
これを理解せずして鍼をするなんてありえない、というものです。

非常に丁寧な講義をされていました。

これは僕は自分自身学ぶべきことだと思います。

講義する内容をしっかり事前に読み原稿として準備していたのですが、これは今までしたことないんですよね(^^;;

パワーポイントでスライドを用意して、おおまかな流れを作って、あとはこんな感じでやるかなという具合で、綿密に組み立てることはしていません。

大学時代の教育実習のときも似たような感じでしたね。

それでできてしまっていたからよくない気がします。

読みながら同じように進めなくてもいいけど、このぐらいの文章量ならこのぐらいの時間かかるとか、この内容はここまでには終わらせないと、とかわかっておいた方がいいでしょうね。

一度それをしっかりやれば、時間を今より自在に使えるように思います。

来月は僕の講義もあるので、しっかり準備します。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-25 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

昨日のブログと前後しますが、22日の日曜日は大森の衛生学園で鍼の勉強会が行われました。

今回は僕が最も直にお世話になっている、会の副代表である藤本新風先生が大阪からきて講演、刺鍼の披露をしていただきました。

「如何に刺すか」

前にも書いたことがあると思いますが、鍼を刺すというのは単純なものではありません。異なる人が同じ相手に同じ場所に鍼をしたからといっても、同様に効くとは限りません。

痛くなく刺すだけなら、器用な子どもでも可能です。

何が違うか。

いろいろ違います(笑)

診ているもの、診えているもの、診ようとしているもの。
とらえているもの、動かしているもの、意図しているもの。

素晴らしい刺鍼をみるのは非常に勉強になります。

それはただそこに驚嘆するのではなく、自分がどこまで「みえる」ようになったか確認する場でもあります。

終わった後の懇親会でもありがたく「おみやげ」をいただき、学ぶべきものが多い貴重な日を過ごすことができました。

まだまだレベルアップしますよ〜!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-24 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

本日は阿波おどりの連員の息子さんの結婚披露宴への出演依頼を受け演舞してきました。

もちろん午前中サッカーの予定として練習試合もありましたが。

依頼があって阿波おどりを結婚披露宴で踊るというのは珍しいことではありません。オーソドックスなところでは、連員の結婚式での余興のひとつですね。

当事者にとっては一世一代のイベント。屋外ではないため、こちらの人数も規模に合わせて縮小しますが、メンバーは選抜メンバー。
いいものを演じたいという思いはより強いです。

阿波おどりでは高張り提灯という、連の名前の入った提灯を掲げる役割がいます。先頭になって連を引っ張るみんなの注目をまず浴びる顔ですね。

今日はうちの長男がはじめてそれを担いました。
サッカーの大事な試合、学校行事での司会や、わんぱく相撲での一対一の勝負など、緊張する場面はいろいろと経験していますが、今回は格別に緊張したようです。

普段自分がしていないもの、担っていないものを行うのはシチュエーションによってかなりの緊張感を生むと思います。

大事なことと認識したんでしょうね。

緊張というのは悪い側面もありますが、必要な緊張もあります。気持ちを張るという行為というのは、生きる張りをつくります。
張りっぱなしはもちろんよくないけど、こういう張りが人を成長させると思います。

出演としては10分足らず。
でもいい経験をしたと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-23 23:40 | 備忘録 | Comments(0)

仕事後にフットサル

今日は診療後フットサルに。

勉強会もあったのですが、人数的に参加が求められていたのがフットサル。

毎回やる度に次はもっと動けるようにしとかないとって思うんですけどね。

次やるのが2ヶ月後だったりするので、2ヶ月後に同じことを思うことの繰り返しです。

トレーニングで改善することももちろん可能ですが、その競技を日常的にやる方がやはりトレーニングになると思います。

ひとりでダッシュを繰り返すとかなかなかしづらいですよね。おもしろくないし。

身体の新たな気づきというより、できてた動きを取り戻すためのトレーニングって少しモチベーションが下がります。

ならば発想を変えて、違う動かし方によって、できることを増やすようにしてみようかな。

筋力的には圧倒的に落ちてる中で、動きをよくしていく。

なかなか魅力的です。

なのですが、それ以前にそこだけでは改善できないことも感じています。

やっぱり全力疾走をもっと普段しなければ!

現在ベースが低いことを感じました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-21 23:45 | 徒然に | Comments(0)

篠笛をはじめて1年くらい経つでしょうか?

月によってやったりやらなかったりなので、継続的にできてはいませんが、ようやく曲にチャレンジします。

遅い方だと思いますよ。
楽器のセンスはないなぁと感じます。

でも、できないことがあるというのが、やはりいい刺激になります。
できないことから避けても過ごせる中で、あえてできないことに挑戦する。

まぁ僕の場合、笛を吹くこと、息を使うことによる、身体の感覚の新たな発見という楽しみが別にあるので、挑戦なんていう立派なものではないんですがね。

思うように指が動かなかったり、意識が指に行き過ぎると、息が疎かになったり。
身体感覚どころじゃないときもあります。

でもそれを乗り越えたとき、違う感覚が得られるでしょうね。

ちなみに中学、高校時代によく聞いた尾崎豊の曲を選んでいます。

非常に楽しみです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-20 20:30 | 徒然に | Comments(0)

子どもは正直??

赤ちゃんからお年寄りまで診ます。
鍼灸は子どもにはできないと思っている方もいるようですが、もちろんそんなことはありません。

小児ばり、小児鍼(しょうにしん)ということばもあるぐらい、ごく普通のことです。

もちろん大人と同じ鍼をするわけではないですし、大人にだって子どもと同じ鍼をすることもあります。

親から離れることを嫌がる子もいます。
その子にはそのまま抱っこされた状態で施術を行います。

また、はじめ不安で泣いていたのが、受け入れるようにもなってきます。
子どもとの信頼関係ですね。

現在喘息の治療にきてる1歳半くらいの子。
はじめ2回くらいは泣いていたのが、今は普通にベッドに寝っ転がります。
そしておとなしく治療を受けます。

気になる反応があったので、そこが改善されるとよくなることを教え、連れてきてた父親に触ってもらいました。

しかし、、、

子どもはその手を払いのけました(^^;;

すでにわかっております。
子どもは正直です。

父親としては複雑でしょうがね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!

伝統鍼灸かみなり
f0356588_16131425.png



[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-11-19 20:30 | 徒然に | Comments(0)