人気ブログランキング |

先生みたい??

以前ちらっと告知しましたが、先週からドクター白衣を導入しています。

長袖の裾が長過ぎない白衣。
この季節半袖より落ち着く感じはありますね。

まぁそれよりも患者さんの反応が違いますね。

「白衣かえたんですね?」
気づいても言う人と言わない人がいますよね。

「あれ?先生白衣着てる!」
そんな反応をする方もいました(^^;;
今までも着てるし(笑)

「なんか先生っぽい!」
えっ?今までは何?(笑)

でもやはりドクター白衣というわけで、病院に行ったことのある人は、この白衣に「先生」を感じるんですよね。

僕が鍼灸師としてやっていることは、東洋医学としての医師なので、この方がいいのかなと思います。

歩き方とか、動きの見本を見せるときにはやりづらいですけどね。

しばらくこれでいくことにします^_^


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-12-07 23:55 | 徒然に | Comments(0)

営業電話のマナー

一時期と比べると減りましたが、たまにかかってきます、営業の電話。

以前ブログで基本的に受けるようにしていると書いて、その後、それはやめて電話の対応によって決めている、と書いた気がします。(たぶん、、、)

営業をやったことのない人間が、マナーなんて偉そうに言えるものではないのですが、受ける側から気になったことを書きたいと思います。

①相手より自分になっている
②マニュアルの遂行になっている
③HPを見たと言っているのに、理解していない

①相手より自分になっている
相手の立場や状況を考えずに話す人がいます。
まさに今日かかってきた電話なのですが、13時過ぎに郵便局にいるときにかかってきました。転送していますからね。

名乗ってきて、お時間1〜2分程ありますか?というので、

僕「今郵便局にいるから無理です。」
営業「たったの1〜2分なのですが」
僕「いや後にして下さい。」
営業「何分後だったら大丈夫ですか?」
僕「5分後にお願いします。」

というやりとりなのですが、郵便局にいるという状況がどういうことなのか相手の身になって考えていないことに憤りを感じました。
有無を言わせず切ってもいいんですけどね。

郵便局で順番待ちをしているかもしれないとか、やりとりをしている最中かもしれないとか、想像働かすことはできると思うんですよね。

相手のことを思えるというのは大事だと思います。

②マニュアルの遂行になっている
相手と話すのではなく、まず決められたことを抑揚はあるんだけど、感情がこっちに向かないで話す人がいます。

また、ありきたりの営業トークといいましょうか
「よくある〇〇とか〇〇ということではなくて、、、」

このフレーズの方がよく聞くんです。
営業の人の9割くらいこのフレーズ言います。

マニュアルも大事だと思います。
でもそれをもとに自分のものを作り出してほしい。
そう望みます。

③HPを見たと言っているのに理解していない
「HPを見てとても素晴らしいと感じ、またブログもやられているので、当社のプランを気に入っていただけると思います。」

そう言ってくる方もいますが、その割に大して中身を見ていない人が多いです(๑•ૅㅁ•๑)
そうでない人ももちろんいます。

【伝統鍼灸かみなり】のHPはページ数は決して多くありません。

どんな人がどういうことをしているか。
これだけでも抑えておくべきかなと思います。

「院長先生のお名前は?」

こう言われるともういいかなと。

「〇〇院長いらっしゃいますか?」
こう言った方が絶対に好感度はいいですね。

仮にその他大勢のひとつであっても、それをさらけ出すのと、個別に考える姿勢を見せるのとでは雲泥の差。

その姿勢はその後に活きると思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-12-06 22:41 | 徒然に | Comments(0)

ワクワクし過ぎる

楽しみにしていた日の前の日にワクワクして眠れなくなる。

なんていう経験ありますか?

興奮して眠れなくなるっていう経験、僕は全くないんですよね。

うちの長男はこういう傾向あるんです。

土曜日が音楽会の保護者観覧日。
自分の学年の出番じゃないときは授業ということで、5時間しっかりとやってきたため、今日が振替休日でした。

友達と約束して朝から出かけて映画に行ったりして遊ぶという予定。
次男は妻の引率のもと、友達数人と室内の遊べる施設に。

次男はすんなり寝たのですが、僕が友達親子の治療を急遽頼まれ、その後話してから帰ってきたのが0時半くらい。まだ長男は起きてました。

眠るには「肝の臓」に血が戻っていくことが大事です。
興奮している。つまり心気、肝気が昂ぶっていると、血が戻っていきづらいのです。

鍼をして鎮める方向に持っていき、あとは放っておきました。
でも、こういうときって少しの睡眠でも大丈夫だったりします。
いい興奮ですからね。

だから早く寝なさいなんて言いません。
気づいたら寝てました。

起こさずに起きてきて、家から5分とかからないところに集合ということでしたが、興奮して待っていられず、集合時間より30分くらい前に家を出ていきました(笑)

楽しみなことがあっても、そうなったことはないので、素直でいいなぁと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-12-05 20:30 | 徒然に | Comments(0)

夜間尿

夜中に起きてオシッコに行きたくなる。

たまにこういうことあるかもしれません。
水分を摂りすぎたかな?などと思うこともあるでしょう。

でも毎日そんな状態が、一度でなく二度三度とあると、何かおかしいのかもと考えるでしょう。

そんなことも鍼で解決できます。

尿の問題だから膀胱が関わることは間違いないのですが、東洋医学的にはその開閉には「腎の臓」が大きく関与します。とりこまれた飲食が尿として排泄するには肺や脾、肝、三焦の関わりもあり、何が影響を及ぼしているか弁別する必要があります。

相対的なものであれ、腎の弱りが影響していることは少なからずあると思います。
それが本当に弱っているのか、肝が昂ぶっていて、腎がその影響を受けているのか。
ともなってでてきている問題はないのか。

弱っているといっても、わかりやすく弱っているとは限りません。
自覚的には元気、疲れも感じていなく、冷えを感じてもいない。
でも体表所見には腎の弱りがしっかりと感じられる。
そんなこともあります。

では何をあてにするか?

体表所見です。

腎のツボがしっかりと虚の反応を示していて、臍下丹田も力のない感じ。
膈兪中心に上背部には実の反応が出ていて、身体としては実だけど、症状の状態としては虚という方。

下腹部のペコっとしたところに鍼をしました。

夜中三回程起きると言っていましたが、この日は翌日朝まで起きずに眠れたとのこと。

うれしい報告を聞けました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-12-03 19:30 | いわゆる… | Comments(0)

感覚のズレ

自分の立っている状態が前のめりになっていないか、後ろに反っていないか、横に傾いていないか。

これ正確にわかります?

自分の感覚が自分の思っている感覚と一致するというのは簡単なようで難しいです。

僕も人より優れているとは思いますが、正確に一致できているかというと、そこまでの自信はありません。
特に座って証明写真のようなものを撮るとき、顔の向きを直されることがよくありました。

立っている方が自信ありますね。

とある患者さんは、立っている姿勢がやけに反っています。
かなり背中を固めてがんばっている状態。

「反っていることを自覚していますか?」と問うと、

「こうしないと、前屈みになってしまうんです。」とのこと

「試しに反る力を抜いてください。」と言ってやってもらうと、明らかにさっきより無理な力が抜けて自然な姿勢。

患者「こういうように前屈みになってしまうんです。」

僕「これでいいんですよ。全然前屈みじゃないです、鏡見てください。」

患者「本当だ。」

前頭部に意識がありすぎると、自分の位置感覚を前頭部の位置で把握してしまうように思います。
だから反っていても、前頭部が中心にあるとそういう感覚がない。

位置を把握する中心は頭ですよね。傾けば傾いていると感じます。

ですから、体幹が無理に反っていたりしても、最後の頭が中心にあると正しい状態が取れていると錯覚したりもします。

そして単なる位置感覚だけでなく、自分がどういう状態にあるかという感覚が大切だと思います。身体の何が問題となっているか。

健康そのものだったのに、検査したら病気が見つかった。
これはそもそも健康ではなかったということです。
病気でもなんでも無いものを病気と診断された可能性もありますが。

自分で健康を保つとは自分の感覚をよくしていくことだと思います。
いろいろと気づけばいろいろと変わります。

悪い状態のときはそこまで意識がいかないでしょうが、よくなった人に僕がいろいろなアプローチをするのは、自分でよくする術を身につけてほしいからです。

あまり伝わらないことが多いですが(笑)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-12-02 20:30 | 徒然に | Comments(0)

リフレッシュ研修

昨日は診療を途中で切り上げ、日本サッカー協会が主催するリフレッシュ研修会に参加してきました。

「リフレッシュ研修会」って何?

そう思いますよね。

僕はサッカー経験者ではないですが、「C級コーチ」という指導者の資格を持っています。上から順に、S級、A級、B級、C級、D級という区分があり、S級といったらJリーグの監督ができます。

これらの資格はD級は対象ではないのですが、他は定期的に研修を受けて、常に新しい情報を入れて、とどまることなく成長していくということがコンセプトになっているので、研修を受ける必要があります。

4年間で更新なので、次回の更新時までに40ポイント。

研修によってポイント数は違いますが、これがリフレッシュ研修です。
昨日のポイントは5ポイント。

内容はフットサルのW杯でのTSGの報告です。

TSGとはtechnical、study、groupの略です。
日本は今回出場できませんでしたが、世界はどういう傾向にあるのかというのを分析して、今後に活かしていくことをするわけです。

講師は在原正明さんという前女子フットサル日本代表の監督です。
まだ34歳。若いです。

僕はフットサルについては指導なんてできるレベルではないので、聞くことが新鮮で知識としても楽しいし、講義ということを考えても参考になりました。

やはりシチュエーションや動きを示すのに、言葉だけでなく映像があるのはとてもわかりやすいし、印象にも残りやすい。

いかに印象に残すか。もっとそういうことを考えて資料に気を使えるようになる必要があるし、大事なのはそれを伝えるためのバックボーンが自分の中にどれだけあるか。

1時間半の講義でしたが有意義な時間を過ごせました。

これを義務だからというだけで受講するのと、学びの場とするのとではまるで違いますからね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-12-01 20:30 | サッカー | Comments(0)