食べなきゃダメ?

手足口病が流行しています。

水疱が出るということは、東洋医学的には「湿邪」の影響が大きいといえます。
暑くもなってくる時期。子どもに多いとなると「湿熱」でしょう。

湿気が強くなる時期ですしね。
身体の内側の湿気を外側の湿気が助長するわけです。

予防としては、内湿をためないようにすること。
余計に食べない。特に甘いもの。

そんなことを患者さんに話していたら質問されました。
「じゃあ、子どもに食べさせるのはおせんべいとかの方がいいですか?」

おせんべいって結構内湿高めます。
米ですからね。

「じゃあ何を食べさせたらいいですか?」

そんなにおやつって必要ですかね、、、

間食として食べるお菓子的なもので推奨できるものはあまりありません。

僕としてすすめているのは「煮干し」(笑)

自分的にも好きです。

まぁ基本食べ過ぎないっていうことで考えて欲しいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-06-30 20:30 | 徒然に | Comments(0)

過回内

足に問題を抱えている人はとても多いです。

それは足に症状を訴えている人に限らず、特に問題を感じていない人も含めて。

「過回内」という状態。

後から歩いている姿を見ていると、そのうち問題を起こすだろうなぁとか、今ここに問題があるはずだけど、自覚症状はあるかなぁなどと思ったりします。

正常な人の方が圧倒的に少ないこの状況。

これはいつからなのだろうか?
昔の人はそうならなかった人の方が多かったのだろうか?

現代の生活が関係しているのだろうか?
間違った教えによってなされているのだろうか?

履物の問題?
「いい姿勢」というものを間違って教えているから?

そもそも何が問題なんだろうか?

飲食の問題で「脾の臓」に負担がかかってるっていうことで東洋医学的に証明もできるけど、そこにアプローチせずに使い方を変えることで改善もできます。

飲食の問題だけじゃない何か。

小学生ですでに問題は出ています。

鍼で治せるんだけど、目の前にいる人を治すだけじゃなく、そうならない状況を作っていきたいと思います。

そもそも何が問題か。
究明したいです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-06-29 20:30 | 徒然に | Comments(0)

突発性難聴

KinKi Kidsの堂本剛が「突発性難聴」のため入院したというニュースがありました。

鍼で治るのになぁ、、、
僕も含め治している鍼灸師は少なくありません。

こういうときに「鍼治療で治った!」というニュースになれば鍼の知名度はもっと上がるんだけど。

突発性難聴=入院

という認識に傾きやすくなるでしょうね。

鍼の可能性は限りなく広いです。

もっと治さねば。
有言実行で行きます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-06-28 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

都議選

今度の日曜日は都議選ですね。

ここで誰に投票するとか言いたいわけではありませんよ。

連日車で移動しながら声を出し、あちらこちらで演説をするというのは相当な労力だと思います。

でもちょっと疑問に思うことがありました。

車に乗っているときには「よろしくお願いします!」と言っているのに、事務所の前で通る人には知らんぷり。

それは当たり前なのでしょうか。
いつも通る道なので、前を通るたびに思うのですが、目の前の人を大事にはしていないように見えるのです。

ひょっとしたら余裕がないくらい忙しく、こっちは目に入ってないのかもしれません。
でも名前を連呼することよりも大事なんじゃないかなぁと個人的には思います。

人よりか票なんですよね。

そういう気持ちではないかもしれないけど、そう感じてしまう。
これは僕の仕事にも通じることだと思います。
本当に相手のためを思って言っていることなのかどうか。

そんなことを感じる都議選です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-06-27 20:30 | 徒然に | Comments(0)

内に内に

「最近全身むくむし、便秘するようになって、、、」

今日久々に来院した患者さんがこんなことをおっしゃってました。

「むくむ」といっても圧して凹んで戻らないというような「水腫」ではなく、「気腫」といってうまくめぐらないために皮膚がパンパンに張った状態です。

そして便秘。

両方とも仲間ですね。

溜め込む仲間。

身体が溜め込むような感じになるような負荷を、身体にしいているのではないかと予想。

すると今年からネイルの学校に行っているとのこと。
最近必死になって家でも練習しているようです。

内に内に向かっていきやすい作業ですよね、慣れない人は特に。

息も止まってしまうような感じ。

そうするとどのようなことを普段気をつければいいかがわかりますよね。

発散!

大事です。

あっ、もちろん鍼ですっきりしてもらいましたよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-06-26 22:45 | 東洋医学

今日は鍼の勉強会です。

毎月、月によっては、こっちと関西と行ったりするわけですが、何年続けても毎回学びがあります。

教える側であってもです。

一朝一夕にいかないことを、その月の一度のことでわからせることなんて無理なことです。

毎月の積み重ねはもちろん、各人が自分で積み重ねなければ、身につくわけがありません。

今回実技で接した受講生が、お土産として持って帰った種を、どうするかは本人次第。
僕は僕で持ち帰るものがあるので、しっかりと育てていきたいと思います。

講義をする上で、そのための準備はとても大事ですが、どう伝えるかというのはそれ以上かもしれません。

僕の講義は9月。
みんなにとって実りあるものにしたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-06-25 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

ライバル

今日決勝が行われましたが、近年稀に見る盛り上がりを見せています「陸上男子100メートル走」

近年というより過去最高じゃないですかね。

日本人でついに9秒台が出るんじゃないかということが現実味を帯びています。しかもそれを出しそうな選手が1人や2人ではありません。

今日、雨というコンディションの中、10秒05というタイムが出たのも、しのぎを削るライバルがいるからでしょうね。

ある選手が同じ時代にいることで、その上にいくことができない選手というのはいます。

でもその選手がいたからこそ、そこまで高められた部分もあるわけで、ライバルがいなかったらそこまでいけたかどうかはわからない。

それはスポーツじゃなくても、勝負の世界、真剣勝負の場であれば何でもそうだと思います。

今日の陸上男子100メートル走の優勝は「サニブラウン・アキーム」
まだ18歳です!!
しばらく「陸上男子100メートル走」からは目が離せないですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-06-24 21:30 | 徒然に | Comments(0)

「バベルの塔」展

今日診療の合間を利用して上野の東京都美術館で行われている『ブリューゲル「バベルの塔」展』に行ってきました。
http://babel2017.jp/

実は西洋の芸術家の作品をみにいくということはあまりありません。

写実主義的なところが僕の好みではないのです。

全てがそうだというわけではないのですけどね。

でもこれもアンチ東洋医学の人が、実は東洋医学そのものを体験したことがないということに似ているような気がしまして、、、

僕もしっかり、いいと言われているものは見ようと思い足を運んだわけです。

まぁ妻が教えてくれなければ開催していることも知らなかったかもしれませんが、、、

ブリューゲルの他の作品や、「ボス」含め他の人の作品もみたのですが、「バベルの塔」はやはりすごいです。

旧約聖書に出てくる「バベルの塔」

しかし、それは想像するしかなく、これというものはありません。
ブリューゲル以前もバベルの塔をモチーフにしたものはあったのですが、桁外れな大きさを微に入り細に入り描いたという感じです。

遊びもあるんだけど、メチャメチャ真剣な遊びです。

衝撃を受けました。

みに行ってよかったです!

7月2日までやっていますので、少し興味があったら行くことをオススメします。
f0356588_16185638.jpg

当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-06-23 20:30 | 徒然に | Comments(1)

シーバー病

踵骨骨端症、またの名を「シーバー病」

成長期の子どもに見られる踵の痛み。
痛みだけを訴える子もいれば、腫れてる子もいます。

当院でもわりと多くみる症状です。

結構共通してみられるのが、腰を過度に反って無理な姿勢をとっていること。

それは「肝の臓」の「条達」がうまく作用していないことが多いです。

自然と上に伸びないから無理に反らしてしまう。
いい姿勢にするよう指摘されて反らしているとも言えます。

それを改善すればいいわけです。

まぁ鍼はしっかり効くということです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-06-22 23:30 | いわゆる… | Comments(0)

手に取られるもの

「狂言えほん」というものがあって、そのシリーズに「かみなり」もあるということをだいぶ前に話しました。

【伝統鍼灸かみなり】の由来のひとつでもあります。

雷様が空から落ちてきて腰を痛めたのを、鍼医者が治療をしてよくなって帰っていくというもの。ここに出てくる鍼は打鍼という槌で打つ鍼。
当時は打ち入れていたけど、今当院で使っているのは刺さない先が丸い鍼です。
そのような日本の昔の伝統的な手法も用いているという意味あいです。

最近なぜかこの本を手に取る人が多い。

幼児から小学生、大人まで幅広いです。

全く見向きもされないときもあるんですけどね。
手に取られてるとそういう本になるのかな?
そういうのあるように思います。

必ず来ると手に取る子どもがいるんですよ。
その子が手に取るようになってからですね。

何かに通じる気がします。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-06-21 20:30 | 徒然に | Comments(0)