麻酔

久々に歯の治療で麻酔を受けてきました。

以前投稿しましたが、ワインを飲んで以降、増した歯の痛みは次の日には落ち着いていたのですが、しばらくしてその歯の歯茎に圧痛が、、、

たいしたことはなかったのですが、そこに麻酔をするとなると話は別で、、、

「チクっとしますよ〜」

と言われて確かにチクっとして、[あれ?こんなもんか]と思っていたら、そこからズウォーっときました!

久々の味わいたくない痛み。

苦手なんですよ。
得意な人っていないとも思うんですが、結構苦手です。

子どもの頃一番嫌いなものが歯医者でした。

思えば注射苦手な長男はそれを受け継いでいるんだろうな、、、

僕の嫌いさ加減とうちの妻の痛みに大げさなところが合わさった感じ(^^;;

今通っている歯医者さんは病院特有の独特の嫌な臭いがなくて好きなんですけどね。
やっぱり麻酔の注射は大丈夫にはなりません。


今日その歯茎の上の方が少し腫れていました。
まぁ歯茎にもともと熱を籠らせていたと思うので、なるかなと予想してました。
もっと事前に鍼で熱を抜いておけばよかった。

本来なら、麻酔の最中に脈もどう変化するか診ておくべきだったんですけどね。
そんな余裕がありませんでした。

次の機会にがんばります!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-31 20:30 | 徒然に | Comments(0)

触りもしない、、、

統計をとっていないので確かなことは言えないけど、確実に存在する

「触らない医師」

手が痺れてものを持つこともしづらい、という方が、画像を撮って医師が触りもせず原因不明とされたり、ちょっと不思議な診断名をつけられたりするという現状。

もちろんしっかりとやっている医師もいるし、l同業の鍼灸師だってデタラメなところはあります。

でも、痛いと言っているところを見もしない、触りもしない、というのは医療人としてどうなのか。

触って得られる情報は自分の腕が上がるにつれて無限に増えてきます。

画像診断も発展しているのでしょう。
しかし、手によってでないと知り得ない情報は確実にあります。
そして画像診断が発展する程、医師が触ることをよりしなくなるでしょう。

ぜひ両方やっていただきたいです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-30 21:00 | いわゆる… | Comments(0)

再び台風

台風がくるとワクワクする。
そういう気持ちありますか?

僕はいまだにあります。

甚大な被害をもたらすこともあるし、農家や漁師など台風が生活に影響を及ぼす人にとっては、そんな気持ちには到底ならないのかもしれませんが、自然の凄まじさを感じることができ、ワクワクしてしまうのです。

でもこれも丈夫な家や健康な身体があってこそですよね。
子どもであっても、家が飛ばされるような恐怖であったり、雨漏りするような状況であれば、よろこんでなんていられないはずです。

やはり恵まれた環境に感謝です。

先日フェイスブックでも、まだ台風くるかな?なんて期待をしていることを書きましたが、休日にくることを望んでいたわけではありません。。。

2週連続で雨となり、僕がコーチとして携わっているサッカーチームの1年生も大会があったのですが、延期になった明日も中止。。。

よくコーチ仲間の人たちは
「雨が降って中止になっちゃうと、やることなくなっちゃうんだよなぁ〜」
と言っていますが、僕には幸い阿波おどりがあります。

明日は遅れて参加するつもりでしたが、がっつり練習できます。

そして終わったらフットサルも(^ ^)

みなさんも雨でも充実した日曜日を!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-28 19:30 | 徒然に | Comments(0)

ウソ発見器??

身体における血流量であったり、脳波だったり発汗具合や、体温の変化だったりするのでしょうか?

その変化により、その人がウソをついているか判断する測定器がありますよね。

「ウソ発見器」

まぁウソかどうかは絶対ではないですが、そのことに対して動揺していたり、心が乱れていることは確かでしょう。

顔はポーカーフェイスでいても、心の微妙な揺れはごまかせない。
それでもそこもコントロールできる人もいるんでしょうけどね。

しかし、身体に起こっていることをウソつくことはできません。

自分の思いで体表に表れる反応を瞬時に変えることはまずできないと思っていいと思います。

だから調子が悪いと言っても、どの程度のものかというもは身体を診ればわかるわけです。

昨日の朝、長男が頭が重いと言っていました。
前日寒くて頭が痛いと言って僕が帰ってきたときには眠っていたので、風邪の影響かなと思い診ました。

脈を診ると、表邪は去っている様子。でも前の日の食べ過ぎによる「湿濁」が悪さをしていることで頭重感があるのだと考えました。

豊隆という脛にあるツボに鍼をして脈を診ると、だいぶしまってほどよい感じ。

でも本人まだだるそうで、学校の用意をする時間なのに、動きたがりません。

僕「学校休むのか?」

長男「うん、、、zzzzz」

妻「いや、ダメでしょ、行きなさい!そんな悪いの?」

僕「いや、大丈夫だよ。休むような状態じゃない。動けば普通になる。」

妻「夕方のサッカー休んでもいいから行きなさい!」

といって長男も学校に面倒臭そうにしながらも行きました。
ちなみに視覚的にわかりやすいものとして体温計で熱を測ったところ「36.4」

少し体調を崩すと弱気になる長男と、無理してでも行こうとする次男。
見た目は反対に見えるけど、そうなることが多いです。

学校で嫌なことがあったりとかあるかもしれないですけどね。
ささいなことはあっても重大なことはなさそうなので。

学校から帰るとふつうにサッカーの練習に行きました。

脈はウソはつきません。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-27 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

目が疲れている方って多いですよね。

これだけ仕事においてパソコンが使われ、仕事を離れてもスマホを使う状況において、当たり前といえば当たり前。

でもそれほど酷使していなくても目が疲れる方がいます。

なぜでしょうか?

目は血の余り、目は肝に開竅する、つまり肝臓の血と関わりの深いところ。

肝血を消耗することが多ければ疲れることになるわけです。

いろいろと考えごとが多かったり、ストレスを抱えていたりといった状況ですね。
そういう状況だと睡眠における問題も出やすいです。
眠りづらいから目も休まらない。

ちなみに運動をし過ぎても肝血を消耗しますが、それは目に出るより、脚の筋肉の痙攣とかで表れます。

肝は筋を主る、というやつです。

短絡的に考えるのはよくないですけどね、診るとそういうように反応が身体に出ているのです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-26 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

歩き方の進化

股関節の後ろへの動き。解剖学的にいうと「股関節の伸展」。この動き、自分の中で狭いという認識があったけど、少し放置していました。

いつか着手しようと思いながら。

それがふと今日歩行の中で閃き、新たな動きを手に入れました!

簡単に言えば伸展の動く範囲が増すわけですが、単に股関節やお尻を意識するわけではなく、やはり足が大事です。

たぶん歩き方が進化したと思います。

理想の歩き方かまだわかりませんがね。
日々追い求めていきます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-25 22:30 | 備忘録 | Comments(0)

肺魄を高める

東洋医学に「五神」というものがあります。

それぞれの臓に関わる精神活動を指したものです。

心は「神」肝は「魂」脾は「意」腎は「志」そして肺は「魄」

続けて一緒に肺魄と言ったりもしますが、感覚や本能、反射的動作に関わると考えられています。

これをしっかり発動させることができれば、感覚はよくなるというわけですし、うまく発動できていないと、鈍いということになるわけです。

それだけが感覚の全てだとは思いませんよ。
でも大事なところだと思っています。

いろいろな感覚の研ぎ澄ませ方はあるでしょうが、これを高めていくこと、それによるアプローチを最近行っています。

自分の身体を開発するっておもしろいですよ。
どんなことでもいいですからね。
やってみては?


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-24 20:30 | Comments(0)

安静にする

よく耳にするフレーズなのではないでしょうか。

「安静にしてください。」

なんとなくしっかりと医師や施術者からの養生を伝えているように思えて、最もその人任せになるフレーズのひとつです。

これを言われて、人それぞれ対応が違うからです。

「安静」を辞書で調べると
①安らかで静かにしていること
②特に、病気の療養のために静かにしていること

という意味が出てきます。

静かにするっていうのは、どういうふうにしていることでしょうか。
動の反対ですから、「動かない」という意味もあるわけです。

本当にこれを忠実に守る人がいます。
元気な子どもだったらまず守れないですよね。
骨折していても動かせるところを動かすし、骨折している部位も関係なく動かしていたりします。

それで起こる弊害もあるのですが、骨折していても動かせるところはどんどん動かすべきです。マレットフィンガーのような、後で変形をきたすlものであれば、動かせない固定をするべきでしょう。

骨折している部位でも動かした方がいいものはたくさんあります。

もちろん骨折に限ったことではありません。

他の様々な状態に対しても言えます。

妊婦に対してだったり、産後に対しても言ったりしますよね。
でも産後弱っていたら、自然と安静にするものです。その状態で状況から無理に動くということは控えた方がいいですが、言われたことを真剣に受け、動かないように努力するものではありません。

余計に気血が鬱滞し、違う病気を引き起こします。
ふつうに動きましょう。

自分の声を聞き、強度や頻度を変えればいいわけです。

医師もリスクを負いたくはないし、医師のせいにされるのも困るから「安静」ということを言います。

だから、もっと具体的に言うべきでしょう。

散歩くらいはしましょうとか、エアロビクスのようなことはやめましょうとか。

どちらも責任転嫁のような感じだからよくない。

相手のためにしっかりと伝える。
大事なことだと思います。

ちなみに僕は「安静」ということばは使いません。
しっかりと伝えているつもりでもあります。
でも伝わっていないことが多い(^^;;

課題です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-23 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

いろいろできた日曜日

阿波おどりの出演が2回あるはずだった今日、こんな天気だったので、2回目は中止となってしまいました。

でも本降りの中、意外にも多くの方に見ていただくことができ、とてもよかったと思っています。

地元での出演でしたからね、どこも大事な出演ですが、やはり思い入れは強くなります。

ということで、昼過ぎから鍼の勉強会に参加してきました。

おまきに久しぶりにその後の飲み会まで。

学術的な話からスポーツの話、政治の話、戦争の話。

まぁいろいろと多岐に渡ります。

ざっくばらんに話していても、このことについてもっと調べたいな、とか、そんな考えもあるのかと、いろいろ勉強になります。

ひたすら勉強ですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-22 19:30 | 徒然に | Comments(0)

久々の前日勉強会

明日は鍼の勉強会がある日。

でも阿波おどりの出演により参加できないので、久々に前日勉強会に参加してきました。

最近は年に一度くらいしか参加していませんが、以前は毎月必ず参加していました。
勉強会の前の日に集まってより深い勉強会を行うのです。

他の人が鍼を刺すのを見るのはとても勉強になります。

どこに意識を置いているのか、何を狙っているのか、またそこまで意識がいっていないのか。

そういうことがわかります。

そして自分の中でそういうことができているか、それを確認する場でもあります。

いい勉強になりました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-22 00:30 | 鍼の修行 | Comments(0)