あれから4年、、、

4年前の今日は以前の職場の最後の出勤日でした。

Facebookで表示されて気づいたんですけどね(^^;;

そういえば5月いっぱいまで働いて、翌日から社員旅行でグアムに行かせてもらったんだなぁ、と。もちろんグアムに行ったことは忘れてないですよ!

40人近くいるスタッフの中、12年ちょっと働きましたが、4年経ち、その後その職場から独立開業したのは10人近く。

4年も経てばそりゃあいろいろ変わりますね。

あそこがあったから今の自分がある。

そう思います。

もうすぐ当院も4周年。

まだまだこれからです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-31 20:30 | 徒然に | Comments(0)

今日は地元のとある有名店にランチを食べに行きました。
今日の一食です(^ ^)

美味しくてリーズナブルなお店として雑誌やテレビでも紹介されたりするお店です。

確かに美味しい。

でも入ったときから、少しニオイが気になりました。

辺りを見回すと埃がチラホラ見えます。

味もよく、値段もよく、店の人も気さく。
でも、次にまた来たいという感じになれませんでした。

料理店でなくてもそうですが、やはりトータルでそこのお店の雰囲気なんですよね。

入ったときにそこの料理のいい匂いより、掃除の行き届いていないニオイが感じられ、視界に埃が入る。
一番壁際に座ったせいもあるかもしれませんが、僕との縁は続かないお店なのだと思いました。

僕も来た人にそういう思いはさせていないか?

掃除だけじゃないですけどね。
でも自分の一番提供したいものを受けてもらうには、最低限のことは必要だと思いますし、それを疎かにして技術を誇ったりするのはちょっと違うかなと思います。

心していきたいです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-30 20:30 | 徒然に | Comments(0)

ザル

「おまえザルやな!」

もう10年くらい前ですかね。

まだ北辰会(鍼の学術団体)に入会していないとき、会の代表である藤本蓮風先生の公開臨床を受けて、発されたことば。

手の指の間がスカスカなんです。
向こう側が見える。

ザルのように漏れるっていうことですね。

こういう手の人はお金がたまらないとかよく言います(^^;;

じゃあ一生変わらないのか?

そんなことないんです。

塞がるときもあるんです。

これは自分でもよく理解できていません。

前日まで隙間があいていたのが、翌日に閉じていたり、また翌日にはあいていたり。

常に塞がったままの人ももちろんいるんですよ。

僕はたいがい隙間があいたままだったのですが、最近塞がることが増えてきました。

たまるのかな(笑)

まぁ何かが変わってきてます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-29 23:30 | いわゆる… | Comments(0)

次男の小学生最後の運動会が終わりました。

リレーの選手になったりならなかったりの6年間でしたが、イラストがマスコットに選ばれたりと、その年その年でハイライトはあり、今回は騎馬戦。

①全員一斉にやりどちらが多く残っているか
②一騎討ち
③大将戦(大将が取られたら負け)

という三本勝負。

①②と意気込むも思うような結果が残せず迎えた大将戦。

敵の残り騎馬が大将のみとなり、逃げる大将に騎馬ごとアッタク!
しかも頭の帽子を取るのではなく、押し出しで騎馬から落とすことで勝ちました(^^;;

みんなから大人しいと思われている次男ですが、実は結構負けず嫌いで、なかなかいい闘志が前面に出たのではないかと思います。


それはそれとして気になったことが、、、

今回初めて入場行進から見たのですが、肩が固まっている子どもが多すぎ!

肘から先だけで動かしていて、体幹と上肢がくっついているような子が多く見受けられました。

将来不安です。。。

小学生でこれだと、大人になったらどう固まってしまうのやら。

「身体改革」が「働き方改革」より急務な気もします。

僕ができる範囲で小さいことからしっかりとやっていきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-28 20:30 | 徒然に | Comments(0)

本日は高田馬場にて(一社)北辰会スタンダードコース、鍼の勉強会がありました。

午前中は竹下有先生による「胃の気の脈診」

彼は鍼灸学校時代の同級生。
そして北辰会のエース的存在ですね。

教員もやっていて、臨床能力も高いのに、講義力も群を抜いています。

今回も基礎的な内容ですが、例を示しながら理解しやすいようにとても工夫してました。

学ぶべきところは多いです。

午後は実技。
望診と腹診を教えました。

お腹にある反応がわからない人、言われればわかるけど、自分では探せない人、あるのはわかったけど、それをどう他の情報と結びつければいいかわからない人。

様々な段階の人がいますが、自分の課題は何で、そのために今何が必要か。
自分なりにでもそれを持っていた方がいいのではないか、と感じました。

ただ漠然とやるだけになってしまいますからね。

目的意識。
大事なことです。

最後は金子太先生による「八綱弁証」

金子太先生は僕が以前勤めていた職場の先輩でもあります。

僕は7月に「気血津液弁証」を講義しますが、「弁証」という東洋医学としての、「こういう状態」ということを提示するのに必要な、一番大きなフィルターが「八綱弁証」です。

陰陽表裏寒熱虚実のことです。

大きなくくりですが、それだけにこれを間違えなければ大きな間違いは犯さない。
逆に言うとこれを間違えるととんでもないことになります。

しっかりとわかりやすくまとめておられました。

さてこれから夜はフットサルです。

まだまだ休日は終わりません!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-27 17:00 | 鍼の修行 | Comments(0)

明日の診療は16時から!

春にやるか秋にやるか。

うちの子たちは春です。
といっても暦の上では夏か(^^;;

明日、次男の運動会があります。

小学生最後の運動会。

中学生になると一緒に弁当食べたりしないですからね。
ひとつの区切りだなぁと感じます。

校庭が狭いので、校庭で見れる人は限られ、教室から見下ろして見たり、中に設置されているテレビに映っている映像を見たりで楽しみます。

長男は中学生だから、出るのがひとりだけというのは、見る種目が少ないですが、サッカーチームで知っている子、患者として知っている子などがいるから結構楽しめます。

そして恒例のパパチーム対ママチームの綱引き!

やけにママチームが多いんですけどね。
なんだかんだで盛り上がります。

そんなわけで、明日は診療は16時からです。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-25 20:30 | 徒然に | Comments(0)

自分のことは棚に上げて

連日、日大アメフトの問題がマスコミで取り上げられます。

昼間のワイドショーでは2時間くらいその話題を取り上げておりましたが、もっと取り上げなきゃいけない問題はいっぱいあるのに、と思わずにはいられません。

もちろん放っておけない問題ですよ。

ルールを逸脱したスポーツと呼べるものじゃない状態でしたからね。

でも、学生が記者会見したときに

「アップで撮り続けるのは控えてください。」

という要望があったのに、まるっきりルール違反してましたよね?

それは守らなくていいのでしょうか?
次元が違うとでも言うのでしょうか?

一人質問一つとかいうことも、あっさり最初の質問から無視です。

これは慣例なのでしょうか?
だからいいのでしょうか?

自分に甘く人に厳しい。
日大アメフト部の指導者と根本では変わらない気がしてしまいます。

QBがのびのびプレイできないようにディフェンスはプレッシャーをかける。
チームによっては本当に壊しにいく。
これはアメフト界では珍しいことではありません。

日大においては特に。

でも、指導者がレイトタックルを求めていなかったのは本当でしょう。
壊すハードさが欲しいし、願わくば本当に壊して欲しい。
怪我をさせて欲しい、ということですね。

そうは言っても、膝の前十字靭帯断裂や、アキレス腱断裂でもしなければ、そんな長期の離脱にはならないので、現実的に12月の甲子園ボウルに出てこれないほどの怪我を負わせて欲しいというとは考えてないでしょうね。
恐怖心を植え付けたいということでしょう。

日大はその度合いが他校より激しいと思います。

だから「反則の指示」ということはないでしょう。
でも、学生が言ったことは指導者は本当に言っていると思います。

そこまで追い詰めていたことに指導者が気づいていなかったのでしょうね。
だから平気で脅すような言葉が言えたのでしょう。

でも追い詰められ過ぎてあそこまでやってしまった。

指導者も言ったことは言ったと認めて、あそこまでやるとは思わなかった、というように言うべきだったんではないかと思います。

そしてそこまでやらせてしまうほどコミュニケーションが取れていなかったのは、指導者の責任ということですね。

アメフト関係者がいろいろな意見を述べていますが、自分たちを美化した意見が多すぎですね。
他人事だから叩ける。
もちろん指導者の対応はまずいんですけど、自分たちは無縁の世界に生きていたように言うのはちょっと。。。

僕は無理に怪我をさせることを目的にタックルしたことはないですけど、ハードタックルして相手が脳震盪を起こしたら喜びましたよ。
選手によってはタックルしたときに足首を捻ろうとする人もいます。

みんながスポーツマンシップの塊ではないです。

なんにせよ、指導者含め日大の対応がまずいのはどうにもならないですけどね。
自分を守るために、もっと大きなものを失うことになりますよね。

「お金を失うことは小さく失うことだ。
名誉を失うことは大きく失うことだ。
でも、勇気を失うことは全てを失うことだ。」

チャーチル1世だったかな?

日大!
全てを失うよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-24 20:30 | 徒然に | Comments(0)

以前このブログで僕はこんなことを書きました。

「お腹がすくというより喉がすく」

または「胸がすく」

実は考えてみると、ここ何年か、お腹がすくという感覚を感じてないんじゃないか、と思っていました。

「食べたい」という感じになったときに、じゃあどこが空虚なのかと問われると、お腹じゃなかったのです。

それで食べるものですから、満たされるところも、喉とか胸。

みなさんはないですかね?

これは炭水化物を多く摂取すると、より顕著なように思います。
あくまでも私感です。

何か胸に溜まる感じ。

それが最近変わってきました。

一日一食にしてから、胸の溜まる感じがなくなり、お腹がすくという感じを得るようになり、食べるとお腹がいっぱいになります!

こうじゃなきゃいかんですね!

まぁ食べすぎダメですけど(^^;;

はじめは一食に多くを求めましたけど、特にそんな必要はなく、普通の一食で十分ですね。「お腹」がしっかりすくようになったぶん、少し一食が多い気もしますが、大食じゃないです。

今日も昼にインド料理屋でナン食べ放題のランチを食べましたが、1回のおかわりで十分。

そんなに人間食べる必要ないです。

でもお腹がいっぱいになったという感覚はうれしかった!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-23 20:30 | 徒然に | Comments(0)

酒が原因?

「酒の飲み過ぎが原因かも」

発症することになったキッカケを聞いたときにこう答える方は少なくありません。

では飲んでてその主訴は悪化するか?

「いや、そんな気にしてないかもしれません。」

そして翌朝も一日のうちではいい方で、夕方になるにつれて悪化する。

主訴に対して飲酒の影響はなさそうです。

でもからだに対してどうかということで診ると、負担をかけているのは一目瞭然です。

ただ出ている反応が主訴とリンクしているかは別物ですね。

脾胃と関係ないツボに鍼をしてかなりの改善をみました。

やはり飲酒とは関係なさそうです。

でも主訴以外のことにおいては関係しているので、それを治したかったら減らすべきだということを告げました。

東洋医学は論理的です。

特殊論も必要になりますけど、まずはきっちり基礎的な論理をおさえましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-22 23:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

同一律

鍼というと技術的なことを想起する方もおられると思いますが、もちろんそれはあるのですが、東洋医学という医学なわけですから、勉学もかなり必要なわけです。

そしてそれをしっかりと現場で使えないといけない。

できて当たり前なわけですが、できない人はまず定義をしっかり抑えられていないことがあります。

「〇〇とは△△である」という定義です。

気虚とはどういう状態か、血虚とはどういう状態か、風寒邪にかかるとどうなるのかなど。

これを論理学では「同一律」と言います。

東洋医学というのは実はかなり論理的です。

現象を東洋医学的な論理で説明します。
それは西洋医学より論理的だと思います。

そのため勉強ができない人には難しい。

まずは「同一律」を確かなものにしないといけません。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-21 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)