人気ブログランキング |

ブレサリアン

道教の世界にある「気を食べて」長寿になるという考え。

長寿という目標をそこまで持っているわけではありませんが、身体に対する追求は止むことがないので、気になるわけです。

一日一食をしていて、それも可能かも、と思っていたら、現実にやっている人がいるんですね。

水も飲まずに日を浴びて呼吸だけでエネルギーを得ている人や、水分と呼吸だけで、出産まで普通に行なっている人、これは知っていたのですが、毎日青汁一杯だけで生きている人。

呼吸によってエネルギーを得ているので、「ブレサリアン」と呼ぶようです。液体だけは摂取する人は「リキッダリアン」。

体型も変わらず健康に過ごしているのを見ると、食事って何だろう?と思わずにはいられません。

食べずに大丈夫な人もいれば、餓死する人もいる。

これはやはり「気」を食べることができているか否かによるものだと思います。

一日一食にしていて、食事以外に「食べたいな」と思うときがあります。
そのとき感じるのは身体がうまく広がっていない状態だということ。
つまりは身体としてうまく呼吸ができていないわけです。
呼吸による気の巡りがうまくいっていないのを、食べて感情を満たすことで巡る状態にしているように感じます。

それがうまくコントロールできると、余計にお腹が空くことはありません。
このまま一日食べなくてもいいかな、と思える感じ。

食べないことが苦行だと、それを続けると痩せて餓死するでしょう。
要はストレスが関わっていると思います。

生物が生きていくのに、どの食べ物を獲得するかというのは重要だと考えられているし、様々な動物は弱肉強食の中で生きています。

その中でそういうことから外れ呼吸だけで生きるというのは、種の存続のためには最高の手段だと思います。

でもそれを乳幼児の頃からやるというのは、気持ちのコントロールとして難しいのかもしれませんし、高等手段だと思います。
そのためには飲食物からエネルギーを得るために胃は必要なのでしょう。

もしかしたら、胃は生きていくための保険のようなものかもしれません。

だから、食べすぎに対応しやすいものではない。

まぁ想像です。

飲まず食わずでいきなり生活しようとは思いませんが、そんなことも視野にいれながら暮らしていこうと思います。

疑問に思ったらまずやってみる。

大事なことです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
ブレサリアン_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-05-19 19:30 | いわゆる… | Comments(0)

西野監督

お昼の発表はLIVEで見てました。

サッカー日本代表の候補メンバー。

選ぶのは監督ですし、他の誰よりも選手を見ているでしょうし、様々なことを考えているでしょうから、それをとやかく言うことはないのですが、発表のときの歯切れの悪さが気になりました。

選出理由を問われたときの受け応えが、スッキリしたものではない。

パフォーマンスに関わらず「代えの効かない選手」という位置付けに本田選手、岡崎選手、香川選手をしており、それをそこにいた記者に同意を求めていたことは、前監督の選手選考から不満があったことを如実に思わせました。

やはり言われているようなスポンサーからの圧力もあったのでしょうか。

本田選手はメキシコで結果も残していてパフォーマンスもいいから、そういう理由でもおかしくないと思うんですけどね。

岡崎選手のような気持ちの入った精力的なプレーをする選手は今の代表にいないので、怪我明けだけど選んだ。パフォーマンスを見て判断したい、で特に問題はないと思いますし。

香川選手が一番不可解ですかね。
確かに本調子でクラブでやっているパフォーマンスをすれば、代えの効かない選手だとも思いますが、そういう試合を最近の代表では見たことがないですからね。

西野監督が自分で自信を持って選んだのなら、自信のある受け応えをして欲しかったなぁと思いました。

ポジションを記載していない、というところは自信を持って言ってましたが。

なんだかんだでW杯は楽しみにしていますし、いいように行くことを願っています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
西野監督_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-05-18 20:30 | サッカー | Comments(0)

吐く

今日なんとなくいつもより体調がすぐれない人多かったんじゃないでしょうかね?

朝から20℃超えて、ちょっと蒸し暑い感じ。
先週なんて寒い日もあったくらいですからね。

湿気は停滞する感じを起こすし、暑さは上に上がる感じを起こしやすいです。

気の停滞が強い人は食べたものが消化されづらく、なんとなく胸苦しくなり吐気を催したりすることも。

そんな感じで調子悪いという方がいらっしゃいました。

すでに吐いていて、少しスッキリしてよくなっているとのこと。

吐いてスッキリするというのは、身体が弱っていない証拠です。
邪気を排出できてよかったわけです。

吐いたものも未消化物ではないので、胃の腑自体は正常に働いている様子。

気の停滞から上逆している問題を解決できれば落ち着きます。

こういうときどういうものを食べたらいいか気にされてましたが、食べなくたっていいんです。

落ち着けば食べたくなってきます。

2、3日食べなくても問題ありません。
現代は食べ過ぎです。

少し食べない日が続くくらいがちょうどいいかな、っていう心持ちでいるぐらいの方がいいでしょう。

気楽に考えた方がいいです。

まぁ治療してよくなったので、明日には普通に食べてると思いますが。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
吐く_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-05-17 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

「穀」を食らう者は、知恵があって器用である。
「気」を食らう者は、神明にして長寿である。
何も食らわない者は、不死にして神妙である。

中国の昔の書物にはこんな記載もあります。

「気」を食べる。

興味深いですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
食_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-05-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)

アメフトの話題

日本でアメフトの話題が新聞やネットで盛り上がるのは、正月に行われるライスボウルという学生と社会人の日本一決定戦か、アメリカのプロであるNFLの優勝決定戦であるスーパーボウルくらいです。

それが最近テレビでもネットでも連日取り上げられています。

よくないことで。

今月の6日に行われた関西学院大学と日本大学の試合において、危険極まりない不必要なタックルが行われました。

僕は7日に鍼灸学校の同級生であり、アメフト仲間でもある友達のSNSの投稿によって知りました。

率直な感想は

「これは絶対にやっちゃいけないプレー」

その後ネットのニュースで取り上げられてた試合後の監督が
「うちのチームはあのくらいの気持ちでやらないと戦っていけない」というような発言から、これは監督がやらせている部分が大きいと思いました。

観たことのない人、やったことのない人はイメージしづらいと思いますが、衝突することが当たり前のスポーツですから危険性は他のスポーツより高いですが、その分ルールによって守られている部分も多いです。

例えばフェイスガードという顔をカバーしているものを掴んだらいけないとか、首を掴んではいけないとか、後ろからブロックしてはいけないとか。

危ないですからね。

その中のひとつに
「ラフィンザパサー」

“パスを投げ終えた人にタックルしてはいけない”

というのがあります。

パスを投げるとき、ディフェンスは投げさせずにタックルしてやろうと突進していきます。だから、投げた瞬間にタックルを受けるというのはよくあるのです。

これは許されるところです。
投げるフリだけすることもありますから、御構い無しに行くわけです。

またすでにボールが投げられてて勢いが止まらないというときもあります。

そのときは接触したりもありますが、タックルはしません。

この間というところが反則として多いところです。
投げられて1秒くらいですかね。

そこで今回のプレーですが、投げ終えて3秒くらいたっていますね。
勢いが止まらないというレベルでもなければ、気づかない状況でもありません。

つまりは明らかに狙っているわけです。
そしてその後のプレーで退場することになった当人に対し、何か指導をしている様子もありません。

指導者が想定しているような感じです。

試合後の監督の発言からすると、何も問題を感じていないような様子でしたので、これはそういう取り組み方で指導しているんだと思わざるを得ません。

日大は昨年度の学生日本一のチームです。
成し遂げたのは選手ですが、この内田監督による功績は大きいのだと思います。

でも大事なことは何か。
どこにアメフトの魅力はあるのか。

それを見失ってはいけないと思います。

個人的には監督の辞任は当然で、チームとしてどのくらい出場停止にするかというところじゃないでしょうか。解散という意見もあります。一選手の問題ではありません。他の選手が関わりのないことならはじめのプレーの後に正すことができたはずです。

アメフトはアメリカでは一番の人気スポーツです。
こういうことじゃなく、いい面で話題になってほしいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
アメフトの話題_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-05-15 20:30 | 徒然に | Comments(0)

続・急逝に思う

昨日の続きです。

健康のためにいいことをしているのに、身体に問題が出る人。

これは運なのでしょうか?
それとも何か理由があるのでしょうか?

何が起こるかわからない。

そんなフレーズも耳にしますが、運を天に任せるしかないのでしょうか?


僕はそんなことはないと思っています。

例をあげましょう。

東大を受験する人がいるとします。
一方は東大に入るために毎日10時間以上勉強している人。
もう一方は、それほど勉強せずとも一度目を通すと頭に入ってくるので、毎日何時間も勉強したりはしない人。

この2人でどちらがより東大に入る可能性が高いかと推論することはできますか?

なんとも言えないですよね?

両方とも受かるかもしれないし、両方とも落ちるかもしれない。

ただ、このやり方で、途中模試において後者の方が合格する可能性が高いと判定されているならば、後者のやり方は要領がいいと言えると思います。

また前者が結果を残せていないならば、効率が悪い、要領が悪いということになるでしょう。

いいと思われていることをやっているとしても、内容がどうかということまではわかりません。

健康のためにやっていることもそうです。

運動を身体が喜ぶように、めぐるようにできているのか、負担となっているのか、「やっている」という事象だけではわからないのです。

じゃあ何をもってそれがわかるか?

身体を診るとわかります。

いいと言われることをしているけど、こういうところに負担がかかっている。
頑張りすぎて無理している。
余計な力が入りすぎて、身体を緊張させてしまっている。

というようなことが反応として出るわけです。

それを改善できて、いい状態が保てれば未だ見えざるものに怯える必要はありません。

恐れている方が病気になります。

「突然」とよく言いますが、突然ということはありません。

前触れは必ずあります。

でも自分でそれを感じれる人が少ないだけです。

信頼できる鍼の先生。

必ず見つけておいた方がいいと思います。

いい状態のバランスに日頃整えてくれます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
続・急逝に思う_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-05-14 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

急逝から思う

昨日50歳で心筋梗塞で急逝された方のお通夜に行ってきました。

阿波おどりでお世話になった方です。

海外赴任で、日本に帰ってきたときに、病院で検査は受けていたりしたそうですが、心臓の検査だけは時間的にできなかったようです。

検査できていれば対処ができたのに、と思うでしょうね。悔やまれます。

検査も大事だとは思いますが、僕としては鍼をしていれば、、、というように思います。

悪い方に傾いている状態を改善する。
あるべき姿に導く。

それが東洋医学の鍼灸治療です。
流れていない状態を流れる状態にする。
足りてない状態を補う。

あるところに偏ってしまっている状態を整えることが根本です。

陰陽バランスを整える。
脚の長さ、肩の高さという見た目のバランスだけを言っているわけではありません。

よくなった方でも、月1回、2ヶ月に1回とかの治療を継続した方がいいというのは、それが大病しないことに繋がるからです。

鍼をしていれば確実に心筋梗塞になることを救えたかどうか、それはわかりません。
でもその可能性は大いにあったと思います。

病気を見つけることより、ならないように努めることの方が重要です。

「でもあの人は健康のために食事も気をつけていたし、運動もフルマラソンとかも走るくらいやっていたのに、早く亡くなってしまった。テキトーの方がいいんだよ。」

と言う方もいます。

確かにこういうことは聞きます。
どう思いますか?

次回に続けます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
急逝から思う_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-05-13 23:15 | いわゆる… | Comments(0)

まだまだ甘い

「呼吸」の大事さは何度となくこの場で説いてきました。

生きている上での活動で何よりも大事なこと。

呼吸をよくすることで身体はすこぶるよくなるということを、常日頃患者さんにも説いています。

でも、自分自身まだまだでしたね。。。

とてつもなく動きの悪いところを自分の中に見つけました。

結果的には喜ばしいことなんですけどね。
僕は自分にできないことは患者さんにも要望しないようにしているので、ちょっと申し訳なく思ったわけです。

ちょっとね。

でもこれによって内側からじゃないとゆるめられないところがあることも再確認できましたし、身体が上下に縮こまっていることには目を向けていたのに、前後に縮まっていることにはあまり意識していなかったことにも気づけました。

呼吸で背中の動きを豊かにする。

これをこの先追求して生きたいと思います。

楽しそうだ(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
まだまだ甘い_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-05-11 20:30 | 備忘録 | Comments(0)

民泊詐欺?

ごく稀にある外国人が「ガラガラッ」と当院の戸を開けるできごと。

今日の昼下がりに久々の来訪者です。

夫婦のような2人ですが、大きなスーツケースを持ったままです。

プリントアウトした紙を見せて、この住所はここかと尋ねてきました。

見ると確かにここの建物の住所が書かれてあります。
でも部屋番号が書かれていません。

怪しいですね。

電話番号は書かれてあるけど、電話は持っていないとのことなので、僕から電話しました。

話し中。

もう一度かけても

話し中。

本当に話し中かもしれませんが、民泊を掲げているのに、部屋番号がどこにも書かれていないことがいかがわしいですね。

せっかく日本の浅草にきたのに、そこで悪い印象を持って旅をすることになる。

残念でなりません。

こういうのは多いのでしょうかね。

2人が帰った後、そういえば隣のマンションも同じ住所だった、と思いましたが、部屋番号が書いてないことには同じですね。

こういう場合はどういうことを提案してあげたらよかったんでしょうかね?

できることは何かあったのだろうか?

今後も起こり得る可能性のあることですからね。

対策をせねば。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
民泊詐欺?_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-05-10 22:30 | 徒然に | Comments(0)

魚の目の治療

「魚の目」

足の裏にできる角質層の異常で、鶏眼(けいがん)とも言います。

その名の通り、単なる固くなったものではなく、中心部に眼のような芯があります。
これが歩くときなど地面に当たると痛いのです。

結構足の第二趾の裏にできることが多く、胃の問題で出ることが多いのですが、歩き方、使い方でなることも多いように思っています。

まぁその部位における気血のめぐりが悪くなっているわけです。

ですからそれを改善していくことでよくなっていくのですが、足趾が変形などして変え難い場合もあります。

その場合どうするか?

お灸します。

魚の目の局所に。

根気良く何壮も据えます。

局所治療を頑なにやらないと思われているかもしれませんが、やる必要があるときは迷いなくやります。

痛いところと違うところに鍼したり灸したりするのは、その方が身体がよくなり治るからです。

ポリシーのためではありません。

局所をやるときは、その方がいいからです。

魚の目にお灸。

昔からやられていることです。

それしかなかったとも言えるけど、続いているということは効果があったということ。

痛みをかばって歩き方がおかしいと悪循環にもなりますからね。

熱いと怖がっている方、大丈夫です。
ひどい魚の目は熱さ感じませんから。

それにお灸は根性焼きではありません。

通常やるお灸は気持ちいいですよ。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
魚の目の治療_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-05-09 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)