肩の力を抜く

「肩の力を抜いて〜」

よく指摘される方いますよね?

僕はあまりことばとしては使わないんですけどね。
「肩」と言っても、人それぞれ意識するところが違うから、手をあてて「ここの力抜いて下さい」とか、足とか膝、別の部位を抜くことを意識させたりすることが多いです。

でも、最近自分自身まだまだ肩に力が入っていることに気づきました。。。

これ、入っているか、抜けているかという二者択一ではないんですよ。

入っている状態にも段階があります。

自分を見つめ直すとそのことに気づけたりしますし、治療を受けて抜けた状態になると、さっきまでは力が入っていたんだと気付けます。

肩の力が抜けるとどんないいことがあるか。

僕にとってはかなりいっぱいあります。

体表観察の技術が上がるし、阿波おどりも上達するし、何よりも動いていて気持ちいい。

新たな感覚が手に入る予感(^ ^)



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-01-31 21:00 | いわゆる… | Comments(0)

舌の正しい置き場

東洋医学の考えをもって診断治療する中で舌診というものがあるということは以前伝えました。

色や苔の状態、形、偏りなどによって身体がどうなっているか、ということを診るわけです。

でも普段どういう状態で収まっているべきか、というところは特に言っておりません。

歯科の分野では理想の位置というものを言っています。
口腔外科でも言うのかな?

舌が上の歯に当たっている状態。

これがいい状態とされています。

そうだろうと僕も思います。

ですから、そうなっていない人は、そうするように医師から求められたりします。

これに対してはよくないと思っています。


なぜよくないか?


無理にその状態を作ることになるため、身体の別の場所に問題が出るからです。

これは腰などに関しても同様のことが言えます。
その人にとってはそれが自然な状態だからそうなるのです。
それを変えなければいけないのであって、体裁を繕っても意味がありません。

舌が落ちるような状態を作っているわけですから、起きるようにバランスの崩れを治すわけです。

頭が沈み込んでいる状態を頭だけ起こしていると舌が上がりません。

そしてなぜ頭が沈み込むことになるのか?

腎の問題が関与していることも多いです。

「木を見て森を見ず」

ということは避けたいですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-01-30 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

昨日深夜に行われた、サッカーアジア杯準決勝の日本対イランの試合。

大迫勇也選手の「半端ない」活躍によってチームが見事に躍動し、見事を勝利をおさめました。

本当に彼が入るとこうも違うものかというくらい、連動性が違いますね。
他の選手との差があり過ぎます。

北川選手がどうこうとかいう次元の話ではないですね。

それとともに冨安健洋選手の対応力も素晴らしいものがありました。

単にクリアする必要のないところは、しっかりとトラップしてボールを繋ぐ。
判断力、身体能力、高さを兼ね備えた若者で、これから非常に楽しみです。

そんなわけで、優勝候補のイランに勝ったわけですが、国民性なのでしょうか?

日本が負けても相手の選手にそういうことはしないと思うのですが、大迫勇也選手のSNSを狙って書き込みが、、、

と思ったらその煽りを受けての「風評被害」???

マラソンの大迫傑選手のSNSに書き込みが(苦笑)

とんだ風評被害ですね、、、

でも、そういうことでも話題になると名前も知られるから、こういう著名人にとってはいいことのようにも思います。

マラソンの日本記録保持者を知らない人もいますからね。

僕は同様に風評被害を受けたサンフィレッチェ広島のゴールキーパーである大迫敬介選手を知りませんでした。

だから被害と受け止めず、話題になって名前を知られたいいこととして捉えて、これからも頑張っていってほしいなと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-01-29 20:30 | 徒然に | Comments(0)

どこに鍼をするか、、、

立っているより座っている方が楽。

立ちっ放しや、座りっ放しという状態でなくても、ちょっとその状態をとっただけで、なんとなくいい感じがしない。

普段感じていなくても、意識させてみると、そう感じる人は少なくありません。

立ってる状態の方が嫌な感じ。
からだが強張る。

どういう症状が主訴かということに限らず、こういう方には足に鍼をすることが多いです。

もちろん弁証論治はします。

その上でどこに鍼をするか。
鍼をする方にも個性が出ますからね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-01-28 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

休日の今日は高田馬場にて鍼の勉強会でした。

午前中は坂井先生による空間診の講義。

午後はふたコマぶっ続けで「空間診、原穴診、押手」の実技。

みなさん休憩時間も惜しんで熱心に取り組んでいました。

来年度からはe-Learningも始まり、実技の時間が今日のように多くなります。

座学、基礎知識はもちろん大事ですが、家や自分でできることは、各自でやってもらった方がいいですからね。

そうすれば手から手へ伝えることに時間をさける。

でもそのためには伝える方がしっかり伝えられないといけませんよね。

まだまだ自分自身足りないことが多い。

教えながら学び続けています。

これからフットサル。

思い切り走ってきます!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-01-27 16:45 | 鍼の修行 | Comments(0)

自分

自分のことは自分が一番よく知っているようで、実は一番よく知らない。

僕はそう思います。

そういうことを前提にしていれば、自分のことを誰がどう思うかなんて特に気にはなりません。

自分がやっていることだって、自分が思ってるように出来ているとは限らない。

不完全な存在です。

それを踏まえて人間関係を構築する。
ストレスに感じたり憤ることはそれほどないんじゃないでしょうかね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-01-26 23:15 | 徒然に | Comments(0)

からだは正直

今日2診目の方。

初診時では「肝の臓」のツボにパーンと張った実の反応。「胃の腑」のツボはペコっと凹んだ虚の反応。

主訴ではないですが、数ヶ月前に胃炎と診断されていて、食欲はイマイチ。
痛みは今はないが、スッキリしない感じでした。

今日診てみると、凹みが改善されているではないですか!

僕「胃が回復してきましたね。」

患者「胃は気にならなかったです!」

からだは正直です。

あっ、もちろん主訴も改善されていますよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-01-25 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

ウェルカムです!

今日いらした普段から患者として来ている小学生の男の子の母親。

家族がインフルエンザに罹って大変だったとのこと。

そしてインフルエンザが治ったから子どもを連れて来院。

僕「インフルエンザも来ていいんですよ。」

母親「えっ?そうなんですか?」

他の患者さんに迷惑がかかるからと気にしてこなかったり、僕に伝染しては悪いと思って来ない方いるようです。

同じ空間にいたらマズいと思う患者さんと一緒の時間にはしません。
一緒にならないように僕が判断して避けます。

僕はそんなタマじゃありません。

マスクをすると気の鬱滞が起こるから巡りをよくするために口鼻はオープンです。

でも鼻呼吸ですよ。

大事なのは自分です。

職場で近くに座っている人がどうこうとか、電車で隣の人がマスクをしないで咳をしていたとか、あまり重要ではありません。

人のせいにしてはダメです。

そう思う気持ちが病を作ります。

自分の状態に自信のない人はウェルカムじゃダメです。

みんながそうしろとは言いません。

でも僕はウェルカムです。

隣で咳してたって、僕にツバを吐きかけなければ問題ありません。

治療も喜んでします。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-01-24 20:30 | 徒然に | Comments(0)

インフルエンザ流行っていますね。

学校でも学級閉鎖や学年閉鎖になったという話も聞きます。

インフルかもという人は当院にも来ていますが、正直僕らには断定することはできません。より病邪として強力だなぁとか、単純に片付かないなぁと感じるものはそうだろうなと思いますが、基本外感病の延長なので、明確な違いはありません。

我が家はというと、、、

実は長男が昨日学校から早退するよう言われて昼前に帰ってきました。

37.5度あるからインフルエンザも流行っているので帰るようにと。

友達に体調悪そうと指摘されたみたいですね。
それに先生も同意して保健室に行くことに。

給食を食べずに帰ってきたため、腹減ったと言って食べて寝たようです。

僕が昼に家に戻る前には39.5度。

戻って診ると発汗していたので、しばらくしてから診るようにしようと様子見。

空いた時間に戻ると普通にゲームをしていました(笑)

頭重感とか残り、若干熱はあるものの、あまり問題なし。

でも当人はインフルエンザの検査をしてみたいと。

実は長男、注射からも逃げ回るような輩でして、そんなのが鼻の穴に突っ込まれる検査を受けられるのか?!と疑問だらけですが、じゃあ明日熱が顕著であればということでやり過ごしました。

今朝は37.3の微熱。

治療をしましたが、顔に赤みがあるから、体温計られたら帰されると思い、休むことに。

昼間診る前は37.1度。
治療したら36.7度。

全く問題ありません。

我々の治療では体温計の数字は参考にはしても重視はしないのですが、学校での判断基準のひとつですからね。
普通になるに越したことはありません。

もう検査する意味もないでしょう。

そもそも熱を出して病院に行ったこともなく、かかりつけ医なんてものがうちには存在しないので、どこに行くのか迷っていたところです。

いつか病院に行く日が来るのでしょうか。

どういうことをするのか興味があったりするのかな?

休んで、他に休んでる友達とウイイレをやりたかっただけな気もするので、学校におとなしく行くべきですね。

家にいる暇な中学生は、ゲームするか食べるか、スマホをいじるかになってしまいますからね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-01-23 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

入山せんべい閉店に思う

浅草はすし屋通りにあった創業1914年の老舗煎餅屋さん、「入山せんべい」がその長い歴史に幕を閉じました。

店の前を通ると座って焼いている姿が見え、いい匂いがする。
店の佇まい、雰囲気が職人気質を醸し出しているなんとも言えないいいお店でした。

でも、食べたことはありながら、自分自身で買ったことはありませんでした。

種類はしょうゆ味の一種類のみ。

店を閉めた理由は詳しくは知りませんが、浅草も変わってきて、変わらない老舗もありながら、新しいおしゃれなお店も増えています。

寂しいですけどね。

なくなったものは、やっぱり必要だとまわりが勝手に思っても、戻るものではありません。

古代中国の鍼灸の文献だってそうです。
ものすごい重要なものでも、支配者が変わることで全て灰になったりしてきましたからね。

外国人だらけの浅草。

お店も外国人が経営するようなところも増えています。

お店を貸す方はお金がしっかり入ればいいのでしょうが、先を見据えて、浅草というものをもっと考えて取り組んでくれたらなぁと勝手ながら思います。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-01-22 20:30 | 徒然に | Comments(0)