人気ブログランキング |

続きです。

駅の方から再び興福寺に戻ってきました。
f0356588_23505092.gif
前に来たのが何年前か忘れてしまいましたが、工事中だった中金堂が荘厳な姿を見せてくれていました。
f0356588_23522992.gif
ここでの目当ては国宝館にある阿修羅像と金剛力士像。
もちろんそれらは撮影禁止です。
f0356588_23551883.gif
これは入り口ではありません。

東京の国立博物館に阿修羅像がやってきたときは、1時間待ちが当たり前で、止まって見ることなどできなかったのですが、ここではじっくりと足を止めて見ることができました。

やっぱりそういうふうに落ち着いて見れないとね。

ゆったりと。

金剛力士像の躍動感溢れる感じもしっかりと目に焼き付けてきました。
僕の中でかなり好きなものの一つです。

外に出ると、月曜日だからそれほど多いわけじゃないけど、それでも人がいっぱい。

春日大社で静かな感じを味わっているだけに、この日はそれを求めたい。

そんなわけで、奈良から歩いて人があまりいなそうな古墳、平城宮跡へ歩いて行くことにしました。

次回へ続く。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ



by shinkyu--kaminari | 2019-08-31 23:30 | 徒然に | Comments(1)

続きです。

新薬師寺を出た後、志賀直哉旧居に立ち寄り、春日大社に戻りました。
f0356588_23202943.gif
特別参拝をするためです。
巫女さんの案内つき。
f0356588_23213176.gif
時間が経ち人も増えてきていて、観光地っぽくなってきていました。
写真はなるべくそれが写らないように撮りましたけどね。
f0356588_23253006.gif
春日大社は燈籠が多いことで有名です。

参拝を終えると、人が多く場を楽しむより観光っぽくなってきたので、春日大社を去ることにしました。

ぶらぶらと興福寺を通りながら昼メシ散策をするため、奈良駅の方に。

鍼灸師仲間にオススメされていた「ほうせき箱」というかき氷屋さんを、偶然通ったのですが、すでに整理券の配布が終わっていました。

まぁまるでかき氷を食べたいと思うお腹ではなかったのですがね。

お昼はあったかい素麺。

食べ終わりやっぱり興福寺の阿修羅像や金剛力士像に会いたいと思い、興福寺に戻りました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-30 23:15 | 徒然に | Comments(0)

昨日の続きです。

清々しい気分になった後、特別参拝へと行きたかったのですが、開くまで少し時間がかかります。

そのまま山の中を歩き、新薬師寺へと向かいました。
f0356588_22064482.gif
春日大社は以前にも行ったことはあったけど、ここははじめて。

本堂、薬師如来坐像、十二神将立像と国宝が目白押しです。

上の写真は本堂。奈良時代の建物で、建物の中にいると、定期的に木の軋む音が聞こえます。
生きているかのようです。

十二神将立像は塑像です。

よく奈良時代の塑像が残っていますよね。

一躰は地震で壊れ、補作になっていましたが、部分的に色も残っていますからね。

十二神将にそれぞれ干支も割り当てられているのですが、その方角に向いているのかと思ったらバラバラ。

建物内におられたお寺の関係者に尋ねても、なぜこの並びなのかはわからないとのこと。

まぁ仕方ない。
f0356588_22494625.gif
中は撮影禁止なので、入り口だけ。

ここも時間が早かったからか、あまり人もおらずゆったりと過ごせました。

自然と歴史にゆったりと触れる。

いいもんです。

ブログもゆったりと。

当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-29 22:30 | Comments(0)

一昨日の月曜日の夕方は師匠の治療院にいたわけですが、それまでたっぷり時間があったわけで、何もしてなかったわけではありません。

朝から直前まで実りある時間を過ごすことができました。

何をしようか、どこに行こうか直前まで決めていなく、前日の飲み会時に、どこがオススメか聞いていたのですが、ここに行こう!と思ったところがありませんでした。

朝になって思い立ったのが、以前行ったときは、夕方で暗くなったときだった「春日大社」。

特別参拝にもまだ行ってなかったので、その後の予定は決めず、まず「春日大社」に向けて出発しました。

まだ7時台。駅から春日大社に向かって歩く人はあまりいません。
f0356588_20580615.gif
一之鳥居をくぐると木々に囲まれた静寂の世界。
f0356588_20571272.gif
目の前にいるのは人がひとりと、鹿のみ。

木漏れ日がさす中歩いていると、なんとも言えない感じになります。

歩みが自然とゆっくりになり、頭がスッキリしてきて、胸の奥が広がってくる。

僕はゆったりとした心で普段過ごせていると思ったら、そうではありませんでした。
心がゆったりしている状態というのはこういうことを言うんだ、とこのとき思いましたね。

時間にとらわれず、大自然と一体になっているとき、それは自分であって、自然の中に溶け込んでいる自然の中そのもののような感じ。
あまり境界がないように感じます。

やっぱり参拝は朝がいいです。

次回に続きます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-28 21:30 | 徒然に | Comments(0)

師匠の鍼

日曜の大阪での研修会に引き続き、昨日は奈良で師匠の治療をみさせてもらいました。

師匠は結果が何よりも説得力をもたらす臨床において、圧倒的な結果を残し続けてきています。

治療も受けてきました。

はじめて「公孫」に。

酒を飲むと疲れる。

肉体的負荷をかけても疲れは感じないんですけどね。酒を飲むと次の日動きが悪い。

飲み過ぎるとですね。

まぁ疑いようもなく脾の問題です。

非常に刺されたときに痛みを感じやすいところです。

師匠の刺鍼でも今回ピリッと痛みはありました。

でもしっかり効きます。

昨日も書いたように、衛気をとらえた上での刺鍼であれば、ちょっとした痛みはどうでもいいです。

受けてて再認識しました。

治療をみることで得られるものももちろんありますが、受けることで得られるものも多いです。

恵まれた環境にあることにただただ感謝。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-27 22:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

昨日は大阪で「(一社)北辰会夏季研修会」に参加してきました!

今回は午前も午後も実技!

そういう特別な研修会です。

そして教える側ではなく、しっかり教わる側です。

僕らの班のテーマは「衛気(えき)」をとらえた刺鍼。

衛気とは体表の浅いところ、体表から少し離れたところを流れる気です。

鍼が近づいていくとき、身体も反応します。
それを乱さないように刺鍼をしないと、単なる物理的な鍼刺しになってしまいます。

ただ痛いだけの鍼。

「痛くない=衛気をとらえてる」というわけではありません。

衛気をとらえていても、多少痛い場合もあります。
 
お互い鍼を刺し合った先生は、みんな臨床家です。それぞれ自分の形をもっています。

でもよりよい刺鍼をするために、その形をいったん崩す必要もあります。

ぎこちなくなったりもしましたが、修正し、新たな感じを得られました。

今回指導してくださったのは、油谷真空先生。

油谷先生の刺鍼は無駄がなく美しいです。

今回終わった後の飲み会で、油谷先生と代表からありがたいお言葉をいただきました。

いつもありがとうございます!

とても実りある研修会でした!

そして泊まって今日は師匠のところで研修。

そのことはまた明日に。

もちろん送り出してくれている家族にも感謝です。

当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-26 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

短絡的に考えず

膝が痛いと言って来院してきた初診の方。

山登りを本格的にやる方で、登山中に痛くなったとのこと。

ここ数年毎年。

本格的にするようになってから。

泊まりで行く荷物などが重い時期に痛くなる。

明らかにそれが原因と思われますが、それを鵜呑みにせず、裏付けをとり、七情の問題なども聞いていきます。

デスクワークをやっていて、もともと運動はしていない方。

緊張強いにより、股関節が広がりづらい。

肝経の緊張。

こういう方に負荷をかけると、膝に問題は生じやすい。

単なる使い過ぎで済ましてはよくないですね。

いっぱい使ったって痛まない人は痛まない。

その人はなぜ痛くなったのか。

そこをしっかり考えます。

短絡的に考えず。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-24 19:30 | 初診 | Comments(0)

気が緩んだときに、、、

東京は最近一時期の暑さとは違う感じになっています。

まだ暑いけど、そこまでじゃない。
湿度が高いけど、気温がそこまで高くないから、まぁそこまでじゃない。

ホッと息が抜ける感じになっています。

こういうときに、体調を崩したりしやすいです。

ストレスがかかっているときではなく、解放されたときに症状が出る。

同じような感じですね。

ものすごく暑いときではなく、少しやわらいだときに症状が出る。

もちろん最中に出る方もいます。

それにはそうなる意味があります。

忙しいときではなく、休みになったときに体調を崩す、とか。

思い当たる方、そうならない身体にした方がいいですよ。

それはしっかり身体に表れます。

改善もできるのです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-22 22:00 | 東洋医学 | Comments(0)

決断、、、

滅多にないのですが、飛び込みで「今できますか?」と来院されることがあります。

もちろんできる状況であれば診るのですが、初診は問診など含め時間がかかります。

それを簡素化して治療できないか?

できないことはありません。
目の前を通りがかり治療をしていこうと思う状態というのは、事前に調べてどこで治療してもらうか考えて来院するより、重篤でないことが多いです。

でもそれはあくまでも相対的にそうなのであって、そうでない人もいます。

以前は受け入れていたのですが、しっかり詰めていなかった結果、満足のいく治療効果をあげられなかった経験があります。

その方が割合は少ないのですが、お互いに嫌な思いになるので、遠慮してもらうことにしています。

他の来院する患者さんに迷惑をかけることにもなりますからね。

そのときは縁がなかったのです。

後日見えられる方もいます。

安易な考えで鍼の評判を悪くするわけにはいきません。

折角鍼をしようと選択したわけですからね。

臨床は戦さのようなものです。

中途半端な状態で臨んだら痛い目にあいます。

今日いらっしゃった方すみません。

またの機会に。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-21 20:30 | 初診 | Comments(0)

今週末は、、、

8月も後半に入りました。

子どもの夏休みも先が見えてきてホッとしている方もいるかと思います。

そんな時期に毎年恒例の「高円寺阿波おどり」があります。
24日、25日の土日。
実は日本三大阿波おどりというものがありまして、一つはもちろん本場徳島。
もう一つは高円寺。最後の一つは埼玉南越谷なのです。

ここも実は今年は高円寺と同日開催です。

僕が所属する連は、毎年高円寺に日曜のみ参加しています。

当然僕も出たい気持ちはあるのですが、鍼の夏季研修会と重なっています。

数年間阿波おどりを優先していましたが、昨年から再び夏季研修会の方に参加しております。

本分はこっちですからね。

東京で阿波おどりをやっている人の中には、高円寺は特別、他は出なくても高円寺は出たい、と思っている人は多いですが、僕はそんな想いはありません。

確かに観客は多く、独特な雰囲気があるのですが、僕にとっては地元の出演の方が想いは強いです。

批判ではなく、人それぞれということです。

僕には年一回踊りに来て醜態をさらすのは耐えられない。
やはり年一回しか踊らないと進歩もしないし、逆に体力もリズム感も落ちますからね。

というわけで、高円寺に僕を見つけに来てくれる方申し訳ありません。

今年も出ません。

またいつの日か、、、


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-20 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)