アメフトの話題

日本でアメフトの話題が新聞やネットで盛り上がるのは、正月に行われるライスボウルという学生と社会人の日本一決定戦か、アメリカのプロであるNFLの優勝決定戦であるスーパーボウルくらいです。

それが最近テレビでもネットでも連日取り上げられています。

よくないことで。

今月の6日に行われた関西学院大学と日本大学の試合において、危険極まりない不必要なタックルが行われました。

僕は7日に鍼灸学校の同級生であり、アメフト仲間でもある友達のSNSの投稿によって知りました。

率直な感想は

「これは絶対にやっちゃいけないプレー」

その後ネットのニュースで取り上げられてた試合後の監督が
「うちのチームはあのくらいの気持ちでやらないと戦っていけない」というような発言から、これは監督がやらせている部分が大きいと思いました。

観たことのない人、やったことのない人はイメージしづらいと思いますが、衝突することが当たり前のスポーツですから危険性は他のスポーツより高いですが、その分ルールによって守られている部分も多いです。

例えばフェイスガードという顔をカバーしているものを掴んだらいけないとか、首を掴んではいけないとか、後ろからブロックしてはいけないとか。

危ないですからね。

その中のひとつに
「ラフィンザパサー」

“パスを投げ終えた人にタックルしてはいけない”

というのがあります。

パスを投げるとき、ディフェンスは投げさせずにタックルしてやろうと突進していきます。だから、投げた瞬間にタックルを受けるというのはよくあるのです。

これは許されるところです。
投げるフリだけすることもありますから、御構い無しに行くわけです。

またすでにボールが投げられてて勢いが止まらないというときもあります。

そのときは接触したりもありますが、タックルはしません。

この間というところが反則として多いところです。
投げられて1秒くらいですかね。

そこで今回のプレーですが、投げ終えて3秒くらいたっていますね。
勢いが止まらないというレベルでもなければ、気づかない状況でもありません。

つまりは明らかに狙っているわけです。
そしてその後のプレーで退場することになった当人に対し、何か指導をしている様子もありません。

指導者が想定しているような感じです。

試合後の監督の発言からすると、何も問題を感じていないような様子でしたので、これはそういう取り組み方で指導しているんだと思わざるを得ません。

日大は昨年度の学生日本一のチームです。
成し遂げたのは選手ですが、この内田監督による功績は大きいのだと思います。

でも大事なことは何か。
どこにアメフトの魅力はあるのか。

それを見失ってはいけないと思います。

個人的には監督の辞任は当然で、チームとしてどのくらい出場停止にするかというところじゃないでしょうか。解散という意見もあります。一選手の問題ではありません。他の選手が関わりのないことならはじめのプレーの後に正すことができたはずです。

アメフトはアメリカでは一番の人気スポーツです。
こういうことじゃなく、いい面で話題になってほしいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-05-15 20:30 | 徒然に | Comments(0)

続・急逝に思う

昨日の続きです。

健康のためにいいことをしているのに、身体に問題が出る人。

これは運なのでしょうか?
それとも何か理由があるのでしょうか?

何が起こるかわからない。

そんなフレーズも耳にしますが、運を天に任せるしかないのでしょうか?


僕はそんなことはないと思っています。

例をあげましょう。

東大を受験する人がいるとします。
一方は東大に入るために毎日10時間以上勉強している人。
もう一方は、それほど勉強せずとも一度目を通すと頭に入ってくるので、毎日何時間も勉強したりはしない人。

この2人でどちらがより東大に入る可能性が高いかと推論することはできますか?

なんとも言えないですよね?

両方とも受かるかもしれないし、両方とも落ちるかもしれない。

ただ、このやり方で、途中模試において後者の方が合格する可能性が高いと判定されているならば、後者のやり方は要領がいいと言えると思います。

また前者が結果を残せていないならば、効率が悪い、要領が悪いということになるでしょう。

いいと思われていることをやっているとしても、内容がどうかということまではわかりません。

健康のためにやっていることもそうです。

運動を身体が喜ぶように、めぐるようにできているのか、負担となっているのか、「やっている」という事象だけではわからないのです。

じゃあ何をもってそれがわかるか?

身体を診るとわかります。

いいと言われることをしているけど、こういうところに負担がかかっている。
頑張りすぎて無理している。
余計な力が入りすぎて、身体を緊張させてしまっている。

というようなことが反応として出るわけです。

それを改善できて、いい状態が保てれば未だ見えざるものに怯える必要はありません。

恐れている方が病気になります。

「突然」とよく言いますが、突然ということはありません。

前触れは必ずあります。

でも自分でそれを感じれる人が少ないだけです。

信頼できる鍼の先生。

必ず見つけておいた方がいいと思います。

いい状態のバランスに日頃整えてくれます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-05-14 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

急逝から思う

昨日50歳で心筋梗塞で急逝された方のお通夜に行ってきました。

阿波おどりでお世話になった方です。

海外赴任で、日本に帰ってきたときに、病院で検査は受けていたりしたそうですが、心臓の検査だけは時間的にできなかったようです。

検査できていれば対処ができたのに、と思うでしょうね。悔やまれます。

検査も大事だとは思いますが、僕としては鍼をしていれば、、、というように思います。

悪い方に傾いている状態を改善する。
あるべき姿に導く。

それが東洋医学の鍼灸治療です。
流れていない状態を流れる状態にする。
足りてない状態を補う。

あるところに偏ってしまっている状態を整えることが根本です。

陰陽バランスを整える。
脚の長さ、肩の高さという見た目のバランスだけを言っているわけではありません。

よくなった方でも、月1回、2ヶ月に1回とかの治療を継続した方がいいというのは、それが大病しないことに繋がるからです。

鍼をしていれば確実に心筋梗塞になることを救えたかどうか、それはわかりません。
でもその可能性は大いにあったと思います。

病気を見つけることより、ならないように努めることの方が重要です。

「でもあの人は健康のために食事も気をつけていたし、運動もフルマラソンとかも走るくらいやっていたのに、早く亡くなってしまった。テキトーの方がいいんだよ。」

と言う方もいます。

確かにこういうことは聞きます。
どう思いますか?

次回に続けます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-05-13 23:15 | いわゆる… | Comments(0)

まだまだ甘い

「呼吸」の大事さは何度となくこの場で説いてきました。

生きている上での活動で何よりも大事なこと。

呼吸をよくすることで身体はすこぶるよくなるということを、常日頃患者さんにも説いています。

でも、自分自身まだまだでしたね。。。

とてつもなく動きの悪いところを自分の中に見つけました。

結果的には喜ばしいことなんですけどね。
僕は自分にできないことは患者さんにも要望しないようにしているので、ちょっと申し訳なく思ったわけです。

ちょっとね。

でもこれによって内側からじゃないとゆるめられないところがあることも再確認できましたし、身体が上下に縮こまっていることには目を向けていたのに、前後に縮まっていることにはあまり意識していなかったことにも気づけました。

呼吸で背中の動きを豊かにする。

これをこの先追求して生きたいと思います。

楽しそうだ(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-05-11 20:30 | 備忘録 | Comments(0)

民泊詐欺?

ごく稀にある外国人が「ガラガラッ」と当院の戸を開けるできごと。

今日の昼下がりに久々の来訪者です。

夫婦のような2人ですが、大きなスーツケースを持ったままです。

プリントアウトした紙を見せて、この住所はここかと尋ねてきました。

見ると確かにここの建物の住所が書かれてあります。
でも部屋番号が書かれていません。

怪しいですね。

電話番号は書かれてあるけど、電話は持っていないとのことなので、僕から電話しました。

話し中。

もう一度かけても

話し中。

本当に話し中かもしれませんが、民泊を掲げているのに、部屋番号がどこにも書かれていないことがいかがわしいですね。

せっかく日本の浅草にきたのに、そこで悪い印象を持って旅をすることになる。

残念でなりません。

こういうのは多いのでしょうかね。

2人が帰った後、そういえば隣のマンションも同じ住所だった、と思いましたが、部屋番号が書いてないことには同じですね。

こういう場合はどういうことを提案してあげたらよかったんでしょうかね?

できることは何かあったのだろうか?

今後も起こり得る可能性のあることですからね。

対策をせねば。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-05-10 22:30 | 徒然に | Comments(0)