気になるマンホール

昨日長男のサッカーの試合を観に中央大学多摩キャンパスに行ったとき、ふと目にとまりました。
f0356588_21224295.jpg
義父が様々な地域によって違うマンホールの写真を撮って収集することが趣味のひとつなので、これは珍しいと思ったけど、他の大学でも同じようにあるのでしょうかね?

自分が学生のときは気にもとめなかったですからね。

どうでもいいことですけどね。

官庁とかそういう特別な場所にあるものはどうなの。

ちょっと気になります。

気にして過ごしていこうかな。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-10-15 21:30 | 徒然に | Comments(0)

はり師じゃなくほり師?

その世界にいると周りからどう見られているかわからず、ときたまびっくりするようなことが発覚したりします。

「伝統鍼灸かみなり」も4年が過ぎ、この土地に認知されているところもありながら、そうは言っても病院と比べて極少数の方が通うところ。
知らない人の方がはるかに多いでしょう。

今日初診で来られた方からの話を聞き、とても気づかされました。

その方は浅草に住んで4〜5年。
当院ができる少し前から住んでいて、存在は知っていたようです。

でも鍼灸院だという認識はなかったようで

「からだに彫り物をするところかと思っていました(苦笑)」

とのこと。。。

そういえば以前外国人が、看板にある雷神を彫ってくれないかって突然訪れてきたことがあったのです。

雷神のロゴ。
少し怖い感じがそうさせるのかもしれません。

もちろんそれが多数ではないのですが、勘違いすることも確かなわけで、「鍼灸」という文字も結構知らない人は多いんですよね。

同業者によっては「東洋医学」と頭に書いているところもあります。

まぁ看板を見て鍼灸院だと認識したから入ってくるわけではないのですが、鍼灸院としての存在は認識してもらっていた方がいいと思います。

鍼治療を受けようと思ったときに、そういえばあそこにあったと思って調べることもあるわけですからね。

だからといって看板を変えるわけではないのですが(笑)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-10-13 19:30 | 徒然に | Comments(0)

足の重要性

何度かこの場でも書いていると思いますが、人体にとって「足」はとても重要です。

もちろん脚がなく生きておられる方もいるので、臓腑における重要性と並べて語るものではないのですが、身体のバランスを語る上で骨格上最も重要だと考えています。

二足歩行をする上で欠かせない土台である「足」

この小さな土台に全てが乗っかっているわけです。

「足」を適切な状態で使えているか。

そんなこと考えながら過ごしている人はまずいないと思います。

でも足首が硬いと自覚している人は多いです。
これは一流スポーツ選手でもです。

10年以上前、まだトレーナー活動をしていたとき、足首の硬さを改善させることが最も難しいと感じていました。

今はというと、実は難しいとは感じていません。

硬い人も改善可能です。

足に重要なツボが沢山あることは、必然だなぁと感じます。

身体の不調は足のツボにも顕著に現れるのですが、それが整うと身体自体がよくなります。

目的は「足」をよくすることではなく、身体をよくすることでも、いい足になるのです。

いい足をしている人は健康です。
間違いありません。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-10-12 20:30 | 徒然に | Comments(0)

曲泉というツボ

足の厥陰肝経という流れの中に、「曲泉」というツボがあります。

膝の内側にあるのですが、これを取穴するときは、膝を曲げてとる、というようにあらゆる書物に書かれてあります。

まぁ僕があらゆる書物を読んだわけではなく、中国の「穴位通鉴」というツボに関する由来やら効能やらをあらゆる書物から抜粋している、ツボの辞典のような本に書かれているんですけどね。

「必ず」曲げてとる。

そのように書いてもあります。

曲げたときと、そうでないとき、体表観察能力が上がってくると、どっちが反応として顕著かはわかります。

最近曲泉が自分の中では少し流行っています。
主に運動器疾患にですけどね。

肝の問題から股関節内旋、回内足になっているような人に使うことが多いですね。

割といます。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-10-10 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

資格の有効期限

鍼灸の資格は一度取得すると更新の必要はありません。

楽ですが、使っていない人は取り消すような措置があったり、研修みたいなものがあってもいいかなと思いますけどね。

何かしら学んでいないと資格を維持できないシステム。

いろいろな流派があり、難しいんでしょうけどね。

アスレチックトレーナーの資格には更新制度があります。
4年間のうちに指定された講習を受けなければなりません。
更新初年度に受けても、最終年度に受けてもいいのですが、毎年都合が悪く次でいいと思っているうちに最終年度になってしまいました。

僕は来年の9月が更新なので、来年の3月までに講習を受けなければならず、場所は大阪、、、

まだ確定していませんが、予定では3月3日。

別の用事で大阪には他の週に行きたいんですけどね。。。

そして更新のためには心肺蘇生法の講習を別に受けていなければなりません。
それが施行されたのが平成28年から。だから前回の更新のときには課せられていなかったのです。

それならばと行けるときに行こうと思い、2年半ほど前にそっちは日赤で受講していたのですが、有効期限というものがあり、期限は取得してから3年。僕にとっては来年。
なんと取得したのが3月2日。。。
講習を受けるときにはもちろん有効期限内のものが必要です。

先走って取ったのが意味のないものになってしまいました。
しかも当時3月の受講までは期限が3年で、4月から5年という中での受講だったことを今回調べていて思い出しました。

まぁ仕方ないので早速日赤の救急法の受講を申し込みました。
後になって受講できなくなっても困りますからね。

更新に気づかず運転免許を失効してしまう人もいます。
みなさんも資格の更新や期限切れに注意してください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-10-09 20:30 | 徒然に | Comments(0)