人気ブログランキング |

タングラム

親子ともに診ている方は何人もいらっしゃるのですが、小さすぎると子どもだけ、大きければ、終わった後は子どもだけ帰る、というようなことになりますが、その間の年齢の子は、親としてはできれば一緒に来て親子とも治療して一緒に帰りたい、という思いがあります。

子どもの方が治療時間は短くなるので、待つことになります。

何か持ってくる子もいますが、当院にあるものを利用する子も多いです。

あるものとしては本が多いのですが、凝視して目が疲れてしまう子もいるんですよね。

頭の体操になって、長く遊んでいられるもの。

そういうのを求めていたときに、妻から「タングラム」はどうかと。

立体パズルや知恵の輪とかだと、できたらそれで終わってしまうから、それを使って自分で形とかを想像してできるものの方がいいという指摘。

ということで、早速「タングラム」を購入しました。

そして早速ハマってる子が!

でもこの子は兄弟と一緒に来るから、そんなに待つことはないんですけどね。

そのため、治療が終わってからもできるまで熱中し、見事パズルのはめ込みの方をやり遂げて帰りました。

こうなると狙いとは違うのですが、それはそれでいいでしょう。

ちなみにこれが「タングラム」です。
タングラム_f0356588_18050203.gif



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
タングラム_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2021-04-10 20:30 | 徒然に | Comments(0)

お尻歩き

長座姿勢でお尻で歩く、いわゆる「お尻歩き」

やったことありますよね?

ないですか?

試しにやってみてください。

どのようにからだを動かしてますか?

ふつうに歩くのと同じように腕や体幹を動かしますか?

それでは動きづらいですよね。

おそらく脚が前に出る方の腕を一緒に出していると思います。

そうしていない人はそのように動かしてみてください。

その方が動かしやすいと思います。


これは座っているから特別な使い方をしているわけではなく、本来のからだの使い方を必要に応じて自然と出ているだけです。

からだが前に進むために、腕は『下に向かって』動かすということです。

前ではありません。

座っていますから、脚方向に腕が動くということは立っているならば方向は下です。

実はこれが歩くときや走るときにも必要な下向きの力です。

そして逆側では反対の動きがあるわけですから、上向きの力も加わっています。

腕を前後に動かすのは、からだの推進力にはなりづらいのです。

脚が出る方とは反対の腕が前に出るわけですからね。

そんなことを思い切り行うとかなりの力のロスです。

自然な動きとは何か。

からだと対話していくとわかっていきます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
お尻歩き_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2021-04-09 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)

「老い」について

「トシですかね?」

「トシだから仕方ないと思うのですが、、、」

こういう年齢を基準とした発言をされる方よくいらっしゃいます。

しかも僕より若い人で言う方も少なくない。。。

悲しい発言ですよね。

確かに生物には寿命があります。

人においては、どんなに長くても150歳まで生きたという話は伝説以外聞いたことがありません。

120歳が限界のような感じです。

でも、30代や40代に入ったからといって「老い」を意識するほど衰えるものでもありません。

いいように過ごせていれば。

たいがいは、良くない生活によって「老い」を感じるようになるわけです。

トシを重ねてできなくなることもあれば、できるようになることもあります。

僕も今のからだの使い方を20代の頃に分かっていれば、もっと選手として活躍できたという思いがあります。

走る速度は以前より遅くても、洗練した使い方ができるようになっています。

できなくなったことに焦点をあてるより、できるようになったことに焦点を当てる方が、活き活きと生きることができるでしょう。

個人的にはまだまだ「老い」には遠いと感じています。

そして「老い」が悪いわけではありません。

経験することでしか得られないものもありますからね。

いい「老い」をしていきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
「老い」について_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2021-04-08 21:30 | 徒然に | Comments(0)

転んだりしたとき、周囲の人に

「大丈夫ですか!?」

と聞かれると、咄嗟に

「大丈夫です!」

と応えてしまいますよね。

まぁ本当に大丈夫ならいいのですが、事故に遭われたときは、まずはやるべき対応をした方がいいです。そのとき大丈夫であっても。

車対人ならば、基本警察を呼んで対応してもらうことになりますけど、自転車対人となると、そのまま去られてしまうこともありますよね。

前日治療に来られた患者さん、なんと帰りに歩いているところ、自宅のすぐ近くで後ろから自転車にぶつかられてしまいました。

一応相手が連絡先を教えてくれて、何かあったら連絡してください、と言われていたようですが、ぶつかられて前に転んで膝などついたものの、そのまま帰宅したようです。

翌日になっていろいろなところが痛くなり、膝のアザもすごくなったので、僕に今日治療できないか連絡がきました。

もちろん治療はできるのですが、相手が自転車保険に入っていて、それにおける対応はできるのか、事故証明はとっていないので、まずそこが難しい。

以前別の事故で骨折し、その後の処置のまずさによって後遺症や可動制限が出たために病院には行きたくないと。

ひとまず相手に連絡してもらったところ、うちでの治療費は払うということで合意できたようです。相手も近所に住んでおられるみたいで、このようにコトが運びましたが、自分でなんとかしないといけないパターンも多いですからね。

相手が誠意ある人で良かったのですが、自転車事故であっても事故証明は取った方がいいです。警察を呼ぶということです。

あとで後遺症が残ることもありますから、後悔しないためにしっかりと対応した方がいいと思います。

「大丈夫です!」

と言ったことでそのまま去っていってしまうこともありますからね。

気をつけましょう!

あっ、治療の方は電話あったひにいらしてもらいしっかりとやりましたよ。
事故で打撲でうちに来ようと思ってもらえるというのは、僕のやっていることをしっかりと理解しているということですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
「大丈夫です!」と反射的に言わない_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2021-04-07 20:30 | 徒然に | Comments(0)

ある意味、、、

他人が言ったこと、行ったことに対してストレスを感じる人いますよね。

仕事でもプライベートにおいても。

ある意味こういう方は他人に対する信頼度、期待感が強いのだと思います。

それは良いことでもありますよね。
騙されやすいとも言えるかもしれませんが、人が良いとも言える。

僕はそういう影響は受けにくいのですが、ある意味冷酷なのかなと、、、(苦笑)

そういう経験があった記憶はないのですが、人の気持ちは変わるし、不変的なものはないという思いがあります。あまり言われたことを意に介さないように自然としてます。

嫌なことを言われても、相手は思いつきで言うこともあるし、相手が言うことと僕が解釈していることがズレていることもある。逆もまた。

長い時間に渡ってそういう感情を温めている方いますけど、温め続けていると味が変わってしまいますからね。その間に一手間二手間かけて余計な感情が積み重なることもあります。

それよりは、天日干しみたいにするか、漬物にしたりして、感情を放っておいた方がいいと僕は思います。

どう思われたいとか、あまり気にしないし、期待してないんでしょうね。
だからといって人を信用してないとか、疑心暗鬼なわけでもありません。

と思います。。。

諦める潔さも持つ。

他人はコントロールできないけど、それよりは自分はコントロールしやすいですからね。

うまく生きましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
ある意味、、、_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2021-04-06 20:30 | 徒然に | Comments(0)