夏休み2018

今日の午後から夏休みです。

と言っても、明日が祝日で、その次が日曜、翌日の月曜の午前中までなので、そんな長くはありません。

前後に長男、次男の合宿があるので、こんな感じになりました。

まぁまとめては休みませんが、ちょこっとまだ休みます。

そして恒例の白州にきております。
f0356588_23274558.jpg
夜になればカブトムシやクワガタムシを見かけるのも珍しいことではありません。

彼らにとっては僕らは他所から来た得体の知れないものたちですからね。

迷惑のないよう自然に親しみたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-08-10 23:15 | 徒然に | Comments(0)

竹踏みいいね!

股関節の外旋可動域を広げる。

これは僕がよく患者さんに言っていることです。

立ち姿勢においても、座っている姿勢においても重要になってきますし、つまりは動くことにおいても重要なわけで、これがしっかりあることが、からだのゆとりにも繋がってきます。

僕は基本的に、自分ができないことは人に言わないというスタンスなので、股関節の外旋域はそれなりにしっかり出せていると認識していました。

甘かったですね。。。

甘かったことに気づけました。

気づいて本来立ち姿勢においてあるべきであろう位置まで外旋させると、右の股関節の滞りを感じます。

まだまだよくなるっていうことですね。

これを改善させるのに、竹踏みがなかなかいいです。
というより、竹踏みをしていて気づきました。
f0356588_18475387.jpg

最近購入したものです。
しっかりとした竹。

気に入っています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-08-09 20:30 | 備忘録 | Comments(0)

偉大なる存在

今5年目に入ってしばらく経った当院ですが、やはり10年20年と続けておられる方はそれだけで素直にすごいと思います。

様々なことがありながらも、ひとつのことを続けるというのは並み大抵のことではありません。

それは業種が違っても同じです。

本日8月8日、母親の店、小料理屋「てるてるぼうず」が20周年を迎えました。

僕が大学在学中にはじめたお店。

浅草の観音裏で何回か移転しながら20年。
たいしたものです。

母親は僕の言うことはまず聞きません。
治療にも来ていますが、たいがい聞かない。
聞くときは自分のからだが相当参っているときです(^^;;

めちゃくちゃなことを言ったりします。

でも、僕も母親の言うことは聞かない(笑)

先日一日一食していることに、ああだこうだ言ってきましたが、全く論点がずれているので、取り合いませんでした。

でも、正論かどうかは別として、やっていることは親子同じだなぁ、と感じました。

僕と母親より、妻と母親の方が似ているように言われるのですが、確実に母親と同じ行動をしていることに、やっぱり自分も似ているのだなぁ、と思わずにはいられませんでした。

おかしなところも多々ありますが、20年続けていることには本当に尊敬します。

偉大な存在です。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-08-08 20:30 | 徒然に | Comments(0)

原因不明??

病院では原因不明と言われた。

そういう方、めずらしくありません。

でもですね、原因は画像の中にはありません。
話を聞く中、からだを触って感じる中にあります。

わからないのは、自分がその人を、そのからだを理解できていないということです。

必ず原因はあります。

鍼は痛いところに、からだの悪いところにしているわけではありません。
原因を対処できるところにしています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-08-07 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

感覚を研ぎ澄ます

僕ら東洋医学的診断で鍼灸をする者は、最終的には手で判断をするわけです。

体表から何を汲み取って、それに対してどうアプローチするか。

「気」を動かすわけですが、意識的にこうしてやろうと無理矢理するわけではありません。鍼をしたら勝手に「気」が動く状態にまで持っていくわけですね。

そこにおいて名人とそうでない人との差が出ます。

相手に直に接するのは「手」ですから、その感覚というのはもちろん大事なのですが、それが遺憾なく発揮されるためには、いろいろなところが通っていないとダメです。

スムーズに流れている状態。
塞がっていない状態。

肩の通りが悪い。
そのことに最近気がつきました。

上背部や胸だと思っていましたが、僕の問題は肩にありました。
肩の通りが良くてくなると、上背部や胸もいい変化をします。

感度が上がるとどうなるか。

今まで見えなかったものが見えてきます。
霊とかじゃないですよ(^^;;

治せなかったものも治せるようになってくる。

知識として勉強すべきことは多いですが、自分のからだを高めていくことも大事です。

体表観察能力が上がれば自分自身がよりいいからだになる。

僕の場合はそう思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-08-06 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)