人気ブログランキング |

治療回数

「あと何回で治りますか?」

こういう質問をされることあります。

これ非常に困ります。

そしてこういう質問をされると、今の自分の状態に対して理解してくれていないんだなぁ、と僕がした説明のわかりづらさを痛感します。

ストレスによって起こっている病だったとします。

治療することで、それに対する耐性、そして考え方などが変化したりもして、同じストレスを受けても、身体にとって負担とならない状態にしていくわけです。

ストレスを受けると身体が強張ります。
身体の弛緩と緊張に関わる「肝の臓」が影響を受けるわけです。

日々のストレスがかなり強い状態だと、よくなっては少し悪くなって、またよくなっては、少しぶり返すなんていうことはよくあります。

感情を持った人を相手にしているわけで、何回やったらオッケーなんて言えないわけです。

例えば英語の現在完了形を理解するには、1時間あれば大丈夫な人もいるでしょう。

これならば何回ということは言える可能性は高いです。

でも英語を日常会話が大丈夫になるということだとどうでしょうか?

これは本人が日々どう過ごすかがとても重要になってくるのです。

治療にもそういう状況はよくあります。

理解してほしいとともに、僕が理解してもらうようにしなければいけないなぁと思うのです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
治療回数_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2020-01-18 22:00 | 徒然に | Comments(0)

先手先手

もうそろそろ大寒。

一年で最も寒い時期になるわけですけど、その後には立春。

そうなってくると花粉症の症状が出だす人もいます。

「花粉症の治療はいつからはじめた方がいいですか?」

こういう質問をしてくる方、いらっしゃいます。

日頃から診ている人であれば、それが花粉症の治療にもなっているんですけどね。

まぁ主訴が全く関係ない病理で起こっている場合は、それに向けた治療も必要ですが。

鍼治療をしてたために、昨年全く花粉症の症状が出なかった方が今回は娘を前もって通わせております。

2〜3週に1回くらいで数回診ておりますが、いい感じの状態です。

これまでと全く違うようにピークシーズンを快適に過ごせるでしょう!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
先手先手_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2020-01-17 22:30 | 東洋医学 | Comments(0)

脚があがってないから?

今日通勤途中に、行進しているように歩いている女性を見ました。

通勤って徒歩5分くらいの間ですけどね。

運動するような出で立ちでもなく、そうであっても不自然ですけど、コートを纏ってヒールは履いてないけど、運動靴でもない格好。

でも膝を上にあげるように歩いています。

違和感しか感じないのですが、ひょっとしたら脚をあげて歩くように指導されたりしているのかなぁ、と思うのです。

よく脚があがらないから、転んだり躓いたりするという説明をする人がいます。

確かにそういうように感じるかもしれません。

実際躓いているということは、何かに引っかかっているわけですからね。

でも足を地面を少し引きずるように歩いていても、躓くことはまずありません。

そもそも歩くとき脚は意識的にあげるものではなく、勝手にあがるものです。

だからあげようとすると変な歩き方になります。

違う言い方をすれば、上にひっぱりあげるものではなく、地面を押すもの。

そのために重要になるのは、足首の動きと足趾の動きです。

これがしっかり使われれば脚は勝手にあがります。

脚があがっていない原因は脚をあげていないことではないわけです。

というように僕は考えています。

行進というのは足並みを揃えるためのものです。普段やるものではありませんよ。

軍隊統率のものですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
脚があがってないから?_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2020-01-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)

まだぶらぶら歩き

昨日の続きです。

歩いて向かったは次男の学校のそばにある「薬研堀不動院」
まだぶらぶら歩き_f0356588_21061402.gif
なんと「川崎大師」の東京別院。

また年末に歳の市も行われていて、下町ではここが年の最後になるようです。

「江島杉山神社」からは歩いて15分くらいかな。ちょっと歩いて橋を渡ってすぐ。

ここでも御朱印をいただきました。

また今回参拝するにあたって「薬研堀不動院」を少し調べたら、なんと順天堂大学発祥の地。
まだぶらぶら歩き_f0356588_22015907.gif
醫の東西は違いますが、現在順天堂大学医学部の中でも、東洋医学を真剣に学ぼうという方たちがおり、そこに尽力しているものが私が所属する(一社)北辰会の中におります。

鍼灸学校時代の同級生ですけどね。

専門学校でも教鞭をふるい、学会でも責任あるポジションにいて、もちろん日々の臨床をメインにやっていて、縦横無尽に活躍しております。

この碑を前に「がんばらねば」という思いを強く持ちました。

まぁここまでそれなりに歩き、ほどよい時間になったので、昼メシを食べ次男のコンサートに向かいました。


# by shinkyu--kaminari | 2020-01-15 21:30 | 徒然に | Comments(0)

休みにぶらぶらと

昨日、一昨日と連休でした。

日曜は午後2時から次男のコンサートを聴きに行く予定があったので、それまで妻とぶらぶら歩くことにしました。

行こうと思っていながら、なかなか行くことのなかった鍼灸界の偉人「杉山和一先生」のお墓と、祀られている神社です。

場所は浅草のある台東区の隣である墨田区。

1時間も歩けば行ける距離です。

はじめにお墓に行きました。
名前は「弥勒寺」
休みにぶらぶらと_f0356588_23331250.gif
都の史跡にもなっています。

そこから神社には歩いて10分くらい。
休みにぶらぶらと_f0356588_23344982.gif
「江島杉山神社」です。

杉山和一先生は盲人の鍼灸師であり、世界初の視覚障害者教育施設とされる「杉山流鍼治導引稽古所」を開設しました。

その敷地が今は「江島杉山神社」となっているわけです。

敷地内で目を引いたのは「岩屋」
休みにぶらぶらと_f0356588_23425208.gif
これは「管鍼法」をあみだしたきっかけとなった場所である岩屋を模したもの。

入った瞬間ちょっと独特な雰囲気がありました。

昨年の5月以来、寺社に行くときに忘れていた御朱印帳も持っていきいただくことができました。

この後次男のコンサートが行われるのは通っている中学校なので、近くにある「薬研堀不動院」をお詣りしようと、また歩きました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございま

# by shinkyu--kaminari | 2020-01-14 23:30 | 徒然に | Comments(0)