背候診(はいこうしん)

患者さんの病態、状態を診断、判断するために、われわれは画像診断をしません。

自分の感覚を使って行なうわけです。

身体が不調になると、症状として出ますよね。
例えばお腹が痛くなったり、頭が痛くなったり、なんとなく怠かったり。

それは血液検査や画像診断をしないとわからないのか?
というとそういうものではありません。

それは様々な反応として体表に表れます。

そしてそれは程度に応じて反応も変わるわけです。

その診断のひとつに「背候診」があります。

背中のツボの状態を診ることで、身体がどういう歪みを起こしているかを知ることができます。

続きは次回に。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2015-04-01 20:30 | 初診 | Comments(0)

隅田公園築山

f0356588_16315065.jpg
桜満開ですね!

【伝統鍼灸かみなり】から近い隅田公園にお昼に行ったときは、道の途中からすごい人と観光バス。

以前から桜の名所として知られていましたが、年々訪れる人が増えていると思います。

特にスカイツリーができたくらいからは中国人の方が異常に増えました。

浅草駅を降りるとすぐに隅田公園の中には入れるので、そこから人は縦に細長い公園内を歩いています。

言問橋を過ぎると人は少ないと思っていたのですが、今はそんなことないですね。

言問橋からさらに北上したところに「築山(つきやま)」と呼ばれる小高い場所があり、僕はそこから見る桜が好きなのですが、以前は地元の人しかいなかったその場にも観光バスが近くに止まり、結構人が降りていきます。

ちなみに写真は築山からのものです。

多くの人が集まり賑わうのはいいことですが、訪れる人は生活空間に入っているという意識を持つ必要があると思います。

もちろん自分が他の場所に行くときもそれは忘れてはならないものですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2015-03-31 20:30 | 徒然に | Comments(0)

年度末は、、、

昨日は3月最後の日曜日。

次からは新年度ということで、子どもの所属しているサッカーチームでも、これを機にチームを辞めていく子が数人いました。

辞めることそのものは否定しません。
様々な理由がありますからね。

他のやりたいことができたり、受験に備えて勉強に専念したり。

しかし、チームが嫌になったり、サッカーが嫌になったり、練習に来ることが楽しくなくなったりということは、やはり指導者に責任がある部分が大きいので、やりきれない気持ちになります。

トップチームにいる子が辞めることはまずありません。
しかし、Bチーム、Cチームにいる子に対する意識づけ、コミュニケーション、また考えを聞いたりということができていないと、やる気をなくしてしまう子が増えてしまうと思います。

ちょっとした声かけ。

コーチと選手だけでなく、先生と患者、親と子ども、夫と妻。

それぞれにおいて必要なことですよね。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2015-03-30 20:30 | 徒然に | Comments(0)

開業のタイミング

お金の問題や、まわりの環境、自分の実力の問題など。

開業するにあたっていろいろなことを考えますよね?

僕も結果的にこのタイミングでよかったと思っていますが、いろいろ考えた時期がありました。

先輩には「まだ開業しないの?」と言われ、

「診立てがしっかりできるようになるまでは、、、」

と言ったこともありました。

今これに関しては、それが理由なら早く開業した方がいいと思います。

これができるようになったら、というのはいつまでたってもあるものです。

そして開業すると、やらざるを得ない環境になるので、上達するスピードが早くなる。

そのように思います。

もちろんどういう志でやるかによって違いますがね。

誰でも彼でも開業すればいいとは思っていませんよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2015-03-28 19:10 | 徒然に | Comments(0)

腹八分に医者いらず

「腹八分目」

よく聞くことばだと思います。

これは貝原益軒という方が『養生訓』という書物の中で書いたものです。

いろいろなダイエット法があり、あれがいい、これがいいと言われ、出ては消えていきますが、「腹八分目」という文句はなくなりませんね。

一日一食の健康法もあります。
朝食は食べない方がいいという人もいます。

僕としてはこれを特に否定したりはしません。

実際それで健康に過ごせてる人がいますし、みんながみんな同じではないので、右に倣えにする必要はないと思います。

朝食べられないという人いますからね。

僕はというと、朝は食べます。
起きた瞬間からお腹が空いているので、食べないと調子が良くない。

腹八分目を実践できているかというと、半分以上はできているかなと。

でも出されたものは残さない主義なので、たまにあります、食べ過ぎ。

なぜ、八分目がいいか。
腹八分目ぐらいで止めておくと、しばらくして満たされるのです。
満腹までいくと、そのあとさらに満ちるので、いっぱいになりすぎてしまう。

わかっているけど止められない人が多いです。

「腹八分目」

今一度考えてみてはいかがでしょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2015-03-27 20:30 | いわゆる… | Comments(0)