いろいろあります。学校では教えてくれないこと。

シリーズとしてもいけるかもしれませんね。

今日は常日頃言っている身体の使い方とも関わるのですが、和楽器について。

和楽器を音楽で教わることってありましたか?
1998年の文部省(現 文部科学省)の学習要項改訂で、2002年から中学校での和楽器教育の義務化と、小学校でも積極的に和楽邦楽への関わりをもたせるという指導目標が掲げられ、
高価な本格派和太鼓や三味線、篠笛のかわりに授業ではプラスチックの皮の張られたもの、プラスチックの笛でとりいれられたりもしているようです。たしかに、天然の皮や木や竹で作られた和楽器よりは音質が格段に落ちますが、それでも、和楽器に親しむきっかけにはなるのでしょうか。
可能ならば、本物の楽器でほんものの音色、音の振動に身を任せる、感動する、というところからの和楽器に親しむ学習になれば一番ベストだとは思います。

残念ながら、1998年以前であった僕の子ども時代には音楽という授業がありながら、学校では日本独自の和楽器に親しむことはありませんでした。

小学校の授業で教わったのは、鍵盤ハーモニカ、リコーダーですかね。あと学校ではなく、地域のグループでの和太鼓。
中学校ではアルトリコーダー。プラスチックのドイツ式縦笛です。
僕の記憶が正しければこれぐらいかと思います。

まあ言ってしまえば吹けば鳴るという簡単なものです。
みんなができるようになるということにおいては、教えやすいんでしょうね。
目的はみんなで合奏することで、音楽の楽しさを感じてもらうのでしょう。
これはこれで意味あることだと思います。

しかし、「吹く」ということを折角するのであれば、ぜひ和楽器である篠笛を取り入れてほしい。

「ピー」と吹けばどれでもだれでも簡単に鳴らせるというものではありません。
プラスチックではないほんものの篠笛は、竹製ですから、一本一本、形も違いますし、穴の開き方も同じではない。
同じひとが吹いたって、違う笛では吹き方をさぐる必要があります。
まず、その篠笛と出会い、むきあい、
篠笛と自分の身体の添い方を実感するところから始まります。

自分の身体を使って音を出すということが実感できるでしょう。
できる人とできない人の個人差がかなり顕われると思います。

でも、それでいいのです。
リコーダーだって苦手な人は苦手です。

篠笛をとおして
自分の身体と向き合うことで、自分の身体に対して感覚が鋭くなると思います。

治療をして身体に起こる変化に、自らは気づかない人がいます。
家族が変化を感じていても本人に自覚がないこともあるのです。
そのような人は、ひょっとしたら自分の身体と向き合うことがなかったのかもしれません。

理屈ではなくて結果的に自分と向き合うことになる。
自分と向き合うというのは、必要なことだと思います。
小さいころからやっておくべきでしょう。

和楽器教育、和太鼓や琴、三味線もよいですが、ぜひ、篠笛もたくさんの学校でとりいれてほしいものです。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2014-10-20 23:00 | 徒然に | Comments(0)

灯台下暗し

意味:灯台の真下が暗いように、身近なことがかえって気づきにくいことのたとえ(大辞林より)

地元浅草に開業をして四ヶ月が過ぎました。

「まだそれぐらいなんですね?」と、はじめて来院された方だけでなく、
以前勤めていた【荻窪接骨院・荻窪治療室】からの患者さんにも言われます。

僕自身もほんの数ヶ月前まで荻窪の地で勤めていたことを、もうだいぶ前のように感じます。

しかし、常に地元にいて人を迎える立場になると、
この浅草の地には四季折々に様々な行事が古来より続いていることにも気づかされ、
また、そのことについて自分がいかによく知らずに育ってきたかにも気付かされ、
自ずと知りたいと思うようになるものですね。

今日は浅草寺で「菊供養会」、
境内で「金龍の舞」が行われておりました。
浅草に嫁にきた妻はすでに数回みているそうですが、
浅草に生まれ育った僕自身は今までライブで見たことがなく、まあ今回も見られませんでしたが、
この行事について人に説明しようとするとなると、自分でもいろいろ調べますからね。

なぜ、そういう行事があるのか、どういうものなのかと。

荻窪に勤めていたときはなかった感覚ですね。
治療をするための受け入れだけでなく、浅草という地への迎え入れをする。

ただ地元だから、ただそこで開業しているという理由で、その地について知りたいとは誰でも思うことかもしれませんが、
なにしろこの浅草はほんとうに多様で興味深い行事が脈々と過去から受け継がれ、いまなお日々、うごめいている。

浅草という独特の土地だからでしょうね。

灯台の下も照らせるようにしていきたいと思います。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2014-10-18 19:30 | 徒然に | Comments(0)

病を浮かせる

治療において大事なことがあります。

病を治すことをするわけですが、では治るというのはどういうことなのか。

いろいろな定義がありますが、ひとつには病が浮いてくることです。
病というのは進行すればするほど、
長びけば長びくほど、深く沈んでいきます。

咳であれば喉の上の方でしていたものが、奥の方でするようになる。
痛みであれば、表面に近いところにあったものが深いところにおいて痛むようになる。

そのような痛む部位の変化や、症状の変化という指標では簡単に計れないような漠然とした病であっても、
やはり同じように沈むのです。

それは身体を診ることでわかります。
ツボの反応が沈んでくるのです。厚み、奥行き、幅が増えるのです。

ですから、治療して良くなると、沈んでいたものが浮いてきます。
それはツボの反応も病もです。

そのため、なかった症状、隠れていた症状が出ることもあります。

それが治るということです。

患者さんの自覚症状は大事ですが、それを指標にしていると、正しい治療ができなくなります。

ちょっと不親切に感じるかもしれませんが、最高に親切な治療をしています。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2014-10-17 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

日進月歩

意味:日ごと月ごとに、たえず進歩すること。(大辞林より)

日々楽しいっていいですよね。

かなり楽しいです!

幸せものだと思います。

好きなことが仕事になる。

学ぶべきことが無数にある。

それを学んでいくことでいろいろな人が幸せになり、

自分もまたより健康になる(^ ^)

今の僕の流行は、腰を呼吸によって動ける部分を増やすこと。

これによって身体の理解がより深まり、施術にも繋がってもくると思います。

そして踊りにも(^_^)v

いろいろわかってはきても、まだまだわからないことだらけ。

絶えず進歩していきます!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2014-10-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)

昨日の続きです。

身体の土台作りのために、スーパーボールを踏むのです。

簡単過ぎますね。

でもですね、ただ踏めばいいというわけではないです。

大事なのは重心をしっかりとれること。

指を握ったりせずに力を抜いて、ただボールの上に乗り込む。
足だけがのるのではなく、骨盤、股関節が真上にくるように。

それを足のいろいろなところで踏みます。
前、中、後。内、中、外。と区切った9ブロックを目安に。

これを行うと、足裏がしっかりと地面についていることを感じられるようになる人が多いです。足が広がる感じ。

そうすることで身体の余計な緊張が抜けるようにもなります。

土台が固まっているのに、力を抜けと言っても無理ですからね。

力で立つのではなく、バランスで立つ。

正しい二足歩行ができないと、正しい人間生活はおくれないのではないかと思っています。

言い過ぎですかね?



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2014-10-15 20:30 | Comments(0)