人気ブログランキング |

息切れ〜其の弐〜

昨日の続きいきます。

息が切れるという状態は東洋医学では「短気」と「少気」に分けられます。
気が短いという意味の短気とは意味が違います。

「短気」は呼吸が速くなり息が十分に入らない状態で、ハアハアと音が出て、虚実両面、ようは身体が弱って出ていることもあれば、邪気が旺盛で出ていることもあります。

「少気」は呼吸が短く静かな呼吸で、ハアハアと大きな音が出なく、虚証、つまり弱っていて息切れになる状態です。

昨日述べた患者さんは「短気」の範疇の息切れであり、しかも実証というわけです。
では、なぜ肉体負荷では虚証にみえるのに、そうではない言えるのか。

「体表観察」という身体からの情報(脈、舌、腹、背中、手足のツボなど)はもちろんなのですが、問診によってもう少し確認することがあります。

駅まで歩いて息切れをするのですが、それが常にかというと、そうではなく、朝になるということでした。初診時少し遅れたから、早歩きをしてこられましたが、息切れはありません。

また大便の後に息切れするのも朝なのです。
動き出しがきついともおっしゃっていました。

「気滞」という気の滞りが中心であるわけです。

治療翌日、朝の息切れ、大便後の息切れは出ませんでした(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2014-12-20 19:30 | いわゆる… | Comments(0)

息切れ

「息切れ」を訴えている方も【伝統鍼灸かみなり】にはみえられています。

このような症状だと弱っているイメージをもつでしょうね。

家から駅まで行くとハアハアと息切れする。
大便のあと息切れする。
以上の肉体的な負荷における状態からすると、間違いなく弱っている気がします。

ではこの方に弱りを補う治療をしているかというと、していません。

邪気を叩く治療をしています。

なぜか?

はやいけど、続きは次回。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2014-12-19 22:40 | いわゆる… | Comments(0)

浅草製麺所

以前【伝統鍼灸かみなり】にくるついでにラーメン屋による人が多いと書きました。

そして僕は普段食べないのでよくわからないから、これから食べてみようと書いたので、有言実行、本日お昼に行ってまいりました。

言問通り沿いにある【浅草製麺所】というお店です。

基本的にラーメン屋さんは行かないので、入るときはちょっとどきどきします(^^;;

家の近所ですし、目の前はよく通りますが、知っているのは「つけ麺食べ放題」というメニューがあること。何が売りなのかはわかりません。

ありきたりですが、こういう僕みたいな人にとっては、「人気No.1」とか「おすすめ」とか書いてあるのはありがたいですね。

いろいろメニューも多かったので、迷わず「人気No.1」の「担々つけ麺」にしました。辛過ぎるのは嫌なので、赤と白がありましたが、比較的辛くない白の方で。
f0356588_17012451.jpg
麺は太麺で、つけめん汁には長ネギ、玉ねぎがふんだんに使ってあります。胡麻油が使ってあって香ばしいかおりがします。
これに辛いわけですから、かなり陽熱に偏る食べ物ですね。

おいしく食べさせていただきましたが、身体を冷ます食材が必要だと思いました。

すべてのラーメンがそうではないですが、よくラーメンを食する人は、やはり陽熱に偏っている人が多いですよね。

僕にはラーメン毎日は無理ですね。
麺の熱性というものも今日改めて感じました。
しばらくしたら違うラーメンを食べてみます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2014-12-18 20:30 | Comments(0)

親友

今日は久しぶりに大学時代の親友と酒を飲みました。

アメリカンフットボール部で苦楽をともにした仲です。

大企業で海外赴任していますが、留年もしている間抜けな男です(笑)

大概昔の仲間に会うと当時の話で盛り上がりますよね。
多くの人が集まると特にそうなるでしょう。
共通の話題ですからね。

べつにそれはそれでいいのですが、そうじゃない場も必要だと思っています。
今について、これからについて、真剣に語る場。
2人だけで飲むとそんな状況が増えますね。

全く違う業界ですが、いろいろな刺激を受けます。
そういう存在がいることを嬉しく思いますね。

さて明日もまた張り切っていきます!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2014-12-17 23:45 | 徒然に | Comments(0)

急患!〜其の弐〜

昨日の続きいきます。

転んで肩か腕をついた結果、骨が折れていることがわかりました。
酔っ払っているため、どちらかはわかりません。

そこで患者さんとしては、これからどうなっていくか、どうすればいいのかということが知りたいことだと思います。またちゃんと治るのか。

そして知るだけでなく、安心したいものだと思います。

我々専門家にはよくありがちですが、知っていることを前提で話してしまうことがあります。このブログもそんなところがあるかもしれません。

お医者さんに骨折と言われたその方、の奥さんがこっちにきました。

「三角巾だけで、湿布もくれないし、肩がもうパンパンに腫れてるんだけど、大丈夫ですかね?」

骨折したら、大掛かりな処置というのがイメージとしてあるのでしょうね。
そして必ず湿布はつきものという。

治すという目的は同じでも、過程において歩み方が違うことがあります。
ですから、その先生の処置が悪いとは言いません。
しかし、その患者さんは不安に思ったわけですね。

なぜか?

お医者さんにはこう言われたようです。

「それで大丈夫だから。特にやることはないから。3日ぐらいたてば腕を振ったりリハビリできるから。」

まあ又聞きなので正確にそう言ったかはわかりませんが、そう言われたと思っていることが重要ですね。

なぜそれで大丈夫か、なぜやることがないのか、リハビリはどこでやるのか。
説明がなされず、不安を抱えたまま帰ってきたようですね。
細かく説明させていただきました。

お医者さんにとっては日常のありきたりの骨折かもしれませんが、その方にとってはそれにより生活が変わる一大事です。

治すためですが、そのためには安心してもらうことというのはとても重要なことだと改めて実感しました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2014-12-16 20:30 | いわゆる… | Comments(0)