人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自分のために許す

「絶対に許せない!」

こじれた相手に対してそういう感情を抱く方いらっしゃいます。

客観的に見ても相手が一方的に悪いと感じる。

そうなのでしょう。

理不尽に感じるようなことはあると思います。

ではこの感情は持っておくべきものでしょうか。

僕は持つべきものではないと思っています。

何のためにか。

自分がよりよく生きられるようにするために。

相手を許すため、なんていう高尚な考えじゃなくても良いと思います。

自分が負の感情を持つことで、まわりの人を不快にさせたり、自分が乱れたりするのならば、それは捨ててしまった方が楽ですよね。

相手のことはコントロールすることはできません。

自分が正しく相手に非があるということを、証明することに躍起にならなくてもいいかなと。

その人なりの正義がありますからね。

自分のために許す。

そうすることで平穏に過ごせたら、それも良いのではないでしょうかね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
自分のために許す_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-05-09 23:30 | 徒然に | Comments(0)

自然と東洋医学

ゴールデンウィークと言っても、10連休なんていうものはもちろんなく、三連休なわけですが、この三連休というものだって年にここしかないので、しっかり満喫するわけです。

今回は3日の朝出発し、5日の朝帰ってくるという日程での義父の白州山小屋での庭先キャンプ。

例年になく寒暖差が大きかったですが、存分に山を満喫することができました。
自然と東洋医学_f0356588_21032404.jpeg

結構火を扱っている時間が長く、かなり燻されてスモーキーな感じが抜けておりませんが、気持ちは診療モードに切り替わってますのでご安心を。

火を扱っていると、人体における「火」というものに対する理解が深まるように思います。
自然と東洋医学_f0356588_21035345.jpeg

人体にも「火」があるんですよ。

それによって身体は温まっている状態を保てるし、活動することができます。

また、邪気としての「火」もあります。

それはどういうときに旺盛になるか。

火が盛んになるのはどういう状況か。

燻っている状態はどうなっているのか。

火がいい状態になっているための条件は、、、

休みのときでもこんなことを考えたりしますけど、煮詰まる思考ではないですからね。

湿らせると燃えづらいなんて当たり前のことですが、人体においてのそういう状況を考えたり。

東洋医学は自然観察によって育まれてきたものですからね。

自然とともに過ごす環境というのは、僕にとってとても大事です。

次行くのは夏かな。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
自然と東洋医学_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-05-06 21:30 | 東洋医学 | Comments(0)

2人同時は、、、

「2人一緒に予約できますか?」

稀にこういう問い合わせがあります。

2回目以降ならば可能なのですが、当院では初診時に問診をしっかりと行うため、同時に診ることができません。

また、同じ時間に診てほしいという人にとって、当院は適していないとも思います。

なんとなくクイックマッサージ的な考えですよね。

自分のからだとしっかり向き合う。

そういう心持ちが当院で治療を受けるには必要になるかと思います。

別に敷居を高くしているわけではありません。

自分の生い立ちや、今抱えている問題、今のからだを知るためには、そういったことを聞いていくことにもなるので、そんなことはいいから鍼して楽にして、と思う人には合わないわけです。

もともと鍼にそこまで期待していない場合もあり、問診していく中で、患者さんの意識が変わっていくこともあるのですが、2人一緒にという感じではそれも難しいですからね。

初診時は1人で。

よろしくお願いします。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
2人同時は、、、_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-04-30 23:00 | 初診 | Comments(0)

自分の力が相手や物体に対して十分に伝わっていない、と思ったことはありませんか?

相撲で相手を押そうとしているのに力が逃げてしまう。

大きなものを動かそうと押しているけど足が滑ってしまう。

また、重い荷物を繰り返し運んでいたりすると、膝や腰が痛くなる。

こういったことはスムーズに力の伝達が上手くいっていないことによるものが多いと僕は感じています。

そのために不必要な力を入れることになるので、筋緊張が強くなる。

例えば、足の裏で地面を押したとき、足首が崩れていると力が逃げ、力の伝わる方向が変わります。

それを是正するために膝で変換するので、そこに関わる筋肉に余計な負荷がかかることになります。

さらにそこで崩れているものを股関節で変えるので、さらに余計な力を要する。

こういう流れです。

それがスムーズに行っていると、それぞれの筋肉というより、足裏から臀部、さらにはその先まで繋がった感じになります。

手で何かを押すならば、足から手までしっかり伝わる状態になるわけです。

これは言葉だけでは伝わりづらいですけどね。

自分の持てる力をしっかり発揮するためには必要なことです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
力がしっかり伝わるということ_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-04-28 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)

抹茶ラテ??

遠方から通ってくるのですが、コロナの陽性者数が増えると東京に出てくることを躊躇する方がいます。

何を基準に大丈夫かどうかを決めているのか定かではありませんが、まぁいろいろと心配なさる方です。

娘のことや旦那さんのこと、自分のこと。

今回も膝が痛くなったことに続き、足の母趾付近が強く痛くなったということで不安になって電話がかかってきたのですが、根本にこの方は「湿困脾胃」という状態があります。

いろいろと養生すべきことはあるのですが、まずは甘い物を控える。

何度言ってもこれが変わらないですね。

患者「長く歩くと痛くなるから、歩いた方がいいと思うけど、なかなかできないんだよね〜」

僕「いや、もちろん歩いた方が良いけど、それよりも甘いもの減らそうよ。」

患者「でも、ご飯も甘いものになるんでしょう?」

僕「そんなことまで言ってないから、まず砂糖極力減らそう。」

こんな会話が毎度あります。

今回も電話で現状を聞き、やはり甘いものは相変わらず。

そんな状態でも、甘いものの過食によってダメージ受けているところを鍼で治療すれば、症状は良くなりますからね。そういうレベルのうちに食生活を改善しないと大変なことになるんですけどね。

来院したとき、外は暑くなっていたので、入ってくると喉の渇きを訴えていて、これから買ってきた飲み物を飲もうとしていました。

なんと見ると「抹茶ラテ」!!

僕「ちょっとこれ抹茶ラテじゃん!!内容見せて。トップに砂糖だよ。これ治療前にダメ。水出すからそれ飲んで。」

患者「えっ?あらホント。そんなもの買うつもりなかったのに。水がなかったから。。。水ありがとうございます。それ先生にあげる。」

いや〜、僕ももらっても困るんだけど、飲んでもらっても困るから受け取りました。

でも本当飲食から身体は変えられますからね。

気をつけられるところはしっかりと気をつけてほしいと思います。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
抹茶ラテ??_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-04-27 20:30 | 徒然に | Comments(0)