人気ブログランキング | 話題のタグを見る

筋肉痛から得るもの

久々の筋肉痛になりました(^^;;

阿波おどりでですね。
日曜日踊って、翌日しっかり出ちゃいました。

最近長時間踊ることがなかったんですよね。
練習にあまり行けてなかったけど、本番ではしっかりと腰を落として踊り続けたので、当然の結果といえばそうなんです。

結構好きなんですよ。筋肉痛。
自分の未熟さに気づけるので。

こうしておけばいいということが、わかるきっかけになる。

なったのは大腿の前面とふくらはぎ。

筋肉痛というのは本来の筋肉の働きを使いながら、逆の動きを結果的にしてしまうことで起こります。
わかりやすく言うと、腿の前の筋肉は膝を伸ばす働きをするわけですが、その筋肉を使いながら反対の動き、膝を曲げる動き、つまりはゆっくりしゃがんでいく動きというのがそれにあたるわけです。

それを繰り返す阿波おどりはなりやすいわけです。

その場合、階段昇るのと、降りるのどっちが腿の前の筋肉痛を感じやすいかわかりますか?

降りる方です。
だから昇るというのは心肺能力的に負担になっても、筋肉的には逆の力のかかり方になりにくいので、筋肉痛になっていても特に支障はありません。

でも昇るのは膝を伸ばす動きだから、腿の前の筋肉は使うんじゃないの?
と思うかもしれません。

それは結果的に伸びているんであって、そこをメインに使っているわけではないのです。メインはお尻です。

そしてそれも身体全体をトータルに使ってのことなので、その部分だけでことをなしているわけではありません。

最終的に何が言いたいかと言うと、練習不足によって筋力が弱っているということより、うまく協調して動いていない部分があり、そのため必要以上に腿の前に負荷がかかり、筋肉痛になったんだということです。

今回のことでいうと、僕はそれを腰仙部に感じていて、そこの動きがよくなれば、今回の練習量でも筋肉痛にならずに済んだと思うのです。

まぁそれでもなるかもしれないけど、程度は違うかなと。

そんなことを感じ、思うのが楽しくもあります。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
筋肉痛から得るもの_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2016-04-06 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

桜橋花まつり 2016

毎年恒例になっております、台東区浅草隅田公園で行われる「桜橋花まつり」

4月の第1週の日曜日に僕が所属する阿波おどりの連、「浅草雷連」も出演するのですが、昨日無事に執り行うことができました!

当日曇りという予報だったのが、雨が朝から降っていて、演舞はできるものの、その後の花見の開催が心配されていました。

ここ2年演舞が終わっての花見の時間は雨だったんですよね。
酒は二の次なのですが、連でやる花見が盛り上がるのです。花見をしている僕らを見物する人垣ができるくらい(笑)

お囃子が鳴りはじめて、踊りはじめたりする花見ってあまりないですもんね。花見らしいけど。
外国人にとっては特に珍しいようで。

公園の通路も使ってやっていたら、警備員に時間制限をかけられてしまったので、人が少し少なくなってスペースができたところで再度お囃子スタート。
桜橋花まつり 2016_f0356588_17531813.jpeg
桜の樹の下で自由気ままに踊るのはいいもんですよ。

4年生になる下の子は、こういう宴会は好きなようで、朝になっても興奮さめやらぬ感じでした。

お酒は将来飲まないとか言っていますが、間違いなく飲む気がします。

また来年が楽しみになる行事のひとつです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
桜橋花まつり 2016_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2016-04-04 20:30 | 徒然に | Comments(0)

旅の友

今朝から長男がサッカーの合宿に行きました。

3泊4日で群馬県のとある素晴らしい施設に。
天然芝1面と人工芝2面のサッカーコートがあります。
うらやましい限りです。

僕がC級コーチの講習会で宿泊したところは土のグランドでしたからね。
まぁそんなことは関係なく、寝食をともにするというのは得難い何かを得られます。

子どもにとってはよりそうだと思います。

さて、そんな旅に出るとき、持ち物についてとやかく言わないんですが、一つだけ。

「スーパーボール」

これは必ず持つように言います。

何度かブログにも書いていますが、足裏をしっかりと使えるようにするために踏むわけですが、これほど場所をとらなく有用な、身体をケアできるものは他にないと思います。

合宿に限らず、通常の旅行にも持っていくと、怪我や疲れの予防、軽減になります。

痛くなったら鍼で治療するのは簡単ですが、なぜそうなったのか、普段いないときにどうすればいいか。そんなことを子どもには意識させて過ごさせています。

楽しく過ごすためには健康であること。
旅をするときにはぜひ一緒に「スーパーボール」を!!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
旅の友_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2016-04-02 19:30 | 徒然に | Comments(0)

子どもがよろこぶ鍼

子どもにも鍼。

これは当たり前のことなんですが、なかなかまだ一部の人にしか受け入れられていないようで、でも着実に受け入れられてるのも確かです。

子どもが鍼に来たいと言うことも珍しくありません。

今日きたもうすぐ3才になる男の子は、通って1年くらいになりますが、お姉ちゃんの風邪の治療に乗じて、行きたいと言って一緒にやってきました。

特に不調はないのですが、こういう段階で診ておくと、病気にならずに過ごすことができますので、予防接種を病院でやるより有意義なことだと僕は思います。

基本的に幼児以下に刺すことはありません。
あてるだけや、先の丸い鍼をあててそれをトントンと叩くだけ。

別に刺す鍼が痛いわけではなく、気持ちいいものですが、刺すことそのものに抵抗を感じる人もいるので念のため伝えておきます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
子どもがよろこぶ鍼_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2016-04-01 20:30 | 徒然に | Comments(0)

かわりゆく花見

日に日に桜がほころんできているこの頃。

浅草にきている観光客は、この時季隅田公園にも足を伸ばし、普段以上の人がやってきます。

その行動範囲は年々広がっているように思います。

地元の人が楽しむような場所にも観光客、外国人観光客が多く来るようになりました。

山谷堀公園や月山という少し前は地元の人しかいなかった場所にも、来る人は年々確実に増えています。

今日も通ったとき、10人以上の団体がいくつかありましたが、どれもが外国人の団体。花見は日本人特有のものではなくなりましたね。

それはそれで構わないのですが、やはりマナーですよね。

でもこれは日本人もです。

花火大会も花見も、ゴミの散らかし方はひどいものです。

僕はお酒も飲みますが、飲まなくても暮らしていけるぐらい、特に必需品ではありません。家族で必ず弁当を持って夜桜見物に行く日を設けていますが、本当純粋に食事と桜を楽しんでいます。飲みますけどね(笑)

自然に敬意を表す。
他人を思いやる。

様々な人が花見をしても、飲んで騒いでも、そういった日本の素晴らしい文化が具現化された花見であってほしいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
かわりゆく花見_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2016-03-31 20:30 | 徒然に | Comments(0)