人気ブログランキング | 話題のタグを見る

舌も口ほどにものを云ふ

以前の徒然日記、
望み診る、つまり望診について書きました。

目は口ほどにものを云ふ、と、よくいいますが、
舌も口ほどにものを云うんです。

今日は、
望診のなかから、目ではなく舌の云うことを見る「舌診」について。

「舌診」
その名の通り舌を診るわけですが、患者さんからよく聞かれます。
「なんで舌を見るんですか?」


いやいや、これがすごいんです。舌で様々なことがわかります。

考えてみて下さい。
身体の中にあるもののうち、、内臓と直結しているのに容易に外に出せるものは舌だけです。
これを診ないのは勿体無い。
どの診断にも特徴はありますが、
舌診は寒熱の診断において、他のいかなる診法より信頼できます。

簡単に言いますと、
正常な淡紅色の舌が、熱に傾けば紅色になるし、
冷えに傾けば淡白色になります。

この舌そのものの色と、舌の上にある苔の色、
また舌の形や舌上の状態、舌の動態など様々なものを診て
診断をすることになります。

患者さん自身でも、お酒を飲み過ぎたときや食べ過ぎたときなどは、舌においても顕著に違いが感じられると思いますよ。
自分の身体をチェックするのにもよいでしょう。

ちなみに舌の先は身体の上の方、奥は下の方の状態をあらわします。

臓腑で言うと
舌先が「心」「肺」、
中央が「脾」「胃」、
奥が「腎」、
側面が「肝」「胆」、
の反応をあらわしたりもします。

もちろん反応をあらわすわけですから、治療後において舌も変化をします。

乾き過ぎていたものが潤ってくる。
潤い過ぎていたものが適度になる。
暗い色が明るくなる。
厚い苔が薄くなる。

舌を磨いてきれいにしようとしても、身体の中が汚れていたらきれいになりません。
しかし、身体の中をきれいにすれば舌もきれいな舌になります。
健康な人の舌はとてもきれいですよ。
身体がどんな状態か舌はいろいろと語ってくれます。

本人の口より確かなことも多々ありますよ。

当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
舌も口ほどにものを云ふ_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2014-08-18 21:46 | 東洋医学 | Comments(0)

所変われど品変わらず

しばらくぶりの投稿になります。
所かわれば品変わることは多々ありますが、
所かわれど品変わらぬこともあるもので。

13日から今朝まで、子どものサッカーチームの合宿で群馬県の片品村に行っておりました。

そこでもこの徒然日記を更新するつもり満々でいたのですが、
さすが谷川岳山麓、ネット環境は細々としていてなかなかつながらず、やっとネットがつながって書けたと思ったら、消えてたりとうまくいかなかったので、きっぱりと諦めました!

合宿には一応、コーチとして行ったのでありますから、
僕の活躍の場はコーチでした、といいたいところですが、どうしてもやはり鍼治療になってしまうものでして(笑)

気分が悪くなった子、
お腹が痛くなった子、
頭が痛くなった子、
足首が痛くなった子、
膝が痛くなった子、
肩が痛くなった子。

小学生の合宿などというものの場合、その合宿なら合宿の期間中、
全員が健康で、何も問題なくなく過ごせるということは、
参加する小学生の人数が多ければ多いほど、まず不可能ですよね。

そのため必ず鍼は持っていきます。
もちろん刺さない鍼がメインですが。

かつて治したことのある子どもは、少し調子悪いと治療を頼んできたりもしますが、
普通に現代社会で育っている子ども達は、
腹痛や吐き気が鍼で治るとはまず想像だにしていないですからね。

何かわからないことを施され、何だかよくわからないうちに治っている。

「何をしたの?」と子どもから言われることになり、
「鍼をしたんだよ」となって、
そこで初めて、その子は鍼というものをなんとなく認識することになるわけです。

こうやって、うちの子どもの所属するこのサッカーチームでも、調子が悪いとすぐ病院や薬ではなく、
鍼治療、という現代社会の小学生社会においてはなかなかに味な選択も知っている子どもの存在がだんだん増えていくと喜ばしいんですけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


ありがとうございます!
所変われど品変わらず_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2014-08-15 22:59 | 徒然に | Comments(0)

先日のこの徒然日記、五臓六腑に沁みわたる〜その壱
五臓六腑、西洋医学と東洋医学での認識の違い、蔵象学というものについて少し書きました。

五臓は「肝、心、脾、肺、腎」でしたね。

では五臓に続く六腑はわかりますか?

おそらく、なかなか全ては出てこないのではないでしょうかね。

六腑は
「胆」「胃」「小腸」「大腸」「膀胱」「三焦」です。

「三焦」という語、
東洋医学を勉強したことのない人は、まず聞いたことがないと思います。
「三焦」これはこれでとても大事なのですが、
今日は置いておきまして、

五臓と六腑はなぜわけられているのか、
何が違うのかということについて簡単に述べてみます。

まず、
臓と腑では生理的な役割分担が異なっています。

五臓は
人体が生きて活動するために必要な4つの要素、「気」「血」「津液」「精」を生成、貯蔵するところ。
六腑は
飲食物(水穀)を消化して、身体に有益なもの(水穀の精微)と、そうでないもの(糟粕)にわけ、有益なものを五臓に受け渡し、不要なものを大小便に変えて排泄を行うところです。

つまり、
六腑が飲食物から有用なエキスを抽出し、五臓に受け渡すまでを担い、
五臓はそれを利用して活動に必要なものを生成するということになります。

人が生きていくためには、
呼吸と飲食は欠かすことができません。

そして、
人が外から身体に取り入れる術もそれだけです。

呼吸と飲食は、人の身体の活動に必要不可欠であるため、
たとえば飲食については
どういう食べ物を摂るべきかについてと同様に、よく噛んで食べよ等と、どう食べるべきかについてもよく言われますよね?
それに対して、
どうも呼吸については、飲食についてほど意識されていないのか、あるいはあまり重要視されていないのか、いい呼吸とはどういうものか、また、いい呼吸はどうすべきか、などということについてはさほど耳にしません。
そこは残念なところです。
飲食は一日にせいぜい三食ですが、
呼吸は一日三回どころか、この世に生きている間、ずっと続けざるを得ないという意味で、
僕は呼吸というものを、とても大切にとらえています。

いい呼吸とはどんな呼吸か。
もちろんいい空気を取り込めることは大事ですが、受け取る身体が、よりよく取り込める体制になっているかというのも大事なところです。

その辺のことも書きながら、今回出てきた「気、血、津液、精」について、また今後、書いていきたいと思います。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
五臓六腑に沁みわたる〜その弐〜_f0356588_16131425.png


ありがとうございます!
# by shinkyu--kaminari | 2014-08-11 21:37 | Comments(0)

医者の養生

今から三百年ほど前の江戸時代に、貝原益軒という人によって書かれた『養生訓』という書物があります。

聞いたことのある方も多いかと思います。
現代語訳も出ております。

この『養生訓』の中に、「薬や鍼灸よりも養生」といったものがあります。
記載してある内容に疑問を感じる部分もあるのですが、養生の大事さということではまさにそのとおりであります。
よく養生すれば病気にはなりません。

【伝統鍼灸かみなり】でもここは重要視しています。
ただ治療して終わりではありません。
普段気をつけておくべきこと、やった方がよいこと、やってはいけないことなど、必ず患者さんに伝えます。

寝不足で起こっている病ならば、寝ないと治りませんよね。
食べ過ぎが原因ならば、減らすことです。
これをそのままで治していくというのは、できてもよいことではないと思います。

ただ、養生しにくいことがあるのも確かです。
職場の上司との人間関係がうまくいかなくて、ストレスによって起こっている病の場合、単純に解決できるものではありませんし、過食にもストレスが絡んでいる場合が多く、拒食とも隣り合わせで精神的な病を抱えている方も多いです。

ストレスそのものに対して何かすることはできませんが、治療としてはストレスに過敏に反応している身体を、受け流せる状態に持っていくことをします。

そのような普段の心のありようも含めて養生なんでしょうが、みんながみんなできるわけではありません。

そして『養生訓』でも「良医を選ぶこと」と言っております。何も養生だけで何とかせい!と言っているわけではありません。

二人三脚で治療をし、最終的には自分の養生で過ごせる状態にし、たまに状態を診せにいくというのが理想かなと思います。

僕もたまに診てもらいます。悪くなくても。自分だけではわからないものってありますからね。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
医者の養生_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2014-08-09 21:00 | 東洋医学 | Comments(0)

行雲流水

行雲流水、行くべき処へ行き、止まらざるべからざる処には止まる。

今日はがらりと趣向をかえまして。

【伝統鍼灸かみなり】ではカード払いにも対応しております。

ちょっと浅草の鍼灸院らしくないですよね(笑)

一度に扱う金額はそれなりですから、
その方が払いやすいという方がいればしっかりと対応するわけです。

カードリーダーをiPadのイヤホンジャックに差し込むだけで、カード決済が可能なのです。
意外と時代の波に乗っている部分もないわけじゃないですよ。
iPadをレジとしても使っているわけです。レジアプリ、というもののおかげです。

このレジアプリはSquareというものです。
以前からの患者さんに教えてもらったんですけどね。
このアプリケーションはiPhoneでも使用可能なので、往診でもカードでのお支払い、大丈夫です。

やっぱり現金じゃないとっていう鍼灸院の先生方も居られると思うんですが、
僕自身、ポイントを貯めるためにカードで払うことが多いので、Squareというものの話を聞いたときにこれだ!!(笑)と思いました。

結構、便利なもんです。以下のサイトに載っていますので見てみて下さい。
https://squareup.com/jp

自分の中で、時代が進んでも捨ててはいけないもの、変わるべきもの、変わってもいいものってありますよね。

大事なこと、大切なところはしっかりと大事に、大切にしていきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
行雲流水_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2014-08-08 20:30 | 徒然に | Comments(0)