人気ブログランキング | 話題のタグを見る

参観日


昨日初めて音楽科に通う次男の高校に行ってきました。

入学式は保護者の参加不可、ということでしたから、敷地に入ったのも初めて。

昨日はというと、専攻科レッスンの参観日。

次男はトランペット専攻なので、トランペットのレッスンです。

マンツーマン。

保護者参観は2人まで、ということで行ってきたわけです。

先生の吹くときの様子が見れるし、とても楽しませてもらったという感じです。

こういうとき、本来子どもの様子を心配そうに見守る、というのがオーソドックスなんですかね。

次男の身体の使い方と、先生の使い方の何が違うのか、そういう視点で見てしまうんですよね。

次男に対してこういうふうに使った方がいい、とか、こうしてみたら?、というようなことは一切僕からは言いません。

質問してきたら応えますけどね。

自分でそういうところに気づかないと響かないんですよね。良かれと思って先回りして伝えていこうと思っても、受け止める準備ができていないとためになりません。

ですから、見守るだけ。

学校の雰囲気は専門学校に近いように感じました。高校普通科とは違う感じですね。

これからもレッスンの見学とかは、いろいろあるようなので、行けるときには行こうと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
参観日_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-04-20 23:45 | 徒然に | Comments(0)

頭を動かすときは、、、

たいてい自分のやっていることは普通であって、それがおかしかったり不自然だと感じていないと思います。

それが正しくても間違っていても。

振り向いたら首を痛めた。

急に振り向いたから、ということであっても、通常振り向いただけでは痛めないですよね。

その前段階として良くない状態があるから、振り向いたくらいで痛めるわけで。

全てがというわけではないですが、こういう方は振り向くときに逆の動きをしていることが多いです。

右に振り向くのに、その動きにともなって、右肩が内側に巻いていく。

逆の動きですよね。

右に向くのだったら、右肩は外に開かれていく必要があります。

頭を後ろに倒すんだったら、肩も後ろにいく必要があるのに、逆に前に巻いていく。

そりゃあ痛めますよね。

普段そういうところに気がまわらないから気にしていなかったりしますが、動きを観察すれば不自然だと自分で気づくと思います。

そういう不自然さの積み重ねで身体がおかしくなっていくことも多いです。

気づき、気をつけましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
頭を動かすときは、、、_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-04-19 21:30 | 身体感覚 | Comments(0)

排出の大事

鍼をした後、というよりもしている最中から、からだには変化が訪れます。

どういう変化か。

あるところに集まり過ぎていれば、それが散って広がっていく感じになるし、冷えていれば温まってくる感じ、熱くなっていたら冷めてくる感じ。

治療前に行ったはずなのに、小便に行きたくなるということも。

終わってから行く人もいれば、最中に行きたくなり、呼ばれることもあります。

かなり大量に出ることも。

そうなると浮腫なんてすこぶる改善しますよね。

鍼したから勝手に体内の水がどこかに消えて行ってしまうわけではなく、行くべきところに流れていくわけです。

下半身に多ければ、尿として排出する方が近道ですよね。

この排出できる、ということは非常に大事です。

大便、小便、汗。

女性で言えば、月経もそうですね。

多少のストレスや、食事の不摂生があっても、この排出機能がうまくいっていると身体は健康を維持しやすいです。

溜め込むのは良くない。

じゃあ、って薬を飲んで便を出そうとする人がいますが、しっかりと原因に対処することが大事です。

なぜ溜め込むのか。

感情を溜め込むからなのか。

食べ物を溜め込むからなのか。

溜め込んだものを排出しやすいところから排出する。

それができていれば、病気にはなりません。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
排出の大事_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-04-18 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

いじめられていたり、何か嫌なことがあるわけじゃないけど、学校に行きたくない。

気力がないだけじゃないか。

怠けてるんじゃないか。

親御さんはそういうふうに思うかもしれません。

朝起きると頭が痛いと言ったり、吐き気をもよおしたり。

どうしたら良いのか悩みますよね。

そのような状態のとき、身体にもしっかりサインが出ています。

それを改善すれば、普通に何事もなく行くようになります。

真面目な子や、いろいろ考える子が多いです。

鍼で改善できるんですよ。

鍼をすると「からだが楽になった。」と言います。

心だけがおかしくなるということはないです。

心身一如。

密接に関わります。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
「学校に行きたくない」に鍼_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-04-16 23:30 | 東洋医学 | Comments(0)

高スペックな男

特に困っているわけではない。

不調を感じてもいない。

よく眠れるし、寝れば回復するし、よく便も出る。

何事もなさそうだけど、自分では気づかないところがあるかもしれないので、今の状態はどんな感じなのか。

それを確かめたいという理由で初診に訪れた方がいます。

本当に問題ない人がいないわけではないですが、この方は睡眠時間は少ない、テレワークでほぼ座りっぱなし、運動をするわけじゃない、仕事は充実しているが、やるべきことが多く、気を張って日々過ごしている感じです。

こういった状態で何事もなく過ごせるのは、まず心神が強いということは言えるのですが、細かいことを感じさせないほど気を張っている場合が多いので、注意が必要ではあります。

元気だったのに突然、、、ということにもなりかねないですからね。

こういう方は健康診断受けても何も問題ないと言われることも多いんですよね。

じゃあ東洋医学的にはどうかというと、元気ではあるのですが、やはり無理している状態は反応として表れていて、治療したあと、自分の身体が軽くなり、良い状態ではなかったことを自覚していました。

体調が悪い人はもちろんなのですが、こういう人にこそしっかり鍼灸を受けてほしいと思うんですよね。

体調悪い人は自覚があって、なんとかしたいと思ってアクションを起こしていますからね。

2ヶ月とか3ヶ月に一度とかでもいいので、受けることをオススメしますね。

その方は自らを「高スペックな男」と表現していましたが、確かにそうだと思いますね。

それは無理していても元気というところよりも、元気なんだけど、しっかりと身体に気を配れるところが。

過信しない、というところはとても大事だと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


ありがとうございます!
高スペックな男_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-04-15 22:30 | 初診 | Comments(0)