講義の感想

そういえば先日鍼の勉強会で行なった講義に対するアンケートの結果が出ていました。

「気血津液弁証」というテーマでしたが、弁証するにあたって「論理学」を入れる必要があると思い、弁証シリーズがこれからも続くので、「論理学」を組み込みました。

気血津液弁証に論理学を絡めて話すのはどうなのか?
他の講師の先生から懸念されもしたのですが、概ね好評だった感じです。

わかりにくかったという感想を持った方もいましたが、論理学の重要性を認識できたという意見や、自分でこれから学んでいこうと思ったという意見、実例もありわかりやすかったという意見など、やった意味はあったのかなと感じています。

・わかりやすかった
・普通
・難しかった

という評価の中で、普通という方もそれなりにいたので、これが何を意味しているかわかりづらいですが、しっかりと講義に落とし込めていなかった部分があったととらえ、さらに有意義な講義ができるよう取り組みたいと思います。

毎度毎度準備が進まないんですよね。
今度こそはと思っても直前まで完成しない。

頭の中の構想だけで、まるで結果として進んでいかないという現状。
変えるのは自分ですからね。

来年度のカリキュラムにおいて実技がメインになる話もあるので、講義のコマ数がどれだけあるかわかりませんが、備えていきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-07-26 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

サービス

自主性を尊重するのはいいことだと思います。

でもなんでもかんでもそうすればいいとは思いません。

お寿司屋さんで、水が欲しくなった子どもが店員さんに持ってきてくれるようお願いしました。

すると「氷入れますか?」との問い。

お寿司屋さんでは基本的に生ものを食べます。
それは胃に負担がかかる。
だから温かいお茶が出されます。

子どもが水を頼んだら、氷を入れるかなんて聞かずに水を出してほしいと思うのです。

僕が「いや、氷入りはないだろ。」と言うと

店員さんが「自分で決めな。」と子どもに言いました。

決め兼ねてる子どもに
「じゃあちょっと入れようか?」

と言って、2個ほど入れて持ってきました。


サービスとは何か。

よろこぶことをすることなのか。

いいと思うものをすることなのか。

いろいろあるでしょうが、そこに芯を据えてやるべきだと思いました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-07-25 23:30 | 徒然に | Comments(0)

跳ぶ

最近朝走っています。

例によって地下足袋で。

あまり足元を見る人はいないので気づかれていないかもしれませんが。

先日走り方の講習会で学んだことなんかをいろいろと試しつつ。

抜くべきところは抜いて、入れるべきときに入れる。

脱力は得意だと思っていましたが、余計な緊張があることに気づきます。

腹筋に余計な緊張。
これによって程よい前傾をつくることが難しくなることがわかります。
身体を前傾させるって、腹筋を使っている感じに思うかもしれませんが、そうではないですね。

うまく抜けたところに前傾のいいポジションがあるように思います。
腹筋がしっかり入ってしまっていると、止めてしまう感じになるわけです。

これから足が速くなりそうです。

そしてより跳べるようになる気がします。

阿波おどりで高く跳んでいるときの写真を狙って撮ってくださる方がいて、うちの高校生の連員もより高く跳ぶことを頑張っているんですけどね。

まだまだ負けるわけにいかない。

今度の日曜は小金井阿波おどり。

跳びますよ!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-07-24 20:30 | 徒然に | Comments(0)

記録更新!

連日の猛暑の中、熊谷市が41.1℃という観測史上最高気温を記録しました!

恐るべしですね。

東京でもはじめて青梅市が40℃を記録しました。

台東区でも37℃あったのかな?

全国的に猛暑なのですが、世界的に大変なことになっているようですね。

ノルウェーではこの時期15℃くらいなのが、30℃を超え、夜中も25℃という熱帯夜になっているようで、アメリカではアイオワ州で1日に27の竜巻が発生したとのこと。

何がどうなっているかわかりません。
温暖化の影響だと言う人もいますし、地球の変化の中の一部と捉えられるかもしれません。

でも、人が行なってきたことに対するツケというのはあるんだろうなと思います。

「成長」「発展」とはやし立てますが、それによって失っているものというのは確実にあるわけで、科学的に実証されていないから、そこには協力しないというアメリカの姿勢は、実証されたときには遅いのではないかと思ってしまいます。

毎年こうではないけど、明らかに数年前より高温になることは増えていますからね。
豪雨になることも多くなりました。

過剰なエネルギーを必要としなくても生活していける状態。
人だけが地球を牛耳っているような過ごし方を改めないといけないですよね。

僕ができることは鍼一本で治すことぐらいですが、これは実は結構エコです。
病院にかかるよりはるかにエコ。
しかも身体がよくなる。

薬もいらない。
機械を使った検査もいらない。

時代が変わっても関係ない。

それどころかより必要になる。
鍼灸師はそういう存在になるべきだなと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-07-23 20:30 | 徒然に | Comments(0)

速く走るために

昨日の午後、ちょっと気になった講習会があったので、午後の診療はお休みにして行ってきました。

第1回スプリントクリニック
「100M10秒台で走るためには?
1年で2秒速くなった選手たちの練習の秘訣」

何も僕が10秒台を目指すわけではないんですけどね。

サッカーのコーチとして、トレーナーという資格を持っているものとして、競技者に治療家として関わるものとして、何よりも興味がわくものとして知りたいと思ったわけです。

練習メニューとか、ランメニューのバリエーションを増やすような勉強をしたり、正しい動き、怪我をしない動きというものは理解していても、より速く走るために何が具体的に必要かをしっかり理解できていないですからね。

申し込むときに、治療家やトレーナーに対しても投げかけていたので、そういう方たちも多いのかと思いきや、陸上色がものすごい濃かったです(^^;;

現役高校生スプリンターもいるし、社会人で陸上をやっているような方も。

会議室のような室内で実技をやるから、履物じゃなくて素足でいいと思ってたら、素足は僕だけでした(笑)

まぁ何はともあれ学んできましたが、とても有意義な時間でした。

ペアでやることも多かったのですが、一緒にペアになった方には申し訳なかったですね。僕のできてないところにしっかり指摘してもらえたのに、相手の人はかなりレベルが高かったので、足りないところを指摘することができませんでした。

まぁ講師の人にも褒められていたから、今回の内容では指摘することはないのかもしれませんがね。

新鮮だったのは、はさみこみ(シザース)技術について。

左右の脚が入れかわるところです。

ここの時間を短くすれば速くなるわけですが、重要なのは、脚を速く前に動かすことではなく、空中での動作と『待ち』を作ること。

空中での脱力です。
ある特有のリズム。

一流選手でこれができていない人はいないということ。
これを天性でできてしまう人もいるでしょうが、多くの人は習得するための練習が必要なのでしょうね。

いっぱい飛び跳ねましたよ。

おかげさまで筋肉痛。

これを人に落とし込むことができるか。

まずは自分ができるようにならないとね(^^;;


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-07-22 19:30 | 徒然に | Comments(0)