「間」というもの

「間(ま)」と言われるものがありますね。

様々なシチュエーションで使われ、幅広く表すものですが、どんなものでも大事なのではないかと思います。

他者との「間」。

スポーツにおける動作の「間」。

リズムの「間」。

今日ひとつ気づいたことで呼吸の「間」というものがあります。

吐いて、吸う。この途中に移行する段階がありますよね。
普段何気なくしておりますが、この「間」が少ない人がいることに気づきました。

言われれば、そりゃいるだろ、と思うようなことなのですが、意識していないと見過ごしてしまうことなのではないかと。

深呼吸をしてください、とお願いすると、一生懸命吸って吐いてを行う方がおられるのです。力を抜いてゆったりとしてください、と言ってもあまり変わりません。
口をグッと噤んで、くいしばっている感じなので、ポカンと開けてくださいと言ってもそれができない。

その方は自分で気持ちがコントロールしづらくなってイライラすることも多いです。
齷齪している感じです。

「間」がないんですよね。

それならば「間」を作ってみたらいいんじゃないかと思い、吐いて、吸って、の途中に両方をしない時間を作ることをしてもらいました。

すると、呼吸がゆったりしてきました。

気持ちを意識で変えることは難しいけど、呼吸によって変えられる。

そのようなことを禅のお坊さんである、白隠禅師は言っておられました。

食べるときにも「間」を作ることで食べ過ぎは減ると言われています。

欲望のまま突き進まずに「間」を作る。

大事なことだと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-11-13 20:30 | 備忘録 | Comments(0)

浮かしてからとる

日頃はプールで泳ぐと肩まわりが楽になるけど、悪化してくると泳いでも改善しない。

なぜか?

悪化するのはどういうときか?

忙しくてスケジュールがタイトなとき。
それは肉体的にも精神的にも負荷がかかるとき。

疲れも抜けづらくなる。

日頃はマッサージとか定期的に行く方。
強く押さないと効かない。

表面は柔らかいけど、中が重たく硬い。

脈力やや弱い。
顕著な反応は合谷の虚中の実。
元気の源である腎に関わる照海の虚。

合谷はかなり沈んでいます。

腎を補うことをまずすると、合谷が浮いてきました。

そこで合谷に瀉法。

だいぶ改善されました。

慢性的にマッサージを強く受けている方は、状態を沈ませて誤魔化していることが多いです。

悪くなると病は中に入っていきます。
表面で感じていたものは奥にいきます。
浮かした方がいいのです。

浮いてきてから取りに行く。

大事なことです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-11-12 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

今日は(一社)北辰会関東支部スタンダードコース。鍼の勉強会に参加してきました。

午前中は西船橋で開業している坂井先生による「症例解説」。

「北辰会方式」というものを臨床で行うにあたって問題となるのは、問診と体表観察において得られた情報をしっかり整理して治療に繋げられるかどうか。

その考え方というものを実際に自身がやられた症例をもとに、わかりやすく解説していました。

後輩ですけどね、とてもいい刺激を受けました。

主訴を治してもらいたいがために患者さんは来院するわけですが、何を望んでいるか。

どういう状態になりたいのか、目指すべきところはどこなのか。

治療する方としては、よりいい状態にしたいわけですが、それを望んでいるかは別物ですからね。

ここをしっかりした共通認識のもとで治療することができるか。
ここが抜けてることが僕にはあるなぁと再認識しました。

昼の後は実技。

今日の実技は「空間診」

部分だけじゃなく全体を診る。
言うのは簡単なのですが、実現するのはなかなか難しい。

広がり、奥行き、状態。
これだけを述べているとAIでもそのうちできそうですが、気の偏在を診るわけです。

AIにとって変わることのないものがそこにはあります。

最後は吉祥寺で開業している佐藤先生による「正邪弁証」

北辰会独自のものですが、観点として絶対必要になる弁証です。

たんたんとしながらも、要所を抑え大事なことを伝えていました。

毎回学ぶべきことは多いです。

来月は代表特別講演。

楽しみです!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-11-11 19:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

二度あることは、、、

以前浅草に住んでいて当院に通っていた方。

離れた土地に引っ越し、僕が紹介した先生のもとに今は通われています。

その先生からよい近況報告も聞きます。

そんな方に偶然昼休み中に道で会いました。

浅草によく来るのか聞いたら半年に一度くらい。

偶然てあるもんだなぁと思って歩いていたら、違う区に住んでいる中学時代の友達にバッタリ会いました。

そんな偶然続きの今日は妻の誕生日。

これからお祝いディナーですが、まだ偶然が続くでしょうか。

浅草にはおいしいお店が多いです。

いずれここでも紹介しましょうかね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-11-10 19:30 | 徒然に | Comments(0)

プロ野球のドラフト会議が終わって、日本シリーズも終わり、今野球界では日米野球なるものが行われています。

これを機にメジャーリーグを意識する選手も出てきたりするんですよね。

今ではメジャーを目指すということが珍しくなくなりました。

いいことだと僕は思いますが、それとともに未だに変わらず納得のいかないものもあります。

ドラフト指名についてです。

今年はあまり聞かれませんでしたが、この球団以外は行かないという選手。

選手を責めるというより、このドラフトの制度を疑問に思います。

スポーツにおいて何でもアメリカが進んでいるとは思っていないのですが、ドラフトに関してはアメリカの制度の方がいい制度だと思っていますし、これを習うべきだと考えています。

アメリカンフットボールにせよ、バスケットボールにせよ、ベースボールにせよ、プロの指名は全てひとチームずつ順番に行われます。
基本その年の下位チームから。

優勝できないチームがわざと後半に負けることを防ぐため、最下位のチームと決まっているわけではなく、下位の中で最下位が有利になるような指名順番の抽選が行われます。

上から順番に1人ずつチームが指名するので、全体1位とか全体2位というようなハクがつきます。

とても名誉なことだし、断るということはまずありません。

今の制度は重複したら抽選で下位チームから順番に引くという、下位チームが有利なようで、確率で考えたらどこも均等です。

チームが均衡するようなドラフトをやるべきだと僕は思います。

その方が盛り上がるのではないかと思いますけどね。

お金を持っている球団がそうさせないんでしょうね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
# by shinkyu--kaminari | 2018-11-09 21:00 | 徒然に | Comments(0)