人気ブログランキング | 話題のタグを見る

子どもの治療をするときに、親御さんに原因が「ストレス」だというと驚かれることがあります。

自由気ままに過ごしていて、やりたいことをやっているのにストレスなんてあるのだろうか?という気持ちでしょう。

確かにやりたいことをやっていますが、それが思い通りにいくことばかりではありません。

自分自身が至らないためにうまくいかないこともあるし、同じようにやりたいようにやる子に邪魔されることもある。
何よりも、親にいろいろ注意されたりするので、やりたいことをやっても注意されてばかりということも多いです。

大人以上に制限がかけられていて、不自由とも言えます。

それに加えて、持って生まれた性格傾向もあり、嫌なことが起きたときに、拒絶反応を示す子、内に溜め込む子、知らんぷりをする子など様々です。

一時的に嫌な気持ちになっても、恬淡虚無(てんたんきょむ)といって、わだかまりなくさっぱりとした心持ちで通常いられれば、ストレスにより病になることはありません。当たり前ですね。

あることが起こったときに、どのような思考回路を辿るか。
人それぞれですが、それがかなり重要です。

子どもでも。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
幼児がストレスを抱えてる?_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2015-05-16 20:00 | 徒然に | Comments(0)

浅草三社祭

今日から日曜まで、人によっては月曜の片付けまで三社祭です。

【伝統鍼灸かみなり】がはじめて迎える三社祭。

各町会の神輿が集う明日の診療中はどんな感じになるでしょう(^^;;
正午から約100基が浅草寺本堂裏から順次発進していきます。

その気もいいように取り入れて治療していきます。

明日来られる方はいつもと違った効果が得られるかも。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
浅草三社祭_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2015-05-15 20:30 | 徒然に | Comments(0)

鍼の営業

先日突然扉が開き、スーツ姿の女性が入ってきました。

鍼灸師ならばおそらく誰もが知っている、鍼を作っている会社の営業で、新作の鍼を試してくださいとのこと。

日本において主に行なわれている鍼の刺し方は、管を用いて行なう「管鍼法」という方法です。
トントンと管の先に出ている鍼を叩くわけです。
そこの会社のものも多くはそのためのもの。

僕が行なっているのは、管を使わずに鍼先を馴染ませて刺入する方法で、それに適した鍼を使っているため、そこの会社のものは合わないのです。
新商品の形状はよりそう思わせるものでした。

タイミングでしょうかね。
後悔したのですが、それはそれとして、鍼のメーカーで働く人の鍼に対する気持ちなど聞けばよかったなと。

普段僕が話す鍼のメーカーさんは、僕らのやり方を理解している方ですからね。

聞くだけでなく、本当の鍼というものはこうなんだということを説いておく必要がありましたね。惜しいことをしました。

次きたときタイミングが合えばトライします(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
鍼の営業_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2015-05-14 20:30 | 徒然に | Comments(0)

腑に落ちる

以前読んだ本を再び読むことってありますよね。

小説を読み返すことはほとんどありませんが、東洋医学に関する本は何度も読むことがあります。

そのとき理解したと思っていたことが、久しぶりに読むと、当時は浅い理解だったことに気づきます。

人の真意は、例え直接聞いても理解できているかは定かではありません。
まして文章だとなおさらですよね。

同じ鍼灸東洋医学を行なっている人が書いたものでも、その人の境地に達しなければ真意はわからないかもしれません。

でも、ただ頭で理解していたことの理解が深まると、身体がすっきりしませんか?
これが腑に落ちるということなのでしょう。

わかるということは、気持ちがいいものだと思います(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
腑に落ちる_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2015-05-13 20:30 | 徒然に | Comments(0)

遊びの創造

よく小学生の運動能力の低下ということを聞きますし、実際サッカーの指導をしていると感じることではあります。

しかし、これは大人でもそうだと思います。

ようは以前とは生活環境が変わってきているので、子どもにおいては遊ぶ環境が違うし、大人においては仕事環境が違います。

しかし、運動能力の優れている子がいなくなったわけではないし、逆に中高年やお年寄りが積極的に運動に関わることは増えていると思います。

それは変化した環境に適応したからですよね。

外で遊ぶ環境が減り、ゲームなど、自分で遊びを創造することをしなくなりましたが、様々な習い事が増え、運動の発達をそれによりまかなっているように思います。

大人においても、パソコン作業が増えて、身体を滞らせる状況が増えていますが、トレーニングジムや、ヨガなどで、それを解消し、よりよい身体になるよう努力する人がいます。

僕はそれをすることはとてもいいことだと思っています。
誰しもがやるべきとは思いませんが。

でもその結果、自分自身で創意工夫できない状態になっているとも思います。

遊びを工夫することでいろいろな動きを身につけることができます。
サッカーのトレーニングにおいて、コーディネーショントレーニングという巧緻性、協調性を意識したものを行ったりしますが、これは遊びで身につけられるものも多いです。

大人でも、もっと身体で遊ぶことをしてもいいのにと感じます。

子どもの遊びとは違いますが、歩きながら、寝ながら、座りながら、立ちながらでもできます。

身体をよくするために何をするか。

手段はなんだっていいのです。
如何に遊び心を持ってできるか。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
遊びの創造_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2015-05-12 20:30 | 徒然に | Comments(0)