人気ブログランキング | 話題のタグを見る

間にひとつ入りましたが、続きいきます。

サッカーの指導という中での「ほめる」ということについて、他の場面、つまりサッカー以外の場面を見るべきということを書きました。

どういうことかというと、サッカーチームの中でのことにしか目がいってないと、サッカーできる子は優れた子で、そうでない子はダメな子ということになってしまうんですよね。

大人もチームの子もそういう評価をしてしまう。

でも学校においては、サッカーできる子が掃除をサボっていて、そうでない子が真面目にやっていたりする。

もちろん両方しっかりやる子も、両方やらない子もいます。

子どもの指導をするというのは、何もサッカーだけ教えていればいいというものではありません。

人の嫌がることでもしっかりやる子か、そうでないか。
他に秀でているところはないか。
その子の何かを引き出してあげられることが必要だと思います。

そのために「ほめる」材料を見つける目を持ちたいものです。

サッカーはあまり上手くないけど、ちょっと見てるとこちらが和むような子がいます。
区の展覧会に行ったとき、その子の書写が展示されていました。

みんなを和ませ、字も上手い。
そういうことを認めることで、子どもの気持ちは違うと思います。

視野を広くもっていきたいです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
ほめるということ〜其の弐〜_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2015-05-26 20:30 | 徒然に | Comments(0)

昨日はお茶の水女子大学において行われた鍼の勉強会に参加してきました。

今回は午前中初級コース班の腹診の実技指導と、午後『体表観察』の講義を担当させていただきました。

「緊張=邪」ととらえる腹診。
何をもって緊張と認識するか、どこまでを感じ取れるか。

感覚というものは数値化できるものではありませんし、映像にも残せず客観化できません。

しかし、つきつめると共通理解できるものでもあります。

これは書物で、どんないい言葉で伝えようとしても伝えることはできません。

うまく伝えられていたらいいのですが(^_^;)


さて『体表観察』の講義ですが、ここではパソコンに弱いところが思いっきり露呈してしまいました。そんなところを反省します(苦笑)

しゃべりでなんとかできると思っていたのですが、スライドが単調になり、視覚的な変化必要だなと思いました。

矢印を入れるとか、それすらもできない(笑)

画面上に変化が起こるやり方、まるでわかりません、、、

そんなこと自力でやると何時間かかるかわからないし、そもそも完成するのか保証できない。

まぁそれはさておき、一番大事な部分が伝わっていたらいいと思います。

人が人を手で触れて診るということ。そこにはツボがどうかという前に、その人、その身体がどうかという気持ち、優しさというものがなければならないということ。

そのために手をいい手にしていくということですね。
磨き上げていく必要があります。
これに終わりはありません。

講義の準備をしていく中で、再認識できた部分、自分にこれから必要な部分というものが明確になりました。

楽しみです(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
平成27年5月(一社)北辰会スタンダードコース_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2015-05-25 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

ほめるということ

僕はどちらかというと、ほめることが苦手なようです。

というのは、自分では褒めているつもりでも、そう受け取られていないことが多いみたいで。

この場合、大事なのは人がどう感じるかですから、できてないんですよね。

だからといって怒っているわけではないのですが、現状評価になっているんでしょうね。だから褒められている感じがしない(^_^;)

何でもかんでも褒めればいいということではありませんが、とくに子どもにおいては大事なことだと思っています。

サッカーの指導もするため、いろいろ考えます。

上手でない子に関して、褒めるところがないという指導者もいます。
その中でも見つけるということも大事だと思いますが、他の場面で見つけることの方が重要だと考えています。

学校ではなく、クラブチームだと、指導者はサッカーの場合、サッカーしか見ていないことが多いです。それと態度や挨拶ですかね。

その子の評価をサッカーのチームの中での関わりだけでなく、様々な場面を見ると、その子に対する印象がガラッと変わることもあります。

なかなか様々な場面を見るというのは難しいかもしれませんが、そういう視点をもって接すると、見えてくるものが違うと思います。

ちょっと次回に続けます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
ほめるということ_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2015-05-23 19:30 | 徒然に | Comments(0)

「病の状態」と「顔」

「ん?具合悪い?」

普段見ている自分の家族に対して、ふと思うときってあると思います。

このときって何を見ているかって、顔色を見てますよね。

東洋医学でもこれはとても大事にしています。

パッと見て、なんか様子がおかしいぞ、と思うこともあれば、この前よりだいぶよくなったと思うことも、全て顔に現れますし、その機微を感じられないと正しい治療はできません。

はじめに行なう診察の「望診」ですね。
顔色もそうですが、それとともに「気色(きしょく)」を診ます。

色が抜けてないか、色が沈んでないか、色なき色を診ます。
もちろん診るのは色を含めた全体。

治療の前後で変化が出ます。
症状の変化を追い求めると、正確な治療はできませんし、病によってはそこで変化を示せないものもあるわけです。

「顔」の変化というのはとても大事な指標です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
「病の状態」と「顔」_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2015-05-22 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

【伝統鍼灸かみなり】がある浅草は様々な国の人で溢れています。

そうでなく同じ日本人でも、様々な人がいます。

話し上手な人、そうでない人。
怒りっぽい人、そうでない人。
楽観的な人、悲観的な人。

そういった特性や、性格、ものの考え方。
生まれもってのものもあれば、環境によってそうなったもの、様々ですが、
このことが身体に与える影響は大きいです。

同じストレスと考えられるものを受けても、ある人にとってはなんでもないと感じることもあれば、病になることもあるわけですから、わかりますよね。

問診において、それをどこまで理解できるかというのが、大事なことの一つでしょう。

思っていることを言う人、言わない人。

でも、これだって絶対的なものではありません。

あることに対しては言うけど、あることに対しては口を閉ざす。
日常生活でもあると思います。

あることには積極的だけど、別のことには消極的なところもある。

それが何故なのかがわかると、病を解くヒントになったりします。

思っていることを言わない場合、言ってもらうキーワードが必要な場合もありますね。

いろいろな人がいます(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
思っていることを言う人、言わない人_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2015-05-21 20:30 | 徒然に | Comments(0)