人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コミュニケーション

当院には小学生もよく来院します。

整形外科的疾患から内科疾患、精神疾患など様々。

男女関係なく来ますが、このぐらいの子は僕が髪を切ってきても、すぐに反応しますね。

入ってくるなり

「あっ、髪切った。」

と事象だけ言う子もいれば、

「先生、カッコよくなった。」

と言ってくれる子もいます。

男の子も結構言ってくるのですが、大人になると、激減します。

言ってくれ、ということではないですよ(笑)

大人になると思っていることを口に出さないことが増えるんですよね。

(あっ、切ったな、、、)

と思って終わりだったり。

女性の方が口にしますよね。そのためコミュニケーションが女性の方がうまい。

会話が続きます。

ちょっとしたことに気づく。

気づいて伝える。

何気ないことでも、その積み重ねが、円滑にコミュニケーションをとることに繋がってくるのでしょう。

夫婦でも、そうですね。

僕に言ってきた男の子には

「将来、自分の彼女にもしっかり髪切ったことに気づいて伝えるんだぞ!」

と言います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
コミュニケーション_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-06-18 20:30 | 徒然に | Comments(0)

スベらない話??

ある事象が起きたとき、それに対して思うことは人それぞれ、という話を今までもしてきました。

ある人は笑って済ませても、ある人にとっては憤って喧嘩のタネとなることもあります。

今日の患者さんもそう。

旦那さんにハンドクリームを買ってくることをお願いしました。

「アトリックス」だったと思います。

普段使っていて、旦那さんも目にしているもの。

わかった、と出かけた旦那さん、しばらくして戻ってきました。

ありがとう、と受け取った奥さん、見てビックリ!

買ってきたのは「アタックゼロ」Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

大いにウケました!!

「ア」しか合ってないし(爆笑)

しかも最近旦那さん自身でAmazonで洗濯洗剤をポチッとしたようで、、、、

こういう天然な方には、しっかりノリツッコミでもして笑いに変えた方がいいと、話を聞いている方は思いますが、これが日常だとうんざりするのでしょうね。

そうだとしても、また返品して買えばいいんですからね。

気持ちに余裕があれば、うまく対処できるんでしょうね。

でも、こういうことを書きためておいたら、おもしろいブログができあがると思います。

結構人気も出そう(笑)

同じことでも捉え方によって全く違う精神状態になりますからね。

ゆとりを持って接していけたらいいのではないかと思います。

笑いが絶えない家庭になりそう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
スベらない話??_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-06-17 20:30 | 徒然に | Comments(0)

祝8周年!

本日6月16日、「伝統鍼灸かみなり」は8周年を迎えました!

当院に来院しているとある小学校2年生の女の子は、お母さんのお腹にいるときから診ていて、開院してすぐに産まれた子。

もともと開業してひとつのところに腰を据えるという考えは僕にはありませんでしたが、こういう人の成長を深く関わり見ていけるのは、開業した良さであり、年数を重ねるごとにその喜びを感じることができています。

僕は100歳現役という目標がありますからね。

そのときにはその子も60を軽く過ぎている。。。

9年目に突入したわけですが、ただ年数を重ねているだけではありません。

確実に一年前より進歩していると感じています。

単なる技術的なことだけじゃなくてですよ。

さらに発展していきます!

さらにマニアックになっていくかもしれませんが、まぁお付き合いください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
祝8周年!_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-06-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)

久々に親友と

先週末に連絡があり、実はこっちに帰ってきていて、夜はリモートワークの関係で難しいから、ランチでも一緒に食べよう、ということになり、今日の昼に会ってきました。

普段はサンフランシスコで看護士をしている親友です。

看護士でリモートワークということに驚きなんですけどね。

ガン病棟での対応をしているとのことです。

メールのやりとりとかでできるようです。

異国の地で、異国の言葉で仕事をしているということが僕にとっては異次元の話なのですが、、、

同じ中学の同級生で、台東区では学校代表として、中学2年生のときに男女一人ずつ海外派遣生として当時はオーストラリアに行くのですが、そのときのペアなんですよね。

僕は競争相手が少なかったのですが、彼女は激戦を勝ち抜いての代表。

僕は今全く英語とかけ離れた生活を送っていますが、彼女は日本で看護士として働き、オーストラリアでも看護士として働き、その後サンフランシスコでも。

リモートワークも衝撃的なのですが、サンフランシスコの家賃はワンベッドで3,500ドルだとか、、、

1ドル130円計算でも45万超えですよ!

ワンベッド、こっちで言えば1Kです。

給料も高いが物価も高い。

アメリカだけじゃなく諸外国は上がってますからね。

ワンコインランチなんていうものを喜ばしいことだとしてはダメなんですよね。

今回ランチしたのは別の中学の同級生で、一緒にオーストラリアに行った友達のお店。

「弥生」というとんかつ屋さんです。

前から食べたかったカツ丼を食べました!

「神林先生の浅草案内(未完)」という高校教師の先生がブログに書いてたのをまとめた本があるのですが、そこで弥生のカツ丼を勧めてたんですよね。

ふだんみんなで弥生に集まるときは夜なので、さすがにカツ丼を注文することはなく、はじめて今回食べました。

今まで食べたカツ丼の中では一番かもしれません。

カツ丼好きな人はぜひ!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
久々に親友と_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-06-15 21:30 | 徒然に | Comments(0)

過剰反応

いちいち過剰に反応しない。

心身ともに健やかに過ごすにはとても大事なことです。

気圧の上下動や、気候の変動に左右されるのも、からだが過剰に反応するからです。

もちろん反応したくてしているわけじゃないのですが、普段の生活により反応しやすい状況を作っているのです。

人の言動にいちいち過剰に反応したり、敵味方を区別したり、緊張して身構えたり。

「ミスができない仕事なので、、、」

気を張り過ぎていることを指摘すると、こういう発言をする方いらっしゃいますが、緊張して身構えればミスが起こらないわけじゃないですからね。

僕らがミスしないようにっていう気持ちを持ち、鍼を持っている手に対して緊張させる形で表現したら、いい鍼なんてできません。

それとこれとは別だと考えるか、全ては繋がっている、と考えるか。

仕事云々ではなく、自分の思考の問題によるところが大きかったりします。

変に身構えず、平常心で。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
過剰反応_f0356588_16131425.png

# by shinkyu--kaminari | 2022-06-14 23:30 | 徒然に | Comments(0)