人気ブログランキング |

タグ:ギックリ腰 ( 2 ) タグの人気記事

腰痛点というツボ

ツボというと、通常は経絡というルート上にあります。

腕を真っ直ぐ上にあげたら、縦に向かって流れるルート。
地図上にある経線というのと同じ縦のルート。
それを横に繋ぐのが絡脈というものだったり、奇経という特殊なルートだったりしたします。

その他に例外として「経外奇穴」というルートに属さないツボがあります。

後世、ルートにないけど、特殊な効果があるものとして認知されたものです。

その中のひとつに「腰痛点」または「腰腿点」と呼ばれるツボがあります。

一般の人にはあまり知られていないけど、鍼灸有資格者にはわりと知られたツボ。
学生のとき、「へ〜、こんなところに鍼して腰痛に効くんだ??」と思って試みたことがあります。結構響かせて。
今じゃそんな乱暴な手技しないですけどね(^^;;

ツボの場所は、手の甲の示指と中指の延長上にある骨が重なるところの手前の三角地帯と、同様に薬指と小指の間。

それで結構効くこともありましたし、効かないこともありました。

今の考え方で治療をするようになってから、ギックリ腰でここを使うことはほとんどなかったのですが、昨日しっかり反応が出ていたので使いました。薬指と小指の間の方。

腰の反応が手に出ることの意味。
もちろん反応が足に出る場合もあります。

そして手の中でも腰痛点に出る意味。
少陽三焦経と太陽小腸経の間に出る意味。

「落沈」という寝違えを表すことばが名前になっているツボも近くにあります。
頸など上部の問題がもともと先にあったことも「腰痛点」に反応が出ることと関係があるのではないか。

いろいろ想像は膨らみます。

ただギックリ腰になったから「腰痛点」というのとは深みが違う。
しっかり効きましたよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-11-19 19:30 | いわゆる… | Comments(0)

往診

緊急事態が発生しました!!

昨日夜きた患者さんが
「先生、看板のあかりついてないですよ。」

さっきつけたけどなぁ、と思いながら窓から看板を見ると、本当についていない。
スイッチを確認すると、しっかりとオンになっています。

院の中は変わりはありません。

こんなときどうするか。

開業時にもお世話になりましたが、餅は餅屋!
電気屋の友達にお願いした方が早い!

そういうわけで、今日の昼休みに来てもらいました。

隣でやっている外壁工事の影響かとも思っていましたが、看板の中で接触不良を起こしていた模様。傾くような感じになっていたので、何が原因かわからないけど、処置はしてもらい、しっかりと今夜灯すことができました!

そんな感じで往診は僕が頼んだのですが、実は頼んだすぐ後、電気屋の友達と共通の友達からギックリ腰になったとの連絡が。
ギックリ腰にも程度はいろいろありますが、身動き取れない、しっかりやってしまった感じのものです。

今度は僕が往診をする番。
治療後良好な反応をみせていたので、そのまま休んでもらいました。
明日は歩いてこれるかな。

楽しみです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-03-04 20:30 | いわゆる… | Comments(0)