人気ブログランキング |

タグ:伝統鍼灸かみなり ( 262 ) タグの人気記事

繊細な身体

鍼をするにあたって、その人の肌、皮膚の状態というのはとても重要です。

皮膚が柔らかく、肌理の細かい人は敏感、繊細な人が多く、硬い、粗い人はその逆という具合に。
そのため、鍼をする上ではそれを考慮した鍼をするわけです。

いくら深部が硬くても、前者のような人に強い刺激を与えることは注意が必要です。
しかし、他に様々な問題を身体に抱えているも、「凝り」は整体やマッサージ、他は病院にという人がいます。

敏感な人は、「打鍼」という、軽く「コンコン」と先の丸い太い円柱状の鍼をあて木槌で叩く、こういう微細な刺激で劇的に状態が変わることも少なくありません。

そのような人が強い刺激を受けることの意味、身体に及ぼす影響は考える必要があると思います。

鍼は本来「気」を動かすためのもので、物理的に刺したところを弛める道具ではありません。その観点ですから、刺さなくてもいい場合があるのです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-10-12 23:45 | 東洋医学 | Comments(0)

鍼養生

たいがいの人というのは、はじめからあるものには執着せず、あとから獲得するものに必死になるものです。

前者で言えば健康。
後者はお金でしょうか。

しかし、健康も失うとそれを取り戻そうと躍起になるものです。
健康な身体をもって産まれなかった人からすれば、もったいない話です。

でも、徐々に失われていくものは、なかなか気づかないとも言えます。
そのため、日頃の養生が大事なわけです。

ならば、養生というのはいつから行うのがよいのでしょうか。
また、何をすればよいのでしょうか。

食事や運動などはもちろんなのですが、ここでは子どもの頃からしておくべき鍼養生について。

子どもの疾患として、喘息やアトピー、アレルギー性鼻炎などはよく治療に行かれると思うのですが、乗り物酔いや肩こり、生理痛などはひどくないと放置されることが多いです。

乗り物酔いは仕方ないと思われていませんか?
肩こりを、子どものくせに、と片付けていませんか?
生理痛をあるのが当たり前と思っていませんか?

他の疾患はもちろん、これらは鍼で改善できるものですし、した方がいいものです。

これらをなくしておくことで、重篤な疾患のリスクを下げることができます。

なぜか、これらは気の停滞、そこからおこる気逆に起因するものが多く、それらを起こりにくい状態にすること、つまり気がうまく巡っている状態にすることが、万病を防ぐことになるからです。

【伝統鍼灸かみなり】にこられる方でも、子どもにも鍼ができる、有効だということを知らない方がいます。
病院で薬をもらうことや、予防接種を受けることは、養生にはなりません。
健康でも養生できる鍼灸東洋医学のよさをもっと知ってもらいたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-10-09 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

痛みの対処法

この仕事をやっていると、よく知り合いに聞かれることがあります。

「〇〇が痛いんだけど、どうしたらいいかな?」

一番簡単な答えは、「『かみなり』にきて。」

でもですね、たいがいこう質問してくる人は、身体のケアにお金をかけずになんとかしたい人です。

「放っておけばそのうちよくなるかな?」

と付け加えて聞いてくることも多いですね。

転んですりむいたとか、ぶつけて痣ができたということであれば、放っておいても治りますが、蓄積の上に出てきた症状であれば、それまでの状況と変わらずに蓄積されるものがあるわけですから、放っておいてもよくなりませんよね。

痛みというものがなくなるという状況を治ったというのであれば、その状況にはなりますが、身体は爆弾を抱えたままというのはよくあります。

「〇〇はこうすれば治る」とか、「〇〇体操で痛み解消」というものがあるため、何かをすればよくなるという意識がはたらくと思うのですが、問題は方法論でないことの方が多いです。

そういった体操をしていなくても、快適な身体で過ごしている人はたくさんいます。

問題は身体感覚。身体の使い方。気持ちの持ち方。

今がどういう状態で、どのようにすればよいか、それはしっかり専門家に任せることをオススメします。自分でうまく対処できる人ならば、そもそも痛むことはありません。

放っておいても、かたい身体は柔らかくなりませんし、ストレッチをしたからといってそれほど柔らかくはなりません。

何をすればいいか?と聞かれても、その人それぞれです。
そしてその場合、するべきことはその人にとってできないことだったりします。
ただ痛みをとることが治療ではないのです。

決してもったいぶっているわけではないのです。
方法論で片付くほど身体は簡単ではないこと。
そして身体を変えるのに鍼が有効であること。

そのために来院することをススメるのです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-10-05 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

変わり行く浅草

9月になりました。
浅草には変わらず観光客が連日押し寄せています。

最近浅草にはドラッグストアが増えています。
なんでも中国からきた方が化粧品やらオムツなどいろいろと購入するようで。

【伝統鍼灸かみなり】の隣にある老舗土産屋さんも、店舗を縮小してドラッグストアが入るということです。

団体の食事も行なっていたのですが、中国や韓国の方が食べに入る感じではなく、広いスペースの中、勝手に座って寛いでいる感じでしたからね。

時代の流れの中では仕方のないことなのかもしれません。

去る5月30日には老舗料亭である『浅草田圃 草津亭』が店を閉めています。
f0356588_19154618.jpg
今はこのようなお弁当のデパートでの販売や、デリバリーを行なっています。
また料亭としての味を残すため「割烹」としてお店をやるとのことです。苦渋の決断でしょうね。

伝統あるものはやっぱり続いてほしいと思いますが、時代とともに変わるのは必然だと思います。

変わらないことが伝統ではありません。
今を含めて後に残すものがまた伝統になるのですから。

それぞれ時代における思考、思想が反映されるわけです。

でも今しか考えていないものは伝統にはならないでしょう。

変わる中でも変わらないものを持ってこれからもやっていきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-09-01 20:30 | 徒然に | Comments(0)

続・踵で呼吸する

もちろん本当の意味での呼吸がなされるわけではありません。

しかし、そこから気を取り入れることは可能なのです。

でも今までそんな意識なかった人にはわからないですよね。

これは何もこのことに限ったことではありません。

やったことのないことをやるときは、まずは意識を通わせることからはじまります。
そしてそれが意識したらできるレベルになり、無意識でできるようになる。
身体の使い方に関しては、はじめからある程度無意識でできている人もいますし、なかなかできない人もいます。

意識を通わせるというのは受け入れることができる態勢をつくるということです。
受け入れるというのは、理想はやはり柔らかいということです。
吸収するためには柔らかくある必要があります。

足の裏が柔らかい。
縮こまってないでべた〜っと広がっている感じです。
土踏まずがないわけではありませんよ。

ということはです。
僕がよくすすめているスーパーボール踏みは、受け入れ態勢をつくるのに効果があるということです。

よりよい呼吸、それはよりよく生きることだと思います。
まずはスーパーボール踏みからいかがでしょう?


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-08-18 20:30 | 徒然に | Comments(0)

中国の古典である有名な『荘子』
その「大宗師篇」に次のように書かれてあります。

「眞人之息以踵。衆人之息以喉。」

真人はしっかりと大地を踏んで立つ踵から呼吸し、世俗の人間はせわしない息づかいを喉で喘いでいる。

天の陽気は上からとり、地の陰気は下からとります。

そのためにはしっかりと足の裏が大地をとらえている必要があります。

地に足がついている。

まずはやってみる。
裸足で試してみてください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
by shinkyu--kaminari | 2015-08-17 20:30 | 徒然に | Comments(0)

血液型

日本では根深い血液型による性格診断。

好きな人多いですよね。

はじめて会う人には必ず聞く人もいます。

関連については根拠はないと様々なところで否定されていますが。

僕は全く無関心ですね。
プライベートではもちろん、問診において血液型を聞くことはありません。

何かしら関連するものはあるとは思いますが、性格をそれで分類できるとは思えないし、それで判断をしたくもないので、敢えて聞くことはしません。

日本は比較的満遍なくどの血液型もいるようですね。
A型38%、B型22%、O型31%、AB型9%

アメリカでは
A型40%、B型11%、O型46%、AB型4%

世界的に見るとO型が多く、ブラジルの先住民では100%O型なのですが、国立遺伝学研究所の斎藤成也教授によると、ヒトと類人猿の祖先はA型だったと考えられているようです。

アメリカにB型が少ないとなると、やはりあまり関係ない気がしますね(^^;;

でもひとつだけ思うのは、やはり世界的にもAB型は少なく、変わりものが多いというところです。

ちなみに僕もAB型です。

わりとノーマルな方だと思いますが(^ ^)



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!

伝統鍼灸かみなり
f0356588_16131425.png


by shinkyu--kaminari | 2015-08-12 20:30 | 徒然に | Comments(0)

その文化で育まれたものを感じとるには、その場に行くより他はないと思います。

僕の師匠は奈良にいますが、その志を汲んだものを東京で勉強することはできても、それで理解できることは限られます。

「気」を動かすというのはどういうことなのか、実際にその鍼を受けてみないことには理解できるものではありません。

ですから、必ず年に何度か治療をみさせてもらい、また直接鍼を受けて感じ、学ぶわけです。
ただ鍼を刺しているわけではないんです。その奥にあるものをどれだけ感じとれるか。


さて、阿波おどりの本場といえば徳島です。
実は僕は本場の阿波おどりを観に行ったことがありません。

はじめて10年目ですけどね。

やはりその場に行かないと感じとれないものはあると思います。
そこでやっていることを仲間が解釈して、それを伝えてもらい、また映像を見て自分なりのものを築いていますが、そこにはさらなる本場の理解が必要なのだと思います。

そこで育ってない、またこれからもいることのない地のものを、僕が同じように表現することはできないでしょう。

でも、理解を深めた上で、浅草としての良さを表現できたらと思っています。

もうすぐ徳島の阿波おどりが始まります。

近いうちに訪れてみます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!

伝統鍼灸かみなり
f0356588_16131425.png


by shinkyu--kaminari | 2015-08-10 20:30 | 徒然に | Comments(0)

袖触れ合う縁をも生かす

紹介であれ、インターネットで見つけたであれ、【伝統鍼灸かみなり】にいらっしゃる人は、何かの縁があるわけです。

電話してくる人、メールで問い合わせてからくる人といますが、思い立ったら出向く人という人も、少ないけど確実にいるわけでございます。

今日は下の子どものサッカーの練習がお昼の休み時間だったので、練習の手伝いに行き、その後昼食を済ませて、ギリギリの時間に院に戻りました。

下のエントランスで普段見ない人とすれ違い、

「こんにちは。」

と声をかけたときに

「鍼灸院はやっていないんですかね?」

と尋ねられました。

「あっ、僕です。これから開けますよ。」

ということで診ることに。

ちょっとタイミングが遅かったら、声をかけられなければ、この縁はお互いに逃していたことになります。

たった一声かけるかかけないかで、拾う縁、逃す縁もあるわけです。

その方は近所で焼酎居酒屋を営んでいます。

僕が昔からお世話になっている飲み屋さんの近く。

今度お邪魔します(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-08-08 19:00 | 初診 | Comments(0)

夏の全国高校野球の記憶

第97回全国高校野球選手権大会がはじまりました。

今年は100周年です。

ひたむきな姿勢ゆえに見ているものの心をとらえますね。

僕の記憶の中に一番大きくあるのは、松坂大輔選手の活躍。

でもこれはありきたりなので、別のものを。

野球は子どもの頃からというか、子どもの頃が一番好きでしたね。
小学生の頃。

だから、自由研究で一度高校野球のスクラップをした年がありました。
第70回大会。優勝は県立広島商業高校で、準優勝は福岡第一高校。
山之内というスラッガーが福岡第一にいたのを覚えています。
確かその後プロに進んだと思います。

最近子どもに小学生のときの思い出を聞かれることがあるのですが、意外に覚えてないんですよね。臨海学校とか移動教室とか林間学校も写真みたいな記憶も曖昧で、動画としてはまるで蘇ってきません。

でも、この高校野球のスクラップはしっかり覚えてました。
スクラップをすることで記憶が二重化されるんですよね。
出場していた高校とかもかなりの確率で覚えていました。

誰もが記憶に残る大会もあるでしょうが、ある人にとって鮮明に記憶に残るものもあります。

今年はどうなるでしょうか。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-08-07 20:30 | 徒然に | Comments(0)