人気ブログランキング |

タグ:北辰会 ( 47 ) タグの人気記事

鍼の勉強会 2019.11.10

昨日は高田馬場で行われた(一社)北辰会関東支部の勉強会に参加してきました。

恒例の鍼の勉強会です。

午前は実技、午後は森岡健介先生による症例発表。
症例は「帯状疱疹後神経痛」において著効を示したもの。

西洋医学では難治の部類に入るものをシャープに治していました。

彼は年は下だけど、同じ鍼灸学校の同級生。
高校卒業してすぐに鍼灸学校に入学してきました。
高校のときはサッカーで都の選抜メンバーでもあります。

仲間の活躍はいい刺激になります。

それ以上に昼休みの食事中に他の先生との会話に刺激を受けました。

昨日のブログにも書いた本部からきた先生。

バンバン難病を治している先生ですが、障害者の治療を施設に行って行うことをもしているとのこと。

身体障害だけでなく、精神障害、知能障害も。

鍼灸治療はありとあらゆる疾患に効果があり、上記の障害に対しても例外ではありません。治療するに越したことはない。

でもなかなかそういう環境を整えることに障壁があったりします。

鍼灸師誰もがそういった方を診る能力があるわけではありませんが、診れる者がみんなそういう環境でも腕をふるえたらなぁと思いました。

活躍できる場所は無数にあります。

夜は妻の誕生日のため飲み会には行かず帰りましたが、濃い勉強会でした。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-11 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

昨日は高田馬場で行われた鍼の勉強会に参加してきました。

午前中は佐藤達也先生と金子太先生による「経穴解説」の講義。

それぞれの先生の臨床の話が興味深かったです。
ベースとなっているのは会長藤本蓮風が著した「経穴解説」ですが、話される先生によって伝わり方が変わってきます。

いろんな先生のバージョンを聞いてみたい気もしますね。


午後は実技オンリー。
テーマは腹診と空間診。

僕は教える立場ですが、何も完璧にできるわけではありません。
だから常に進歩しようとしており、前回指導したときより自分のレベルは上がっているように取り組んでいます。

指導していると、僕の上達度合いの方が上だな。と思うことがよくあります。
自分の課題、そのために何をするか。
当たり前のことですが、それが曖昧な人が多いように思います。

あっという間に1年は過ぎてしまいます。

今年度から実技の時間を長く取るようになったけど、それによって上達した人が増えたか。。。

定かではありません。

何のためと言ったら、自分のため、患者さんのため。

貪欲に取り組みましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-10-28 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

先日鍼の勉強会で行った講義に対するアンケートの集計が出ました。

書いてあることを素直に受けとめれば、概ね好評で、臨床の話をふんだんに入れたことが良かったようです。

あまり通常鍼灸院では見ないような症例も話しましたからね。

火傷やら、脱臼やら、顔面にボールが当たって目がぼやける症状やら。

バラエティーに富んでいたと思います。

その中で気になった感想がありました。

「経穴学は古典へではなく蓮風先生の考えをベースに進めていくという内容にやや驚きました」

というところ。

そういうように受けとめるんだなぁ、と思いました。

蓮風先生は古典を非常に大事にして、その考えをもとに一穴でもって治療することで、その真偽やよりよいものを追求してきたわけで、単に古典に拘泥することはせず、臨床古典学という臨床の中の実践をもとに理論づけています。

単に「古典にこう書いてある」という本じゃないところに「経穴解説」という本の凄さがあるわけで、そういうことを伝えたつもりでいましたが、僕の力不足ですね。伝わっていなかったようです。

みんなに理解してもらうというのは難しいですね。

学生のときの国語のテストでもわかるように、書かれてあるものでも解釈は人それぞれですからね。

みんなが同じようには解釈しません。

でも、諦めたら終わりですからね。

少しでも多くの人が同じように理解できるよう努めていきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-06-28 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

日曜は講義

ここ何年かはほぼ年一回ですが、それが今週末に迫ってきました。

講義です。

鍼の勉強会で、1時間ほど喋ります。

以前は2時間近くのコマもやっていたことを考えると、負担が減ったようにも思うのですが、準備などは時間がかかっちゃいますね。

時間の使い方が下手だなぁと思います。

前みたいに当日の朝出来上がるということはなくなりましたが、1週間前を切っているというのは、いいことじゃないですね。

今回話す内容は「経穴解説」(肺・大腸・胃)

僕自身の臨床内容を豊富に盛り込んで話す予定です。

いらっしゃる方、楽しみにしていてください。

PPTをつくる技術は相変わらず拙いですが、何とか喋りでフォローしたいと思います。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-06-18 23:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

前回の続きです。

まだまだ書きたいことはいろいろあるのですが、今回で今冬の研修会については終わりにしたいと思います。

宴会の後、夜中まで続いた勉強部屋での濃密な時間を過ごし、翌日は朝1時間弱の刺鍼実技。その後打鍼指導をしました。

このときの刺鍼実技で得たものは短時間でもいろいろあるのですが、一番は雙手進鍼法のときに他の刺鍼法のときとまるで別の意識を持って刺入してしまっているということに気づかせてもらったことですね。

気づけばそりゃあそうだろ、っていうことなんですけど、そこに意識がなかったので、自分的には目から鱗。気づけてうれしくなりました!

打鍼指導は初中級というコースを担当しました。
中には小児科のドクターもおられたのですが、とても謙虚に真摯に取り組んでいて、その姿勢に感銘を受けました。

感覚を伝えるというのは、なかなか難しいところがあります。
人によって受け取りやすい言葉というものが違ったりするので、いろんな言い方でアプローチしたり、いつも試行錯誤しています。

昨日アンケート結果が送られてきたのですが、みなさん有意義な時間を過ごしてくれたようでとても嬉しくもあり、ほっとしています。

教えてもいただき、教えもした2日間。
どちらからもたくさんのものを得ることができました。

日々の臨床に繋げられるようこれからも精進あるのみです。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-02-16 21:00 | 鍼の修行 | Comments(0)

続きです。

宿泊の研修会と言ったら、やはり宴会はつきものです。

そして宴会と言ったら余興もつきものです!

僕もこの研修会の参加も10回くらい。

ここ3年は熱海での開催なのですが、以前は草津や水上。
そのときは家族も一緒に参加し、スキーもやって、宴会では家族で阿波おどりを踊っていたのですが、熱海になってからは僕だけの参加です。

しかも熱海になった年は参加しなかったんですよね。
そのため前回は阿波おどりをせずにどんな感じになったか様子を見ていたのですが、終わり際に師匠から、

「今年は踊らんのか?」

と言われてしまいましてね、準備もしていなかったので、そのまま終了。

他の先生からも
「やらないと!」「なんでやらないの?」

という声をいただいたので、今年はしっかり踊りました!

曲を流して僕が踊りながら出て行き、その後数人を呼んでレクチャー、最後はみなさんご一緒に。

驚きました!
誰一人座ったままの人がいなく、100人ほどの参加者全員が踊りました!

こういうことができる阿波おどりの力というのはすごいなぁと感じました。

これからも毎年やらねばです!



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-02-15 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

前回の続きです。

刺鍼実技の後は、本来であれば打鍼の指導だったのですが、講師の数が多かったので、僕は2日目の指導にまわり、ここでは古代鍼の実技を受講。

「古代鍼」というのは打鍼と違って先は尖っているけど、刺入しない鍼です。
刺入しないで、当てたり、翳したりすることで気の流れを調整する鍼。

時間は1時間半あったけど、あっという間ですね。
ここでもペアになってお互いに施しました。

講師の先生同士で行なっているわけですが、治療もうまいけど、受けるのもうまいんです。来る鍼に合わせる。

イメージとしては、来る波に合わせて波乗りをする感じでしょうか。

タイミングとそこで為そうとしていることがある程度わかっているので、委ねながら流れにのっていく。

だから鍼をする方もしつこくやるような感じだとトロい波でうまくのれないのと同じようなことに。

自分の課題がしっかり見えました。

終わった後はあまり間の時間が少ないので温泉にはつからずに宴会へ。

もうすでに充実し過ぎな感じ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-02-14 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

前回の続きです。

研修会の初日、実技指導の擦り合わせの後、刺鍼実技を受講しました。

講師だけが参加でき、別室で行われます。

数ミリ深さが違うだけで効果が全く違う。
刺す前の捉え方、刺す瞬間の捉え方、刺しているときの捉え方でも違ったものになります。

もちろんそんな段階的なものではなく、ひとつの流れの中で起こっているもの。

少数鍼、一本鍼で治すには、ひとつの鍼へのこだわり、ひとつのツボへのこだわりは半端ないです。

ペアを組んだ古田先生は、ある時期大阪でともに研鑽していた間柄です。
懐かしい感じとともに、成長、また年数を重ねた身体の疲れを感じました(笑)

実技といってももちろん無意味に刺すわけではないので、終わった後は身体がリニューアルした感じ。

やはりするのもいいけど、鍼を受けるのもいいです。

学生のときはめちゃめちゃ嫌でしたけどね。
上手い人のはいい!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-02-13 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

年末代表講演

来月16日に大森にある東京衛生学園専門学校にて、「(一社)北辰会関東支部年末代表講演」が行われます。

僕が所属している鍼灸学術団体です。

テーマは「現代に蘇る腹部打鍼術〜受け継がれるこころと技〜」

一日全て打鍼です。

今年度から代表に就任された藤本新風先生が本部大阪からいらっしゃって、打鍼の実技を披露してくれます。

なんか技を披露するように聞こえるけど、公開臨床ですね。

ここから何を感じられるか。

これは自分がどれだけ成長したかのひとつのバロメーターだと思っています。

どこまでのものを捉えてどうアプローチしているか。
自分と同じことをやっているようで行われていることはまるで違います。

これは本当に貴重な時間です。

先週土日は大阪で「伝統鍼灸学会」が行われていて、そこでもテーマは打鍼だったのですが、僕は参加できず浅草で臨床をし、サッカーのコーチをし、阿波おどりをし、フットサルをしておりました。

ここでその分も学ばないといかんです。

締め切りは今週いっぱいです!

まだ申し込んでいない鍼灸師の方お早めに!

一般で興味のある方も参加できますが、話されている言語が意味不明だと思います。
歓迎はしますよ(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-11-27 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

講義の感想

そういえば先日鍼の勉強会で行なった講義に対するアンケートの結果が出ていました。

「気血津液弁証」というテーマでしたが、弁証するにあたって「論理学」を入れる必要があると思い、弁証シリーズがこれからも続くので、「論理学」を組み込みました。

気血津液弁証に論理学を絡めて話すのはどうなのか?
他の講師の先生から懸念されもしたのですが、概ね好評だった感じです。

わかりにくかったという感想を持った方もいましたが、論理学の重要性を認識できたという意見や、自分でこれから学んでいこうと思ったという意見、実例もありわかりやすかったという意見など、やった意味はあったのかなと感じています。

・わかりやすかった
・普通
・難しかった

という評価の中で、普通という方もそれなりにいたので、これが何を意味しているかわかりづらいですが、しっかりと講義に落とし込めていなかった部分があったととらえ、さらに有意義な講義ができるよう取り組みたいと思います。

毎度毎度準備が進まないんですよね。
今度こそはと思っても直前まで完成しない。

頭の中の構想だけで、まるで結果として進んでいかないという現状。
変えるのは自分ですからね。

来年度のカリキュラムにおいて実技がメインになる話もあるので、講義のコマ数がどれだけあるかわかりませんが、備えていきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-07-26 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)