タグ:子ども ( 162 ) タグの人気記事

17人に1人、、、

とある媒体では18人に1人とも書かれてありましたが、端数をどうするかでの判断で、まぁ大差はありません。

2016年に体外受精によって誕生した子どもの数です。

はじめて誕生したのが1983年。
当時は97人に1人でした。

子どもの数は年々減っているけど、体外受精の数は増えている。

授かることができなかった人がそういう機会に恵まれたというのは素晴らしいことだと思います。

でも本質を忘れてはいけないと思います。

当院にも不妊で通われる方はいらっしゃいます。

そして抱えている問題はそれぞれですが、そもそもしてないじゃん!という方も少なくありません。

月に一度最もタイミングが最適だと思われるときに行為を行う。

それってどうなの?
と思うわけです。

ライフスタイルの変化ということにしてはいけない領域です。

不自然な状態にあるから自然な妊娠ということにならないわけです。
やれ卵管が詰まっているとか、精子の動きが悪いとかいうのは、不変的な問題ではなくて、滞りが強かったり、慢性的に疲れていたりするから起こることで、昔はいちいち調べていないわけですからね。

動物に不妊てありますか?

人は自然からより外れたところで生活していますからね。
自然の状態でいれるところはそうすべきだと思います。

それと、気になるのは、体外受精によって産まれた子のその後です。
通常に妊娠して産まれた子と違いはないか。

これはそれ以外にも様々な要素が関わるから、体外受精によって産まれたことが原因かはわかりませんが、統計としてとった方がいいと思いますね。
様々な項目に関して。

病歴や成長度合い。素行における問題等。

今後益々体外受精は増えていくことになるでしょうが、それとともに鍼灸治療に目を向ける人も増えるでしょう。

今自分が不自然な状態であることを自覚するべきです。
自然な状態とはどういう状態か。
しっかり考えましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-13 20:30 | 徒然に | Comments(0)

心はころころ動かす

定期的に来ている小学3年生の男の子。

気持ちが沈んだ様子で入ってきました。

「どうした?」と聞くと、後から入ってきたお母さんが「ごめんね〜」

子「だから持って帰らなくていいっていったんだよ!」

激しい口調で言い放ち、泣いています。

自由研究で作ったものを、お母さんがよかれと思って持ち帰ろうと自転車に裸のまま載せて運んだら、強風に煽られて落下。粘土で作ったものが壊れてしまったのです。

しきりに謝って一緒に直そうといいますが、子どもは無理だし、元には戻らないと激しく怒っています。

どうしたらいいか悩みますが、僕は凝り固まった気持ちを動かしてあげればいいかなと思いました。

せっかく自分が作ったものが親の過失によって壊れた。
もともと気持ちのコントロールがしづらい子。この世の終わりみたいな精神状態になっているので、悔いてもどうにもならないこと、これからできること、というのが自分の中で自然と理解できればいいわけですよね。

自らベッドに行ったので、そこでいろいろな話をしました。
今回の地震での建物の倒壊や台風での倒壊。
同じものを機械では大量生産できるが手作りでは全く同じものというのはできないこと。できるのは、限りなく同じもの。
作るのは時間もかかり大変だが、壊れるのは一瞬だということ。

全く別のことを話すわけではなく、関連したことでいろいろと話しました。
ベッドのタオルはみんな同じものだよ、とその子が言うから、それは機械で作るからと教え、じゃあこの中で手作りのものは、と聞いてきたので、普段その子にも治療で使っているひとつひとつ手作りの金や銀ステンレスの鍼を見せました。

壊すのは一瞬だけど、大きなビルを壊すとき、ダイナマイトを使ってまわりに影響が出ないようにうまい壊し方というものがあること。
名画を修復したりする修復師という仕事があること。

興味を持ちいろいろと質問もしてきたので、話が広がり、気づけばその子の激しい怒りはどこかにいっていました。

もちろん鍼もしてますけどね(^ ^)

どうどうめぐりのことを話しているより、気持ちがころころ動けば、滞った気持ちは解けていくものです。

終わって落ち着いて作品を見ると、そこまで損傷が大きくないことにも気づきました。

今回のことを落ち着けるために治療にきたわけではありませんが、結果的にその日でよかったです。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-08 19:30 | 徒然に | Comments(0)

困難な道を行く

先日次男が誕生日を迎えました。

12歳。
ようやくひと回り。

よくあっという間ということを言いますが、いろいろな時間を過ごしてきて、振り返ればそこにはしっかりと歩んできた歴史があるから、あっという間ということは思ってないし、使いたくないんですよね。

毎年毎年成長してきたなって思います。

これからの1年を聞いたときに、
「たぶんつらいこともあるだろうけど、がんばっていく。」
ということを言っていました。

中学では越境して、今やっている吹奏楽のマーチングで全国レベルの学校に進む予定です。

本人の意志で。

困難な道でも、その先にある喜び、充実感を求めて進んで行く。

この考え好きです。

自らそれを選ぶことに誇らしく思います。

親はそのために支援するだけです。

応援しています。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-07 20:30 | 徒然に | Comments(0)

昨日は次男の吹奏楽部の都大会が葛飾区水元総合スポーツセンターでありました。

「全日本小学校バンドフェスティバル」

例年だと有明コロシアムなんですけどね。
東京オリンピックを控えて改修工事やらで使えないようで、区の施設ということになりました。

でも立派な施設でした。
バスケットボールのコートが三面取れる大きさの体育館てなかなかないと思います。

少なくとも台東区にはないし、しかも区のスポーツセンターと呼べる大きなところはひとつしかない。羨ましいです。

参加校は20校。
このうち全国大会に行けるのは3校です。

吹奏楽の大会では、金賞、銀賞、銅賞に別れます。
割合は同じくらいあるので、金賞は7校くらい。
つまり金賞をとったからといって全国大会に行けるわけではありません。

いつもの有明だと全ての参加校を見ているのですが、客席に限りがあるため、三部に分けての入れ替え。それの最後の部だったので、一部、二部はわかりません。

三部を鑑賞していて思ったこと。
感動した、というより感心しました。
圧巻でした。

全国大会に何年も連続して出ている実績や経験もあるのでしょう。

すごいなぁ、というのが感想です。

指導している先生が素晴らしいのですが、それについて子どもたちも逞しくがんばっていることを感じます。

単なる演奏ではなく、ストーリー性があって、その理解を子どもたちもしていて、それを表現しようとしているのが伝わります。

問題なく三部の中では一番。
でも他を見てないから全国に行けるかは何とも言えません。

表彰式。
金賞には選ばれ、そのあと三校の発表。
演奏順です。

一部から一校。
二部の最後の学校から一校。

これは問題ないと思ったら、やはりしっかりと選ばれました。

吹奏楽に関わって3年目。
なんとなく優劣というものがわかるようになった気がします。

何でも続ければ違いますね。

しばらくすると、朝日新聞デジタルにこの大会の記事が載っていました。
見ると、次男のインタビューコメントも!

名字の土に「ヽ」がついていなかったのが残念でしたが、見事な新聞名前デビュー!

今朝の朝日新聞にも載っていました。

これから別の団体の大会。
そして今回の全国大会が控えています。

いろいろ楽しませてもらえてます。
次男に感謝ですね。

そして毎日手伝っている妻もお疲れ様!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-03 20:30 | 徒然に | Comments(0)

喫煙者率17.9%と現実

昨日発表さrwましたが、2018年5月時点での全国の喫煙者率は17.9%で3年連続で過去最低を更新したようです。

男性が27.8%、女性が8.7%で、男性においては4人に1人くらいという感じですね。

まわりでも減っている感じはするのですが、以前多いのはサッカーのコーチ仲間なんですよね。

子どもを指導する立場だから、もっと少なくてもいいと思うんですけど、半分くらい吸っています。

正確に統計とっていないけど、半分よりか多いという印象です。

子どもに合宿中ゲームを我慢させるのなら、自分もタバコを我慢しないとダメなんじゃないの?って思いますけどね。

なかなか自分に甘い指導者が多いのです。

子どももそういうところ見ていますからね。

自分が遅刻するのに、子どもの遅刻にはうるさかったり。

まずは自分がやる。

これ大事ですよね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-07-31 20:30 | 徒然に | Comments(0)

ラジオ体操

夏休みの風物詩といったら「ラジオ体操」

これだけ日本全国民が同様の動きを教育されているものはないと思います。

普段運動をしない人に、だったら家でこれをやってください、とすすめることもあります。ベストだとは思わないけど、いろいろな動きが入っていて、全身を動かすことができ、みんなが知っている。
そして今はYouTubeなどで、すぐに音を再生することができます。

なかなか音がないと順番通りにできず、そうなると、イマイチやる気にならないものです。

うちの町会では、明日までで子どもたちの参加は終わり。
そこで賞状とお菓子などが配られます。

このお菓子なんとかならないかなぁ、と思います。
ノートも入ってたりしますけどね。

祭りのときもそうですが、こんなにもからだによくないものをご褒美として渡すのはいかがなものなんだろうと。

思いませんか?

慣例ですけど、違うものに代えてもいいんじゃないかと思うんですよね。

図書カードとか地域で使える商品券とかね。

その後のことは各家庭に任せることができる。

「ラジオ体操」って健康のためにやるんですよね?
本末転倒な気がするのは僕だけでしょうか。

僕がそんなことを言っていたら、
「お菓子をみんなで買いに行くのが町会の人たちの楽しみなんだよ。」
と妻が言いました。

叔父が町会の役員をやっているんですけどね。
みんなで集まって行くらしいのです。

いや、そのために存続させなくてもいいですよね、、、

さて明日は何をもらってくるでしょうか。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-07-30 20:30 | 徒然に | Comments(0)

学校のプール

関東は早い梅雨明けとなった今年、例年だと梅雨の時期にかぶって、ない日が多かったりもする学校のプールの授業。

今年は存分にできているようですね。

今日Yahoo!ニュースで目にしたのですが、学校からプールを全廃している地域があるようです。

そりゃあかわいそうに、と思っていたら、公営のプールや民間のプールを利用させてもらっているとのこと。

老朽化しているプールが結構あり、それを改修するのと、維持費を考えると、公営や民間のプールを利用させてもらった方が安く済むようです。

何より、水泳の指導に長けた人が教えてくれるし、安全面も格段に違います。
そして温水プールだから、天候に左右されることもない。
一年中可能なわけですから、他の学校との時間のやりくりもしやすい。

そしてプールを取り壊したスペースは他の目的に使えます。

僕の行っていた中学校は校庭が斜めに50メートルしかとれなく、その中にプールがあり、時期じゃないときは蓋をされている状態でした。

つまり夏は走ったり他に使えるスペースが制限されるわけです。
遊んでたボールがプールの中に入ってしまうことは多々ありました。

この案いいと思います。

問題は場所かな。

廃校になったところをそれも含めた施設に改修するとか。

実行するにはいろいろあるかもしれませんが、成し遂げて欲しいです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-07-12 20:30 | 徒然に | Comments(0)

立腰(りつよう)

「背筋を伸ばしなさい!」

子どもの頃にこう注意された方は少なくないと思います。

でも僕はこのフレーズは嫌いです。

間違った身体感覚を惹起させるからです。

大事なところが起きてないのに、背筋を伸ばすことは無理な負担を身体に強いることになります。

すべきは「立腰」

腰を立てることです。
骨盤を起こすと言ってもいいでしょう。

腰が寝てるのに、背筋を伸ばしても意味がない。

でもこういう人は多いです。

子どもにも大人にも。

極端にじっとしていられない子、疲れやすい子、キレやすい子など、身体操作と密接に関わってきます。

腰を立てられると、心にゆとりができます。

ただこれも、「腰を立てろ!」と言っただけでは変わりません。

その身体操作を習得させることが必要です。

もとは自然と親の背中を見てそうしていたのかなぁ、と思います。

和式トイレというのも、そのようにさせる一助になっていたでしょうね。

当院に来る子は「立腰」ができない子が多いです。

できれば確実に身体は変わります。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-06-23 19:30 | いわゆる… | Comments(0)

合った靴を履く大事さ

僕は普段診療中は、季節や気分によって裸足か靴下か足袋かスリッパです。

ですから仕事中合った靴を履くということに悩むことはないのですが、何度かブログでも書いているように、足のサイズが大きい方なので、靴選びは気をつけます。

しかも右の方が1センチ以上大きい。

これがこれから変わることはないし、既成の事実としてわかっているから対処できるのですが、成長期の子どもはわかっていない子も多いです。

普段の靴だと痛くないけど、上履きを履いているときは左足の踵が痛い。

歩いても走っても。
登下校は痛くない。

診ると小学校低学年ながら1センチくらい違います。
聞くと上履きがきついとのこと。

意外と親に言わないこと多いです。
うちの子も聞くまで自分から言ってきません。

結構指を曲げて対処している子もいます。

親が気にする必要あります。
それか子どもに足は大事だからとしっかりと言い聞かせるか。

それでも無意識で指を曲げちゃったりするんですよね。

毎日顕著に大きくなるようなものではないので、たまに触って様子を見たりしてはどうですかね。
指が伸びてなければそういうサインかもしれません。

そういう指の使い方が癖付くこともあります。

それは将来的に障害を招くおそれがあります。

靴は大事です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-06-13 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

次男の小学生最後の運動会が終わりました。

リレーの選手になったりならなかったりの6年間でしたが、イラストがマスコットに選ばれたりと、その年その年でハイライトはあり、今回は騎馬戦。

①全員一斉にやりどちらが多く残っているか
②一騎討ち
③大将戦(大将が取られたら負け)

という三本勝負。

①②と意気込むも思うような結果が残せず迎えた大将戦。

敵の残り騎馬が大将のみとなり、逃げる大将に騎馬ごとアッタク!
しかも頭の帽子を取るのではなく、押し出しで騎馬から落とすことで勝ちました(^^;;

みんなから大人しいと思われている次男ですが、実は結構負けず嫌いで、なかなかいい闘志が前面に出たのではないかと思います。


それはそれとして気になったことが、、、

今回初めて入場行進から見たのですが、肩が固まっている子どもが多すぎ!

肘から先だけで動かしていて、体幹と上肢がくっついているような子が多く見受けられました。

将来不安です。。。

小学生でこれだと、大人になったらどう固まってしまうのやら。

「身体改革」が「働き方改革」より急務な気もします。

僕ができる範囲で小さいことからしっかりとやっていきたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-28 20:30 | 徒然に | Comments(0)