人気ブログランキング |

タグ:徒然 ( 545 ) タグの人気記事

ここだと寝れる

「痛くて寝られないんです。」

こう訴えてくる方。

でも当院のベッドに寝ると、痛くなく寝ることができる。

そして深い睡眠がとれる。

「何でだろう?」

こう不思議がる方いらっしゃいます。

ベッドが寝やすいベッドだということもあり得ますが、当院の方が落ち着く、安心してくれている、ということが言えるでしょう。

痛みは気血の不通や不栄(通じていないか、栄養が足りない)によるのですが、最終的にそれを知覚するのは「心神」です。

即ち「心の臓」の精神的部分。

ですからそこが安定していると痛みは感じにくいし、気血は巡りやすいです。

痛みが「気のせい」というわけではなく、(ある意味「気」のせいなのですが、、、)精神的に落ち着いていると不通や不栄は起こりにくく、痛みは落ち着きやすい面があるということです。

そういうことがメインで起こっている痛みならなおさら。

おそらくベッドのおかげだけではないはずです。。。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
ここだと寝れる_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2020-01-22 20:30 | 徒然に | Comments(0)

あれ?もう終わり?

年末が近づいたり年が明けたりすると、話題になることのひとつに「厄年」があります。僕も気がつけばそういう真っ只中にある。


と思っていたのですが、、、


「本厄」だと思っていた今年は実は「後厄」???

もうおしまい?

節分までは前の年に入るわけで、1月生まれの僕はどうやら今年が「後厄」。

なんともうすぐ終わっちゃいます。



この3年何かあったかな〜?



まぁ結局は捉え方で変わると思うんですよね。

何かあったときにそれを「厄」と考えるかどうか。

年齢的にいろいろある年だと思うけど、厄がそうさせるわけではないですからね。


そう思うことで、何か他に原因を委ねることで自分を安心させている面もあるのかもしれませんが、「厄」という邪気を自分の中で作りやすい状態にしていることが「厄」を産むことになるのかなぁと思っています。

気をつけろよ!という戒めでもあるのかも。

でもなぜ女性は1年のブランクだけあけて、短期間に密集しているのだろうか、、、

まぁ気にせず気楽に過ごす方がいいでしょう。

気を楽にする。

気が楽な状態ということはふつうに気があるべき運動をしている状態でしょうね。

とにもかくにももうすぐ「後厄」終了です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
あれ?もう終わり?_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-12-18 20:30 | 徒然に | Comments(0)

来年の6月までが期限で行われている「キャッシュレス・消費者還元事業」

はじまる前に申請して、我々のような医療関係は対象外というお達しを受けたのですが、どういうわけか対象になりました。。。

どういうこと???

当院では現在、「Square」と「PayPay」がキャッシュレスとして使えるようになっているのですが、「PayPay」だけ還元対象に。

前者は断られたのですが、再度資料を提出するように先日メールが来たので、方針が変わったのかもしれませんね。

対象になったことに気づいたのは今週頭の「PayPay」での支払いで、患者さんが支払ってすぐに還元額が表示されたからです。

そして今日「5%還元」のシールが送られてきました。

みなさん利用していますか?

先月当院ではのべ約4分の1の方がキャッシュレスを利用しました。

毎月増加しています。

だからといって日本が他の国ほどキャッシュレス化するとは思えないですけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
キャッシュレス・消費者還元事業_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-12-05 20:30 | 徒然に | Comments(0)

初めての美容院

来月に42になりますが、昨日はじめて美容院に行ってきました!

「今までは?」というと、結婚以来結構なんでもクオリティー高くやってしまう妻に切ってもらっていて、その前はというと、美容師でもある母親に切ってもらっていたのです。

大学の頃、美容師の友達に少額で切ってもらったり、小6くらいに一時的に床屋に行ったことはあったんですけど、そもそもお店で切ってもらったことが皆無なわけです。

まぁ普通に切るだけなら、今回も妻に切ってもらえばいいのですが、なんとなくパーマをかけたいと思ったので、今回の運びとなりました。

こうしたい、ああしたい、という具体的イメージは正直ほとんどありません。

なんとなくわさわさした感じになりたい、というくらい。

なった状態は、おそらく施術する人の僕のイメージでしょうから、自分が考えているものとは違う感じになるでしょうが、それはそれで楽しいかなと思うわけです。

感想としては、「至れり尽くせり」だということ。

僕の今までの人生で、短時間でこれだけ人に施しを受けるというのはなかったかもしれません。

何かちょっと申し訳なさも感じたり。

美容院というのは、癒しの場でもあるんだということがわかりました。

えっ、当たり前ですか?(笑)

僕の治療も「癒す」という要素もあるものですから、学ぶべきものがありますね。

楽しいひとときでした。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
初めての美容院_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-12-03 20:30 | 徒然に | Comments(0)

姿勢をよくする

小さい頃から姿勢のことをよく注意されて育ってきた人は多いと思います。

「姿勢をよくしなさい」
「背筋を伸ばしなさい」
「猫背になっている」

などといった言葉を言われて、その都度自分で正しいと思う状態をつくる。

この過程で悪い癖を作っていくんですよね。

本来姿勢は正すより、自然とそうなるべきで、無理に正そうとすると不自然な状態を作ります。

そのため、真っ直ぐの状態で固まって、丸まることができない人も少なくありません。

丸めてくださいと言うと、頭頚部だけがもたれるなんていう人もいます。

反らすこともできて、丸まることもできる遊びがあるから、自然な状態が作れるわけです。何をもっていい姿勢とするのか。反ればいいということではないのです。大事なところです。

すなわち背骨が柔らかく動くこと。

背骨は決して真っ直ぐ一直線ではありません。

曲がりながらも伸びている。

「曲直」です。

樹木のように。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
姿勢をよくする_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-27 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

他を知る

昨日は日曜日。今年最後の阿波おどりの出演が川向こうの曳舟でありました。

半年前にもここでは行なっているのですが、商店街の方に気に入っていただき、また呼ばれて行ってきました。

前回同様我々浅草雷連の他に高円寺の華純連、堀切のあやめ連という三連が参加しました。

高円寺というと、東京一阿波おどりが盛んな場所ですが、華純連は後発の連であり、高円寺の協会に所属していませんが、そのメリットを活かし、新たなことにも挑戦し、連員が続々と増え、とても活気がある連です。

前回は演舞を見ることができなかったのですが、今回ははじめて見させていただきました。

YouTubeなどの動画では見ていましたが、やはりナマで見るのがいいですね。

うちの連にないものを持っていて、自分たちに欠けているものを見せていただき、いろいろな刺激を受けました。

阿波おどりという一括りのものであっても、それぞれの連によって、音も踊り方も異なります。華純連もうちとはまるで異なるのですが、その中でも変わらないものもあります。来年に向けて気持ちが高まりましたね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
他を知る_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-18 20:30 | 徒然に | Comments(0)

中学生の「作文」に思う

小中学生のころ、何かにつけ課題としてさせられたものに、「作文」があると思います。行事のことや、読書感想文、卒業文集や、その学年においての目標など。

様々なことを書いてきましたよね?

僕はそういう課題を、面倒くさがりながらやっていたように記憶しています。

先日中3長男の「作文ノート」なるものを見ました。

1年生から現在3年生におけるときどきでの「作文」がそこには記されてあります。

今年になってからのものを読むと、小説のような文体。
先生の赤入れによるコメントがところどころにあるのですが、先生にとっては気に入らない模様。

何が気に入らないかというと、運動会や、修学旅行における「作文」が、家で起きて来るまでのやりとり、心の動き、まわりの反応などで終わっていること。

しっかり「修学旅行」について書きなさい、ということ。

本人は「帰るまでが修学旅行なら、家から行くところから修学旅行でしょ。」というスタンス。

僕は長男の「作文」はなかなか書けるものではない作品だと思うし、何も咎めるところはないと思っています。

そもそも「作文」において先生は何を子どもたちに求めているのでしょうか?

思い出を書き写すこと?
ひと通り修学したことを書きとめること?
ものを書く力を身につけること?

こういう理由で「作文」を課すということは言ってないと思うんですよね。

それによって自分の思いをしっかり表現しているのは、先生への反抗は感じられるものも、褒められるべきものかなと。

ありきたりの「作文」を書いてやり過ごすよりよっぽどいい。

学校ではみんなと同じことを求められて、社会に出るとみんなと違うことを求められるんですよね。

学校から違うこと、独自なことを認めてあげればいい。

そう思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
中学生の「作文」に思う_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-06 20:30 | 徒然に | Comments(0)

ラグビーW杯

残念ながら日本は負けてしまいましたが、日本代表の白熱した試合にかなり熱狂させてもらいました。

知っている人もいると思いますが、僕はラグビーとよく間違えられるスポーツをしていました。

アメリカンフットボールです。

この期間中
「先生、ラグビーやってたんですよね?」

というふうに言われることはありませんでしたが、よじゅ勘違いされるのです。

逆はないと思うんですけどね。
アメフト関係者あるあるです。

今回間違われることはないのですが、ルールを知っているものと思われていることが多いです。

まぁ知っているんですけど。。。

同じコリジョンスポーツ(ぶつかり合い)だからと言っても、イギリス生まれと、アメリカ生まれで全くルールは異なります。

僕がラグビーを知っているのは、子供のころ父親がよくテレビで観ていたこと、高校がラグビー全国優勝経験のある学校で、花園常連校だからで、僕がやってきたことと全く関係はありません。

どっちの方が危険かとか、防具つけてるからアメフトの方が痛くないでしょ、とか聞かれますが、正直わかりません。

言えることはアメフトは以前防具をつけないで行われていて、あまりにも危険で死人が出ていたから防具をつけるようになりました。

ラグビーは防具つけないでアメフトをやっているわけではないし、アメフトは防具をつけてラグビーをしているわけではないのです。

当たり前ですが。

違うスポーツでそれぞれ見所は違うので、ラグビーに興味を持った人は、ぜひアメフトも観てはいかがかなと思います。

ラグビーに比べて世界的に行われている国は少ないですが、アメリカでは常にナンバーワンスポーツです。

テレビでやる機会は少ないですけどね。

オードリーが司会をしている「オードリーのNFL倶楽部」でも見ていただけるとうれしいですね。

日本は負けてしまいましたがまだラグビーW杯は続きますからね。

最後まで観て楽しみたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
ラグビーW杯_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-10-23 20:30 | 徒然に | Comments(0)

事前の準備

昨日は久々に阿波おどりの出演でした。

連としては8月下旬の高円寺阿波おどり以来2ヶ月ぶりの出演。

個人的には8月上旬以来。

しかもトリプルヘッダー。

地元浅草でお昼と昼過ぎの二回の公演のあと、場所を足立区青井に移動して一回。

なかなかない密なものでした。

これだけやると課題もしっかり出てとても有意義な出演。

自分の課題としては、まわりがミスしたときの対応。

今回ベテランの一人がミスをしたのですが、僕の中では想定していなく、明らかに準備不足。そのミスを埋めようと動いてかえってどうにもならないことになってしまいました。。。

映像で見ると大したことにはなっていなかったんですけどね。

でも右往左往というのはこういうことを言うんだろうなぁと(苦笑)

阿波おどりに限らず、この事前の準備というのはとても大事ですよね。

あらゆることは想定できないし、自分一人ではどうにもならないから、不測の事態になったときに、いかに動ける人を育てておくか。

今の仕事では人を使うというのはほとんどないですからね。

学ばせてもらいました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
事前の準備_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-10-21 20:30 | 徒然に | Comments(0)

よくある勘違い

風邪をひいたら、、、

みなさんは何をしますか?

「あったかくしてしっかり睡眠をとる。」

いいですね。

「薬を飲まずに鍼を受ける。」

いいですね。

「いっぱい栄養をとって元気になる。」

これだめです。

普通のときにおいても、いっぱい食べたら調子良くなりますか?

こんなに食べなきゃよかったと思いません?

じゃあいっぱいじゃなくても、しっかり食べるのがいいと思いますか?

これもダメです。

風邪ひいたとき、からだは治す方に向かって力を注ぎます。

はじめの段階であれば、邪気を追い出す方に向かっているわけです。

食べ物という異物を消化する方にはあまり動員しない方がいいわけです。

食べることで治す力を引き出せることもあります。

でも多くは必要ありません。

少量で大丈夫です。

食べて治そうという人結構いるので、たまにこういうこと書きます。

気をつけましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
よくある勘違い_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-10-17 20:30 | いわゆる… | Comments(0)