人気ブログランキング |

タグ:徒然 ( 550 ) タグの人気記事

最近一番の感動!?

「セルフレジ」

最近コンビニでも導入するということを聞いたりしますが、スーパーなどでも取り入れているところはありますよね。

ちょっとした買い物など、自分で会計してあまり時間をかけずに過ごせるというのはストレスなく過ごせて悪くないと思います。

今日はGUで買い物をしたのですが、会計はセルフレジになっていました。

普段目にする機械とは違う感じ。

カゴに商品を入れたまま、下段の引き出しに入れるとの指示。

従って入れると、なんとすぐさま商品を認識して会計!

2秒くらいでしょうか、、、

衝撃です!

最近一番の感動かもしれません。

一緒にいた長男もびっくり。

セルフレジもいろいろですね。

こういうデジタルの世界とは真逆の仕事をしているので、なおさらギャップを感じますね。

だからどうということではありませんが。

客観的に世の中がどうなっていくかというのを楽しんでいます。
最中で競争しているところは大変でしょうけどね。

感動させてくれるものを楽しみにしてます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
最近一番の感動!?_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-03 19:30 | 徒然に | Comments(0)

学校見学会

今日の午前中、長男の第一志望の高校の学校見学会に行ってきました。

実は自分が中学生のときは、一度もこの手のものに参加したことがありません。

通った高校も、一度外観を見に行っただけで、どういう学校かという知識は冊子で知る範囲のものでしかありませんでした。

どうせ、良いことしか言わないから。

そう思っていたのですが、やはり行かなきゃわからないことは山ほどあり、行かずに決めるよりは行った方がいいに決まっている、と今では思えます。

まぁ当時は学区制と言って、都立高校は数校の中からしか選べない状況で、実質自分が行きたいと思えるのは一校。見学しようと思えるものでもなかったというのもあります。

そこでバスケの強い私立高校を選んだわけで、行ったことに後悔はしてないですけど、しっかり見て聞けるものは聞いた方がいいと思ったのも事実です。

夏にプールの授業がないというのも衝撃でしたからね。

本人は今日行ったことで、モチベーションが高まったようです。

大事なことですね。


気がついたら8月。

院内では夏を満喫していますが、外でこれから満喫したいですね〜



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
学校見学会_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-02 20:30 | 徒然に | Comments(0)

甘かった、、、

エアコンが治ったかと思っていましたが、実はぬか喜びでした。。。

少し稼働時間は長くなったと思ってたら、またもとの状態に。

やっと電器屋の友達に来てもらったところ、ちょっといじってどうにかなる状態ではないようです。

「チーン、、、」

心臓がやられているような状態、とのこと。

大通りに面していることに加え、電柱地中化やら建物の建て替えなど、工事が多かったことも、負担をかける要因になったようですね。

大きな部屋用なので、買い換えるのはなかなか馬鹿にならない金額ですが、まぁ仕方ない。

やっぱりないことには猛暑は厳しいですからね。

でも明日は花火大会だし、いつ交換できることやら。
この時期はなかなかすぐにはできませんね〜。

考えが甘かった、、、


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
甘かった、、、_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-26 20:30 | 徒然に | Comments(0)

イメージ

明後日は隅田川花火大会ですが、何か台風が来るとかで、開催が心配されていますね。

昨年は初めて順延ということにもなり、3年前は途中で雨が降り中止になりました。

やはりイメージというのはより近いものによって作られるんでしょうね。

「隅田川の花火大会=天気があやしい」

というイメージを持っている人が僕の患者さんの中には多い。

でもですね、僕が産まれてから今まで、順延は昨年が初めてだし、中止になったのもそのときが初めて。

つまりはそれまで必ず開催されていたんです。

雨が降ってもそのときには必ず止んでいました。

何も擁護するわけではないのですが、イメージというものは危ういものだと思っていただければいいです。

人に関してもそう。

そのときだけで決めてかかるのはよくない、と僕は思っています。

初対面の人に対して抱く直観というものは大事ですが、それだけで全てを判断することはしません。

治療においても同じですね。

でも、一度しか関わらない人もいます。

それだけで判断はしないけど、はじめというのはとても大事ではあります。

花火大会。

翌日夜はフットサルがあるので、順延とかも困ります。
行くまでの道が大変ですからね。

花火にはそんなにこだわりはありません。

「なんだかんだでやる」

僕の長年関わってきてできた隅田川花火大会に対するイメージはこれです。

そんな感じになることを期待します。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
イメージ_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-25 22:00 | 徒然に | Comments(0)

小学生の頃の記憶

小・中学生のときの同級生(女子)が、Facebookに小学校の1年生のときに行った学芸会の台本の表紙を載せていました。

とってあるのがすごいですね。
ネタとしてかなり貴重で話が弾みます。

おもしろいな、と思ったのが、彼女の記憶していることと、僕の記憶していることが全く違うこと。

どっちかが合っているという類いのものじゃないですよ。

興味のあるものが違うんですね。

僕の記憶にあったのは、自分の演じた役。
台詞は覚えてません。
題名も表紙を載せたからわかっただけで、それがなければ、思い出すことはなかったでしょう。

彼女の記憶にあったのはそのときに歌った歌。
今でも歌えるそうです。
かなり驚きです。
そして他の記憶はない。

僕の興味が自分が何を演じるかにあって、彼女の興味はそれよりも歌にあったんでしょうね。

その他大勢の役だから歌が印象に残っている可能性もありますが、どちらにしろ、歌がとても印象的だったんでしょうね。

何にフォーカスするかで記憶というものは全く違った印象を持ちますね。
長期だけでなく、短期の記憶もそうでしょうね。

家族で旅行に行ったときに、「何が印象に残っている?」
と尋ねたとき、返ってくるこたえが思った通りのこともあれば、全く違うこともあります。

でも会話をすることで、自分と違う視点を持つことができ、記憶が豊かなものになるように思います。

1年生のときの学芸会について友達と話すことは今まで全くなかったかもしれません。
してなかったからこそ、それがまた今おもしろく思えたりもします。

ちょっと記憶について考えさせられたできごとでした。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
小学生の頃の記憶_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-17 20:30 | 徒然に | Comments(0)

どうでもいいこと

対人関係に問題を抱えている場合、解決できることとできないことがあると思います。

自分が言うことで解決できる場合もあれば、言っても何も変わらない、かえって喧嘩になり憤りが増えるだけなんていうこともありますよね。

それに対してやり過ごせることもできれば、そうできないこともある。
致し方ないこともあれば、その人の許容量の問題もあります。

ストレスを感じる人というのは、許容量を超えるからストレスを感じるわけですが、それとどうでもいいことをごっちゃにしている場合があります。

クラスに問題児がいて、それに憤っている小学五年生の男の子。

内容を聞くと、確かに大変そう。
そしてそれは先生というより親がどうにかしないとダメな感じ。

憤っていることをいろいろと聞いていると、中には

「サッカー大して上手くもないのに、得意なことサッカーとか言ってるんだよ!」

なんて言うどうでもいいことも。。。

気に入らないことがあると、その子の発言全部が憤りになってしまうんですね。

子どものことですが、似たようなことって大人の世界にもあったりしますよ。

話を聞いていると、

「それどうでもよくない?」

と言いたくなるようなこと。

自分にゆとりが持てれば、スルーできるんですけどね。

相手がどうこうというより、まずは自分。

相手のことを変えることは不可能だと思った方がいいですね。
自分のことはいくらでも変えられます。

どうでもいいこと。

客観的に見ると、自分だけのこだわりだったりします。

こだわりはあった方がいい部分もあれば、ない方がいい部分もあります。

それは必要なこだわりか。

どうでもいいことか。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
どうでもいいこと_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-13 19:30 | 徒然に | Comments(0)

手話講習会継続中

毎週火曜日に行っている手話講習会。

昨日も行ってきました。

講習の中では、自分の趣味や、手話講習会のきっかけを講師の先生に伝えることをしたりもします。

これは手話の基本であったりするわけですが、様々な受講生のことを知ることにもなり、驚きがあったり、非常に興味深いことを聞け、個別に話さなくても他の人のことを知れるいいきっかけになっています。

僕が阿波おどりをしていることも驚かれましたしね。

きっかけも、公務員としての仕事で必要な方、友達が聴覚障害者となった方、自分の耳が聞こえづらくなった方、産まれた子どもが聴覚障害者だった方など、実に様々。

これから確実に必要な方と比べて、区の広報で見て、新たな発見があると思ったことがきっかけの僕とはモチベーションがだいぶ違います。

でも、そういうことを知れたことも、僕にとっては新たな発見ですし、今は手話でスムーズにコミュニケーションが取れるようになりたいと思いますね。

目の前で伝えていることがわからないというのは、非常に心苦しいです。

ジェスチャーで伝えられる部分も大いにありますが、やはりその人の持つ「言語」でやりとりできた方が会話はうまくいきます。

その意味でも久保建英選手がスペインのレアル・マドリードに移籍しましたが、言語が全く問題ないというのは大きな武器ですね。

関係ない結びになりましたが、これから非常に楽しみです。

手話も久保建英選手も。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
手話講習会継続中_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-10 20:30 | 徒然に | Comments(0)

下町七夕まつり

一昨日ブログで書いていたように、昨日は浅草のかっぱ橋本通りにて、下町七夕まつりが行われ、阿波おどりを演舞してきました。

100%の雨予報もなんのその、やっている最中はほとんど気にならないくらいで、止んでいるときもあるような状況で、最後まで予定通りやり抜くことができました。

暑い中でやるということは叶いませんでしたけどね。

でもここのお祭りは、実行委員会はもちろん、地元のお店だけでなく、様々なコミュニティの人たちが関わっていて、手作り感が溢れていて、とても好きです。

今回は「アド街ック天国」でも前の週に取り上げられていたこともあるのでしょう。

天気がよくないにもかかわらず、多くの人で賑わっていました。

この日も終わってから打ち上げには行かず、すぐに長男のフットサルの大会を観るために所沢まで車を走らせたのですが、着いたときにはなんと終わってしまっているという失態。。。

戻り、二次会から参加してきました。

そのあと、映像を見ての反省会。

最近こども2人の行事や、鍼の勉強会や、僕自身のフットサルなどで、阿波おどり出演や練習後の食事や、飲み会に参加していなかったので、やはり意見を交わして理解することの大切さを感じました。

「阿波おどり」って芸を追求して、切磋琢磨していくようなものなんですよ。

中の世界を知らない人にはわからないことですけどね。

どこの世界にもアツい世界はあります。

いい休日でした。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
下町七夕まつり_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-08 20:30 | 徒然に | Comments(0)

過剰反応

今は世の中のことが瞬時にわかる時代になりました。

そしてそれに対して思っていることも気軽に発言でき、その声によってニュースになるようにもなりました。

過剰に反応し過ぎなんじゃないか、と思いますけどね。

広告を出すと、それは適切じゃないと叩かれる。

政治家の失言はちょっと違いますが、大事なことはさておき、その失言への追求に終始するところは過剰反応だと僕は思います。

広告の内容が世の中の基準とズレていても、そういう企業なんだな、という認識でいいんじゃないかなぁ。

揚げ足とりみたいなものが多すぎる。

自由に発言できることで、自由が失われているように思います。

もちろん自由っていうのは、ただ勝手気ままにしてていいというものではなくて、責任がついてくるものです。

僕がここで発言するのは、何者かということがわかられている中で、節度を持って発言しています。

匿名で発言するのとは意味が違います。

実は勝手気ままなようで、勝手気ままではありません。

勝手気ままに発言する人によって、この先言論の自由が自動的に制限されていくんじゃないですかね。

当たり障りのないことしか言わなくなる。
それはおもしろくないですね。

過剰反応せずに大らかな心でいきましょうよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
過剰反応_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-05 20:30 | 徒然に | Comments(0)

いいものは残る

世の中ブームというものがあります。

あれがいい。これがいい。とあっても、少し時が過ぎると消えていくものがいろいろあります。

健康ブームというもの自体は、コロコロ変わりながらも、常に人の関心事ではあるので消えていくことはありませんが、そういえばそんなものあったなぁ、と思うものも多いです。

僕の中でも勝手にブームというものはあって、一過性で終わるものもあるけど、根強く残るものもあります。

ブームじゃなくなるわけです。

スタンダードになるのかな?

僕にとって、身体の土台というものを考える上で、足というものはとても大事だと思っていて、それをよりよいものにするために、足の外側で踏む竹踏みというものも提唱しています。

土踏まずで踏んではよくない、と思っています。

この竹踏みをやってもらう前は、よくスーパーボールでやってもらっていました。

でも足の外側を意識するには安定した方がいいということで「竹踏み」にしたのですが、やはりいいものはよくて、スーパーボールじゃないとうまくいかないものもあるのです。

スーパーボールは言い出してから10年以上経ちます。

10年たっても変わらず使っていけるネタというのは、やはりいいんです。

踏む前と踏んだ後で明らかに足の感覚の違いを実感してもらうことができます。

「地に足がつく」というのはこういうことを言うのか!と思ってくれることがよくあります。

定期的に蔵前に買いに行くということが続いています。

お店も同じなんですけど、半年とか1年に1回しか行かないからか、お店に行くといつも説明をします。

言葉だけだから忘れるんでしょうね。

今度は実際にやってもらおうかな。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
いいものは残る_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-02 20:30 | 徒然に | Comments(0)